ワイモバイルとUQモバイルは、通信速度が速い格安SIMとして有名です。

初めて格安SIMに乗りかえるなら、ワイモバイルとUQモバイルはおすすめです。

なぜなら、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、UQモバイルはKDDI(au)の子会社だからです。

バッグにキャリアが付いているので、通信速度が早いのも納得できますね。

ワイモバイルとUQモバイルを徹底的に比較してみましたので、ご紹介します。

料金プランを比較

ワイモバイルのスマホプランS/M/LとUQモバイルのプランS/M/Lは内容が非常によく似ています。

どちらも5~10分間の「かけ放題」が付いていて、データ容量2倍の期間も同じです。

契約開始から1年間は「かけ放題」が5分長いワイモバイルがお得になります。

2年目だとUQモバイルの月額利用料金が1,000円上がってしまうので、総合的に見てもワイモバイルのほうがお得ですね。

ワイモバイルのスマホプランS/M/L

ワイモバイルのスマホプランは、「スマホプラン」や「長期割引」によって、通常料金よりも1,000円安い月額料金で利用することが出来ます。

2年間の継続利用が条件で、契約は自動更新されます。

契約更新月以外に解約すると契約解除料9,500円がかかります。

 データ容量2倍(2年間)は

新規・MNP・機種変更・契約変更の

お客さまが対象

通常 スマホプラン割引適用で加入月より25ヵ月間

26ヵ月目以降も継続してご利用の場合

スマホプランS(1GB)→(2GB) 2,980円 1,980円
スマホプランM(3GB)→(6GB) 3,980円 2,980円
スマホプランL(7GB)→(14GB) 5,980円 4,980円

通話料

通話料は、10分以内の国内電話なら何回でも無料です!

もし、10分を超えてしまった場合は20円/30秒の通話料が加算されます。

10分以内の通話 無料
10分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)

 

スポンサードリンク




 

UQモバイルのプラン S/M/L

契約してから14カ月間は1,000円安い月額料金で利用できます。

最低利用期限は2年間で、契約は自動更新されます。

最低利用期間が満たないうちに解約すると、契約解除料として9,500円発生します。

 25カ月目まではデータ容量2倍 通常 加入月より14ヵ月間まで
プラン S (1GB)→(2GB) 2,980円 1,980円
プラン M (3GB)→(6GB) 3,980円 2,980円
プランン L (7GB)→(14GB) 5,980円  4,980円

通話料

UQモバイルの通話料は、ライフスタイルに合わせて「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のどちらかが選べます。

おしゃべりプラン

1回5分以内の国内通話が何度でも無料になるプランです。

10分を超えてしまった場合は20円/30秒の通話料が加算されます。

5分以内の通話 無料
5分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)
ぴったりプラン

契約してから25カ月目までは60分/月の通話料が無料になります。

60分を超えてしまった場合は20円/30秒の通話料が加算されます。

60分以内の通話 無料
60分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)

26カ月目からの無料通話料は30分/月になります。

 

スポンサードリンク




 

通信速度を比較

MMD研究所で2017年2月に調査した格安SIMの通信速度結果では、UQ mobaileは格安SIMの中

でも群を抜いて早い通信速度を誇っています。

ワイモバイルはmineoを抑えて格安SIMの中でも2番目に早いダウンロード速度になっています。

【測定条件】

・2017年2月15日~2月17日の期間で、東京・名古屋・大阪主要駅で速度測定

・9時~10時・12時~13時・17時~18時、2種類のアプリで3回計測

引用:主要3都市格安SIMサービスのダウンロード速度-2017年2月格安SIM・格安スマホ通信

速度調査

主要3都市(東京、名古屋、大阪)の調査結果についてダウンロード速度を箱ひげ図で見

ていくと、中央値が高かったのは、UQ mobileが34.9Mbps、次いでY!mobileが16.7Mbps

、mineo(au)が16.1Mbpsの上位結果となった。また、昼12時~13時の時間帯で見てみる

と、UQ mobileが31.0Mbpsで最も早く、次いでY!mobileが 16.0Mbps、イオンモバイル

が2.8 Mbpsとなっている

 

 

どちらもかなりの速度ですが、その中でもUQモバイルの通信速度が際立って早いです。

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

iPhoneは使えるの?

