iPhoneやiPadのiOSをバージョンアップしたら急に圏外になってしまった、という話があるのをご存知でしょうか?

そういった話を耳にすると、「自分もiOSをバージョンアップしたいけれど大丈夫かな?」と不安になりますよね。

そこで今回はiOSのバージョンアップをしても、iPhoneやiPadは使うことができるのか、BIGLOBEモバイルにターゲットを絞ってお伝えしたいと思います。

Contents

【基礎編】iOSのアップデートとは?

「iOSをバージョンアップして不都合が出るのだったら、バージョンアップしない方が良いじゃない?」と思う方も、少なくないと思います。

そこで、まずはiOSのバージョンアップについて、行う必要性も含めた基本的なことを確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク




 

iOSは年に一回バージョンアップ提供

iOSのバージョンアップですが、発表についてパターンがあります。

それは年に一回9月の中旬です。

iPhoneの新モデルも9月の後半頃に発売され、その新モデルには最新バージョンのiOSが最初から入っています。

それに一週間ほど先行して、従来のモデルを新モデルに搭載されているiOSと同じバージョンに引き上げるためのバージョンアップが提供される形にます。

逆に言えば、アップデートされた従来モデルを操作することで、新モデルの使い勝手をある程度、予測できるため、一部の熱烈なiPhoneファンは従来モデルへのアップデート提供と共にアップデートを行うそうです。

iOSはiPhoneX登場に合せた新機能

2017年2月現在の最新バージョンはiOS11です。

従来のiPhoneと異なるデザイン、顔認証システムなどの先進的な技術、そしてその価格で話題を集めたiPhoneXの登場に合せて発表されたバージョンで、話題のAR(拡張現実)への対応など機能強化が行われています。

また、セキュリティ対策の強化もあるので、バージョンアップできるのであれば極力する方が良いです。

アップデートできないiPhone・iPadもあり

なお、全iPhoneやiPadがiOS11にアップデートできるわけではありません。

古いモデルはアップデートが打ち切られており、iPhone5、iPhone5c、第4世代iPad、第5世代iPod Touchが今回アップデートから打ち切られました。

今後も古いモデルのアップデートは打ち切られるでしょう。

アップロードで使えなくなることがある?

ここでは、iOSのアップデートで使えなくなる理由を確認しておきましょう。

理由がわかれば対応もおのずと見えてきます。

構成プロファイルが合わなくなる

すでにBIGLOBEモバイルを利用している方は、BIGLOBEモバイルで使えるようにするために構成プロファイルをインストールしたと思います。

iOSのアップデートでこの構成プロファイルが無効になってしまうことが極まれに発生するのです。

これがiOS11にしたらBIGLOBEモバイルで使っていたiPhoneが使えなくなるかもしれない、という噂の原因です。

ただ、すでにお伝えした通り、極まれに発生する事象で、BIGLOBEモバイルでのiOS11アップデート後に発生ししていないようです。

公式サイトで確認

BIGLOBEモバイルの公式サイトにて、動作確認機種一覧があります。

そこに対応iOSの情報も書いてありますので、アップデートが出た場合、こちらで確認してからアップデートするようにしましょう

iOSのバージョンアップをしたい!

ところで自分が使っているiPhoneやiPadのiOSのバージョンが分からない、という方、実は多いのではないでしょうか。

普段、iOSのバージョンを意識する機会はあまりないので、アップロードしたかどうか、記憶が曖昧な方も多いでしょう。

そこで、iPhoneやiPadのiOSのバージョンを確認する方法とバージョンが古いときのアップロード方法をご説明いたします。

iOSのバージョンを確認する方法

iOSのバージョンを確認する方法ですが、まずはiPhoneやiPadを手元に用意しましょう。

デスクトップ上のグレーの[設定]をタップしてから、出てきた画面の[一般]をタップします。

[一般]もグレーのアイコンです。

出てきた画面の上の方に[情報]がありますので、それをタップすると、iPhoneやiPadに関する情報が一覧になって表示されます。

その中の「バージョン」がiOSのバージョンです。

ちなみに11.1.2のように、小数点部分がありますが「11」の部分がバージョン情報、「.1.2」はリリース情報です。

バグが見つかるなどで同じiOS11だけれど、ディテールが異なるものをリリースが異なるといいます。

リリースもiOS10よりもiOS11の方が最新なように、数が大きいほど最新であることを意味し、リリースを上げることをリリースアップと呼びます。

このリリースアップの際も構成プロファイルが合わなくなる可能性があるので、要注意です。

iOSのバージョンをアップする方法

調べた結果、自分のiPhoneやiPadはバージョンアップ可能機種なのにiOS10など古いままだった、という方は、ぜひバージョンアップいたしましょう。

そこで、ここではバージョンアップの方法をお伝えいたします。

途中まではiOSのバージョンを確認する方法と同じです。

デスクトップ上のグレーの[設定]をタップしてから、出てきた画面のグレーの[一般]をタップします。

iOSのバージョンを確認する際は[情報]をタップしましたが、今回は[ソフトウェア・アップデート]をタップします。

アップデートがあれば赤い①のアイコンがついていることもあるでしょう。

[ソフトウェア・アップデート]をタップすると、最新の場合は出てきませんが、アップデートがある場合は[ダウンロードとインストール]という表示があるので、それをタップしてください。

