格安SIMの人気が高まる中、三大キャリアも料金設定やプランの追加など、料金面でも格安SIMとの差を縮めようとしています。

では、実際の料金はどうなのでしょうか?

今回は、UQモバイルとauの料金をいろいろなパターンで比較してみました。

 

UさぎUさぎ

三大キャリアがどんどん値下げしてきている中でUQモバイルを選ぶ必要があるのでしょうか?

 

Contents

音声通話プランを比較

まずは、音声通話プランの料金を一人で使う場合と家族で使う場合にわけて比較してみました。

一人で利用する場合

一人で音声通話プランを利用する場合の料金を比較してみました。

UQモバイル(音声通話プラン)を一人で利用する場合の料金は?

[料金設定の条件]

・おしゃべりプランS…5分以内の通話が無料

・データ容量…2GB

・スマトク割…課金開始月から起算して25ケ月間、おしゃべりプラン(S・M・L)、ぴったりプラン(S・M/・L)の基本料金から1,000円を割引

・イチキュッパ割…課金開始月から起算して13ケ月間、イチキュッパ割として1,000円/月(日割り適用)を割引

料金(税抜)
おしゃべりプランS 基本料 3,980円
スマトク割(2年間) -1,000円
イチキュッパ割(1年間) -1,000円
毎月の利用料金 1,980

2年目以降は2,980

※このほか、端末代金が必要になる場合があります

※UQモバイル指定機種を購入すると、対象機種に応じてUQモバイル指定の金額が24ヶ月間、割引されます。

au(音声通話付プラン)を一人で利用する場合の料金は?

[料金設定の条件]

・auピタットプラン(スーパーカケホ)…5分以内の国内通話が無料

・データ容量…2GB

・2年契約(誰でも割)…2年単位のau継続利用、自動更新で基本使用料が割引になります。

・auスマートバリュー…スマホと「対象の固定通信サービスまたはauスマートポート 」をセットで契約するとスマホ利用料金が契約内容に応じて割引になります。

・ビッグニュースキャンペーン…期間中、機種変更・新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」に申し込むと、翌月から1年間毎月1,000円割引になります。

料金(税抜)
auピタットプラン料金 5,980円
誰でも割(2年継続利用、自動更新) -1,500円
auスマートバリュー(永年) -500円
ビッグニュースキャンペーン(1年間)

(受付期間:2017年7月14日~2018年5月31日)

-1,000円
毎月の利用料金 2,980

2年目以降は3,980

※このほか、端末代金が必要になる場合があります

1年目の料金は、UQモバイルが1,980円、auは2,980円とUQモバイルの料金の方が安くなります。2年目以降も、au・UQモバイルともに料金が1000円アップするため、料金の面ではUQモバイルに軍配があがります。

また、auのスマートバリュー割引は、自宅のインターネット契約が必要になるため、auスマートバリューが適用にならない場合は、さらにその料金の差が広がります。

 

Q官鳥Q官鳥

誰でも割やビッグニュースキャンペーンなどいろいろなキャンペーンをしているものの、依然としてUQモバイルの方が安いです

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

家族で利用する場合

次に家族で音声通話プランを利用する場合の料金を比較してみました。

UQモバイルを家族3人で利用する場合の料金は

[料金設定の条件]

・おしゃべりプランS…5分以内の通話が無料

・データ容量…2GB

代表となる人(税抜) 子回線(税抜) 子回線(税抜)
おしゃべりプランS基本料 3,980円 3,980円 3,980円
スマトク割(2年間) -1,000円 -1,000円 -1,000円
イチキュッパ割(1年間) -1,000円 -1,000円 -1,000円
家族割 -500円 -500円
小計 1,980円 1,480円 1,480円
毎月の利用料金

4,940円(一人当たり1,646円)

2年目以降7,980円(一人当たり2,660円)

 

スポンサードリンク




 

auを家族3人で利用する場合の料金は

[料金設定の条件]

・auピタットプラン…5分以内の国内通話が無料

・データ容量…2GB

・2年契約(誰でも割)…2年単位のau継続利用、自動更新で基本使用料が割引になります。

・auスマートバリュー…スマホと「対象の固定通信サービスまたはauスマートポート 」をセットで契約するとスマホ利用料金が契約内容に応じて割引になります。

・ビッグニュースキャンペーン…期間中、機種変更・新規契約(他社からお乗りかえ含む)と同時に「auピタットプラン」もしくは「auフラットプラン」に申し込むと、翌月から1年間毎月1,000円割引になります。

