ワイモバイルはソフトバンクの格安ブランドで、キャリアの回線を間借りしているわけではないので分類としてはMVNO(仮想移動体通信事業者)ではありません。

格安ブランドといってもサービスは十分、SIMカード単体の提供もあり、そのコストパフォーマンスの良さから2年連続「スマホ料金満足度No1」に選ばれています。

今回は、そんなワイモバイルの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

⇒ワイモバイルを見に行く

 

Contents

ワイモバイルのメリット

 

まずは、ワイモバイルのメリットについて紹介します。

ワイモバイルのメリット1.基本料金に10分かけ放題に含まれている

ワイモバイルの最大のメリットは、10分までの国内通話がかけ放題になることです。

他の格安SIMでも、3分~10分かけ放題のところは増えてきましたが、ほとんどがオプションサービスです。

でも、ワンモバイルは「通話もネットもコミコミ」。プランの料金に通話料金とパケット料が含まれているので、頻繁に通話する方はかなりお得です。

ワイモバイルのメリット2.実店舗がある

ワンモバイルは、全国47都道府県に約1,000の店舗があります

申し込みはもちろん、相談や故障時の代替え機の貸し出しなど、契約後のサポートも店舗で受けられます

もちろん、オンラインストアで購入した場合でも、店舗でサポートしてくれますから、ネット上で手続きするのは不安、チャットは不慣れでよく分からない、という方も店舗で安心して相談ができます。

 

ワイモバイルのメリット3.通信速度が安定している

ワイモバイルは、キャリアの回線を間借りしているわけではなく、ワイモバイルとソフトバンク、自社回線を使用しています。

そのため、通信が不安定になることなく安心して利用することができます

ワイモバイルのメリット4.Yahooプレミアムの特典が無料で使える

ワンモバイルを契約すると「Yahoo!プレミアムfor Y!mobile」という特典がついてきます。

これはYahoo!プレミアムのサービスが無料で受けられるというものです。

Yahoo!プレミアム会員は、Yahoo!ショッピングやLOHACOでのショッピングでTポイントが4倍になったり、お買い物あんしん補償がついたり、一般会員は月額462円かかるヤフオクを制限なし利用することができますから、Yahooのサービスをすでに利用している方は、無料でサービスが受けられるのでかなりお得感があります。

ワイモバイルのメリット5.ソフトバンクWi-Fiスポットが無料

ワンモバイルと契約すると「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で使うことができます。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、ソフトバンクが提供する公共無線LANサービスで、JRの主要駅や空港、カフェなどで高速インターネットが利用できるので、外出先でデータ容量を消費せず快適にネットができて便利です。

 

スポンサードリンク




 

 

ワイモバイルのデメリット

次はワイモバイルのデメリットについてです。

 

ワイモバイルのデメリット1キャリアと同じ2年縛りがある

キャリアから格安SIMに乗り換えようとした際、一番のネックになるのが2年縛りではないでしょうか。更新月以外に解約すると違約金を払う必要があるので更新月まで待っているという方も多いかもしれません。

実は、ワイモバイルには、キャリアと同じように2年縛りがあります

スマホプランS/M/Lは、2年間を契約期間としていて、契約満了月の翌月に解約の申し出をしない場合は、更に2年間の契約として自動更新されます。更新期間以外に解約した場合は、契約解除料(9,500円)がかかるのもキャリアと同じですから、キャリアの2年縛りから解放されたい!と格安SIMに乗り換える方は注意が必要です。

ワイモバイルのデメリット2.料金がやや高い

ワイモバイルはソフトバンクの割安ブランドですが、他の格安SIMと比べると、料金がやや高めになっています。

そのため、料金を絶対安く抑えたいとう方は、他の格安SIMを検討した方がいいでしょう。

ワイモバイルのデメリット3.ソフトバンクからの乗り換えは注意

ワイモバイルは、ソフトバンク系の会社なので、ソフトバンクからの乗り換えはスムーズかと思いきや、そうはいきません。

ソフトバンクからの乗り換えを抑え、ドコモやauからの乗り換えをすすめたい意向があるのか、ソフトバンクからの番号移行の場合通常と料金が異なりますので注意が必要です。

現在は、キャンペーンを行っているのでキャンペーン期間中は同料金となりますが、キャンペーン期間終了後は1,000円高くなります。

また、ソフトバンク端末もSIMロックが解除されていない場合は使用できない可能性があるので事前の確認は必須です。

ワイモバイルの評判まとめ

 