ワイモバイル

iPhone 5S・iPhone 6・iPhone 6 PlusはSIMフリー版しか動作が確認されていませんが、

それ以降のiPhoneではSIMフリー版・docomo/au/SoftBank版共に動作が確認されてい

ます。

docomo/au/SoftBankで購入したiPhoneを利用するにはSIMロック解除が必要です。

SIMフリー版

・iPhone X

・iPhone 8 Plus

・iPhone 8

・iPhone 7 Plus

・iPhone 7

・iPhone SE

・iPhone 6s Plus

・iPhone 6s

・iPhone 6 Plus

・iPhone 6

・iPhone 5S

docomo/au/SoftBank版

・iPhone X

・iPhone 8 Plus

・iPhone 8

・iPhone 7 Plus

・iPhone 7

・iPhone SE

・iPhone 6s Plus

・iPhone 6s

・iPhone 6 Plus

UQモバイル

UQモバイルで動作確認されているiPhoneは、iPhone 6s・iPhone SE・iPhone 5Sのみになりま

す。最新版のiPhoneを利用したいのなら、ワイモバイルに契約するのをおすすめします。

・iPhone 6s

・iPhone SE

・iPhone 5S

まとめ

料金プランを比べると、契約開始から2年目以降も月額利用料金が変わらないワイモバイルを契約

したほうがお得になります。

通信速度はUQモバイルのほうがワイモバイルより2倍近く早いので、画像の送受信や動画を見る

機会が多い人はUQモバイルがおすすめです。

iPhoneの最新機種を使いたいなら、iPhone 6s以降も動作確認されているワイモバイルを

契約するのが良いでしょう。

 

 

ワイモバイル Web申し込みの方法

ワイモバイルは、公式サイトから申し込むことが出来ます。

スマホを新しく機種変更したい人や他社からのりかえたい人、新規でスマホが欲しい人は左の「スマホを新しくしたい方はこちら」をクリックしましょう。

 

 

⇒ワイモバイルの公式サイトはこちら

 

スマートフォンを選択する

画面をスクロールしていくと、スマートフォンを選択する画面が現れますので、お好みの機種名をクリックします。

 

 

iPhone6s

容量は32GB、128GBの2種類から選択できます。

カラーは、スペースグレイ・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4種類です。

 

507SH,Android One

Google、Googleマップ、Gメール、Google Play Music、Googleドライブなどのアプリは全てパソコン間でシームレスに同期できます。

カラーはスモーキーブルー・ブラック・ホワイトの3種類です。

X2,Amdroid One

握るだけでスムーズ撮影可能な「エッジセンス」と光を集める「ウルトラピクセル」機能が搭載されています。

カラーはサファイアブルー・アイスホワイトの2種類です。

容量を選択する

今回は、一番人気の「iPhone6s」を申し込む設定で進みます。

容量を選択する画面があるのでお好みの容量のほうをチェックします。

 

カラーを選択する

今回は「スペースグレイ」を選択します。

 

 

契約方法を選択する

今回は「のりかえ」を選択します。

現在使用中の端末を選択する

 

 

料金プランを選択する

新規契約か他社からののりかえ(MNP)で、データ容量2倍オプションが2年間無料になるキャンペーン実施中です!

今回は、「スマホプランS」を選択します。

機種代金の支払方法を選択する

24回払いか一括払いかを選択します。

24回払いにした場合は、頭金540円を支払います。残りは月々の請求と一緒に3240円が請求されます。

オプション、子回線プランを選択する

割引を選択する

家族割引サービス

複数回線を利用している場合に、2台目以降の各基本使用料が毎月500円割引されるサービスです。(9回線まで)

下取りプログラム

新規加入や他社からのMNPで契約した人を対象にした下取りプログラムです。

⇒対象機種割引一覧はこちら

 

ここまで入力すると購入時の金額と月々の支払額が算出されるので、購入手続きへ移ります。

お客様情報を登録する

Yahoo! JapanIDでログインすると、お客様情報の入力の手間が省けます。IDを持っていない人は下の「ログインせずにお申込み」をクリックしましょう。

 

本人確認書類をアップロードする

デジカメやスマホで撮影した本人確認書類の画像を一旦ファイルに保存してアップロードを行いましょう。

 

のりかえ(MNP・番号移行)情報を入力する

ご契約者情報を入力する

・氏名

・生年月日

・性別

・住所

・ご希望のお届け時間帯

・電話番号

・メールアドレス

・職業

・利用者

を入力します。

クレジットカード情報を登録する

申込み内容を確認して、手続きを完了させる

初期設定を行う

ワイモバイルは、アプリから簡単に設定できます。

Google Playで「Y!mobileかんたん設定アプリ」をダウンロードしましょう。

⇒アプリ以外の設定の仕方はこちら

 

まとめ

これからスマホを新規に持ちたい人や他社からMNPする予定の人は、データ容量2倍オプションが2年間無料になるキャンペーンが実施されている今がチャンスです!

Yahoo!プレミアムも通話料コミコミなので(Yahoo!プレミアム for Y!mobile)、Yahoo!ショピングやLOHACOでの買い物がいつでも5倍・最大12倍たまります。

普通にYahoo!プレミアム会員に登録すると月額金462円(税抜)かかりますからお得ですよね。

 

⇒ワイモバイルを見に行く