タップの後は暗証番号の確認があるので、それをクリアすれば、アップデートが始まります。後は表示される指示に従って操作すれば再起動の後、アップデートされます。

一点注意したいのは[ダウンロードとインストール]は文字通り、最新のiOSをインターネットからダウンロードするのですが、ファイル容量が大きいため、Wi-Fi環境必須です。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

今回はBIGLOBEモバイルでiOS11にアップロードしたiPhoneやiPadは使えるかどうかを見ていきました。

結論から言えば問題なく使えますが、今後のアップデートでもそのまま使えるかは未知数です。

アップデートをする前に、公式サイトで確認するようにしましょう。

 

Q官鳥Q官鳥

音楽や動画を見るのが好きな人にもってこいなBIGLOBEモバイルですが、申し込みも非常に簡単ですよ!

 

⇒BIGLOBEモバイルを申し込む

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

BIGLOBEモバイルには3種類のSIMカードのタイプがあり、お申込みからご利用までの流れの詳細についてはタイプによって若干異なります。

 

◼︎音声通話SIM(MNP利用無し)の場合

 

◼︎音声通話SIM(MNP利用あり)の場合

 

◼︎データ通信専用SIMの場合

 

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

 

スムーズに手続きを行なう為にも、下記3点をあらかじめ用意しておくと手続きがスムーズです。

 

本人確認書類

有効期限内のものである事を確認の上、

記載内容がはっきりと読み取れるように画像をアップロードします。

※ファイル形式はJPEGまたはPDF、ファイル一枚につき3GB以内

 

本人確認書類は以下のとおりです。

・運転免許証

・運転経歴証明書

・日本国パスポート+補助書類

・在留カード

・特別永住者証明書

・住民基本台帳カード

・健康保険証+補助書類

・身体障害者手帳

・療育手帳

・精神障がい者保健福祉手帳

・特定疾患医療受給証+補助書類

・特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類の条件

※発行から3ヶ月以内のもの、申込者本人の氏名・住所が記載されているものに限ります(家族の氏名が記載されているものは不可)

※個人番号(マイナンバー)の記載のある住民票は、補助書類として利用不可

・公共料金領収証(電気、都市ガス、水道)

・住民票(マイナンバーの記載がないもの)

・戸籍謄本

 

クレジットカード

※デビットカードやプリペイド式のカード、海外で発行されたクレジットカード は使用不可

 

既にBIGLOBEのサービスを利用されている方は、現在登録されているお支払い方法で申し込む事ができます。

 

MNP予約番号

他キャリアからの乗り換えで、今の携帯電話番号をそのまま使いたい場合は、契約中のキャリアのコールセンターまたは店頭にてMNP予約番号を申し込む必要があります。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間ですが、BIGLOBEモバイルでは予約番号の有効期限が12日以上残っている事が必要です。

 

対応端末:

BIGLOBEの対応端末は公式サイトから見ることが可能です。対応していない場合は一緒に新しい端末を購入するのもよいかと思います。

 

⇒公式サイトにBIGLOBEモバイルの対応端末を見に行く

 

BIGLOBEモバイル Web申し込みの方法

まず、公式サイトにアクセスします。

⇒BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル Webサイト内の「申し込む」をタップする

 

SIMのプランを選ぶ」をタップする

 

回線のタイプを選ぶ(ここでは「タイプD」を選択)

 

SIMカードのサイズを選ぶ(ここではnano SIMを選択)

 

SIMの種別を選ぶ(ここでは「音声通話」を選択)

 

契約形態を選ぶ(ここではMNPを選択)

 

プランを選ぶ

 

オプションサービスを選ぶ

 

全ての項目を選択したら、画面一番下の「次へ」をタップする

 

登録情報の入力画面に進む

 

画面下の「お客様情報の登録」にて必要な情報を入力後、画面一番下の「登録情報の確認へ」をタップする

 

登録情報の内容を確認し、申し込み手続きを完了させる

 

初期設定を行なう

申し込み手続きが完了すると、後日SIMカード等が同梱されたセットが送付されます。SIMカードの挿入方法については、BIGLOBEモバイル ホームページ内の「SIM替え道場」というページに動画付きで紹介されていますので、こちらをご参照ください。

また初めて利用する際は、端末にSIMカードを挿入後、APN(接続先)の設定が必要となります。APNの内容は、以下の通りです。

 

APN:biglobe.jp
ID(ユーザー名):user
パスワード:0000
認証方式:PAPまたはCHAP
PDP Type:IP(PPPは対応していません)

またiPhoneでは、事前にプロファイルをインストールする必要があります。

1.Wi-Fiにて接続し、ブラウザの「Safari」を起動する

2.下記のURLにアクセスし、構成プロファイルをダウンロードする

http://0962.jp/apn/


3.プロファイルのインストール画面が表示されるので、右上の「インストール」をタップする

4.iPhoneにパスコード設定をしている場合は、パスコードを入力する

5.インストールが完了