ワイモバイルの特徴は「通話もネットもコミコミ」、基本使用料だけでネットも通話も利用できること。その通話時間が10分と長いことでしょう。

ソフトバンクの割安ブランドのため、通信の安定性にも定評がありますから、料金の安さはそこまで追求しないけれど、安心してネットや通話をしたい、という方におススメです。

ただ、キャリアと同じような2年縛りがあり、更新期間も決められているので注意が必要です。

また、ソフトバンクから乗り換えを検討している方は、HPなどで紹介されている料金と異なる部分があります、店舗でちゃんと確認した方がいいでしょう。

 

⇒ワイモバイルの申し込みはこちら

 

ワイモバイルの料金プランなど

次にワイモバイルの料金プランなどを紹介いたします。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルの主な料金プランは以下のようになっています。

★スマホプラン(通話とネットコミコミ)無料通話とデータ通信がセットのプラン

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
料金 通常料金 3,980円 4,980円 6,980円
スマホプラン割引適用(利用開始から25カ月間) 2,980円

(1,000円引き)

3,980円 5,980円
ワンキュッパ割引適用時(利用開始から12カ月) 1,980円

(さらに1000円引き)

2,980円

(さらに1,000円引き)

4,980円

(さらに1,000円引き)

26カ月移行も継続して利用する場合 2,980円 3,980円 5,980円
データ容量※ 2GB(2年間)

3年目以降は1GB

6GB(2年間)

3年目以降は3GB

14GB(2年間)

3年目以降は7GB

※データ容量2倍(2年間)は新規・MNP(番号移行含む)・契約変更の方が対象

★データ専用プラン

1GB…月額980円 SMS機能付き  

ワイモバイルの通話料

ワイモバイルとの契約には、10分間の無料通話がついています。

10分を超えると、30秒20円の通話料がかかります。

ワイモバイルの取り扱い端末

価格
iPhone SE 32GB 65,340円
iPhone SE 128GB 78,300円
iPhone 5s 32GB 42,876円
android one S2 32,400円
andoroid one S1 32,400円
android One 507SH, 51,948円
Nexus 6P 51,948円
DIGNO E 32,400円
Nexus 5X 38,988円
AQUOS CRYSTAL Y2 403SH 38,988円

LUMIERE

38,988円

 

スポンサードリンク




 

その他ワイモバイルに関する情報

その他、ワイモバイルに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 なし
高速低速通信のON/OFF なし
店舗での申し込み あり
初期費用 3,000円
MNP即日切替 あり
回線 ワイモバイル・ソフトバンク
最低利用期間 音声通話付き

2年縛り 違約金9,500円

 ワイモバイルの通信速度

 

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(9時台)、昼(12時台)、夕方(17時台)に分けて測定しております。

上り(Mbps) 下り(Mbps)
11~13 40以上
15~20 30以上
15~18 30以上

ワイモバイルは、ソフトバンクとワイモバイルの回線を使用しているだけあって、1日を通して上り下りとも速度は速く安定しています。

基本料金に10分の通話し放題も含まれますから、通話が多い方も安心です。

料金は少し高めですが、通信と通話のバランスがとれているので、いきなり格安SIMは不安という方はワイモバイルを第一候補に挙げてもいいかもしれません。

 

⇒ワイモバイルの申し込みはこちら

 

ワイモバイルの申し込み方法をこちらで紹介しています。

言われているほど難しくはないので、ご参照くださいね。

 

必要書類を準備しておきましょう

ワイモバイルに申し込むには、以下の書類が必要です。

あらかじめ手元に用意しておけば、手続きがスムーズに進みます。

本人名義のクレジットカード

デビットカードは使えません。

VISA、Mastercard、JCB、AMEX、DinersClub、UC、MUFGカード、DC、UFJカード、NICOS、三井住友カード、イオンクレジットサービス、オリコ、OMC、CF、Cedyna、ライフカード、TSキュービック、アプラス、楽天カード、ジャックス、ポケットカード、エポスカード、日専連

などのクレジットカードを準備しましょう。

本人確認書類

・運転免許証

・健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか

・日本国パスポート

・マイナンバーカード(個人番号カード)

・身体障害者手帳

・療育手帳

・精神障害者保健福祉手帳

・特別永住者証明書

・在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

のいずれかが必要になります。

 

機種変更でMy Y!mobileアカウントを持っている人はログインすることで本人確認書類が不要になります。

家族確認書類

家族割引サービスを利用する場合には家族を証明する書類が必要です。

・戸籍謄本

・住民票記載事項証明書(発行から3ヵ月以内のものに限る)

・同性のパートナーシップを証明する書類

のいずれか1つを用意しましょう。

 

MNP予約番号

他社からに乗り換える場合、電話番号が変わらないようにするためにMNPを予約しておきましょう。

各社のMNP受付番号を紹介します。

NTTドコモ

携帯電話      151

一般電話        0120-800-000

au

携帯電話  ・一般電話 0077-75470

ソフトバンク

携帯電話・一般電話 0800-100-5533

 

MNPを予約してから2日以内にワイモバイルの新規申込みを行いましょう。

 

 

ワイモバイル Web申し込みの方法

ワイモバイルは、公式サイトから申し込むことが出来ます。

スマホを新しく機種変更したい人や他社からのりかえたい人、新規でスマホが欲しい人は左の「スマホを新しくしたい方はこちら」をクリックしましょう。

 

 

⇒ワイモバイルの公式サイトはこちら

 

スマートフォンを選択する

画面をスクロールしていくと、スマートフォンを選択する画面が現れますので、お好みの機種名をクリックします。

 

 

iPhone6s

容量は32GB、128GBの2種類から選択できます。

カラーは、スペースグレイ・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの4種類です。

 

507SH,Android One

Google、Googleマップ、Gメール、Google Play Music、Googleドライブなどのアプリは全てパソコン間でシームレスに同期できます。

カラーはスモーキーブルー・ブラック・ホワイトの3種類です。

X2,Amdroid One

握るだけでスムーズ撮影可能な「エッジセンス」と光を集める「ウルトラピクセル」機能が搭載されています。

カラーはサファイアブルー・アイスホワイトの2種類です。

容量を選択する

今回は、一番人気の「iPhone6s」を申し込む設定で進みます。

容量を選択する画面があるのでお好みの容量のほうをチェックします。

 

カラーを選択する

今回は「スペースグレイ」を選択します。

 

 

契約方法を選択する

今回は「のりかえ」を選択します。

現在使用中の端末を選択する

 

 

料金プランを選択する

新規契約か他社からののりかえ(MNP)で、データ容量2倍オプションが2年間無料になるキャンペーン実施中です!

今回は、「スマホプランS」を選択します。

機種代金の支払方法を選択する

24回払いか一括払いかを選択します。

24回払いにした場合は、頭金540円を支払います。残りは月々の請求と一緒に3240円が請求されます。

オプション、子回線プランを選択する

割引を選択する

家族割引サービス

複数回線を利用している場合に、2台目以降の各基本使用料が毎月500円割引されるサービスです。(9回線まで)

下取りプログラム

新規加入や他社からのMNPで契約した人を対象にした下取りプログラムです。

⇒対象機種割引一覧はこちら

 

ここまで入力すると購入時の金額と月々の支払額が算出されるので、購入手続きへ移ります。

お客様情報を登録する

Yahoo! JapanIDでログインすると、お客様情報の入力の手間が省けます。IDを持っていない人は下の「ログインせずにお申込み」をクリックしましょう。

 

本人確認書類をアップロードする

デジカメやスマホで撮影した本人確認書類の画像を一旦ファイルに保存してアップロードを行いましょう。

 

のりかえ(MNP・番号移行)情報を入力する

ご契約者情報を入力する

・氏名

・生年月日

・性別

・住所

・ご希望のお届け時間帯

・電話番号

・メールアドレス

・職業

・利用者

を入力します。

クレジットカード情報を登録する

申込み内容を確認して、手続きを完了させる

初期設定を行う

ワイモバイルは、アプリから簡単に設定できます。

Google Playで「Y!mobileかんたん設定アプリ」をダウンロードしましょう。

⇒アプリ以外の設定の仕方はこちら

 

まとめ

これからスマホを新規に持ちたい人や他社からMNPする予定の人は、データ容量2倍オプションが2年間無料になるキャンペーンが実施されている今がチャンスです!

Yahoo!プレミアムも通話料コミコミなので(Yahoo!プレミアム for Y!mobile)、Yahoo!ショピングやLOHACOでの買い物がいつでも5倍・最大12倍たまります。

普通にYahoo!プレミアム会員に登録すると月額金462円(税抜)かかりますからお得ですよね。

 

⇒ワイモバイルを見に行く