・家族割…家族でau携帯電話を利用すると、SMS(Cメール)が無料。「2年契約(誰でも割)」+「家族割」で家族間の国内通話料が24時間無料になります。

代表となる人(税抜) 子回線(税抜) 子回線(税抜)
auピタットプラン料金 5,980円 5,980円 5,980円
誰でも割(2年継続利用、自動更新) -1,500円 -1,500円 -1,500円
auスマートバリュー(永年) -500円 -500円 -500円
ビッグニュースキャンペーン(1年間)

(受付期間:2017年7月14日~2018年5月31日)

-1,000円 -1,000円 -1,000円
家族割 家族間の国内通話料が24時間無料
小計 2,980円 2,980円 2,980円
毎月の利用料金 8,940円(一人当たり2,980円)

2年目以降11,940円(一人当たり3,980円)

UQモバイルの家族割は、家族の基本料金が割引になりますが、auの家族割は、家族間のSMSや通話が無料になるだけで、料金面の割引はありません。

そのため家族で契約すると、UQモバイルの方が1か月4,000円ほど安くなります。

 

Q官鳥Q官鳥

更に家族割があれば、その差は広がります。

 

学割ってないの?

UQモバイル、auともに学割はありますが、受付期間が決められていて、現在(2017年12月)募集は終了しています。

来年の募集時は内容が変更する可能性がありますが、参考までに、前回募集時のUQモバイルとauの学割の料金を比較してみました。

UQ学割(2017年1月26日~2017年5月31日募集)

割引条件:新規またはMNPで対象のプランを契約した方のうち、契約時の年齢が18才以下の方

対象プラン:おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L

料金:課金開始月から起算して14ヶ月目~25ヶ月目の月額基本料より1,000円/月(日割り適用)を割引。

おしゃべりプランSの場合

料金(税抜)
おしゃべりプランS 基本料 3,980円
スマトク割(2年間) -1,000円
イチキュッパ割(1年間) -1,000円
UQ学割(14~25か月目) -1,000円
毎月の利用料金 1,980

2年目以降も1,980

auの学割天国(2017年1月13日~2017年5月31日募集)

auの学割には、「学割天国U18」と「学割天国U25」の2種類あります。

U18は18才以下の方、19才になるとU25が適用になります。

auの学割 特典内容 適用条件
「学割天国U18」 通話もデータもコミコミ!
ご家族と同時加入で
月額「2,980円」から利用できる
18歳以下のお客さまが新規ご契約いただき、「U18データ定額20」にご加入。
さらに、ご家族の方も新規で加入いただいた場合。
「学割天国U25」 スーパーデジラ (データ定額20/30) の
ご利用料金から
月額料金「500円」割引
25歳以下のお客さまで、新規または機種変更時に「データ定額20/30」にご加入いただいた場合。

 

スポンサードリンク




 

データ通信プランを比較

次に、データ通信プランの料金を比較してみました。

 UQモバイルのデータSIMプランの料金は?

UQモバイルのデータSIMは、次の2つのプランがあります。

データ容量 月額料金
データ高速プラン 3GBまで

(受信最大225Mbps/送信最大25Mbps)

(3GBを超えた場合は送受信最大200kbps)

980円
データ無制限プラン データ容量無制限

(送受信最大500kbps)

1,980円

データSIMプランには、割引サービスはありません。

auのデータ通信端末料金プランの料金は?

auにはデータSIMプランはなく、データ通信端末 料金プランとなります。

データ容量 2年契約(誰でも割シングル)適用時 WiMAX2+お得割適用時
WiMAX2+フラット for DATA EX(データ容量制限なし) 制限なし 4,880円 4,380円(最大25か月)
WiMAX2+フラット for DATA EX 7GB 4,196円 3,696円(最大25か月)

データ通信プランについては、UQモバイルとauではプラン内容が全く違うため、単純に料金の比較ができません。

auのデータ通信端末 料金プランは、プロバイダ利用料も込みなので、自宅のインターネット接続として、UQモバイルは2台持ちの端末のデータSIMとして利用するなど、それぞれの特徴にあわせて利用するといいでしょう。

 

Q官鳥Q官鳥

データ通信プランは格安simの真骨頂ですが、その場合料金はかなりの差になりますね。

 

>>UQモバイルを見に行く

 

まとめ

auにもUQモバイルと同じような割引サービスがあり、以前に比べると料金の差は縮まっています。

ただ、やはり割引適用前の基本料金はUQモバイルの方が安く設定されているため、割引を適用しても料金の安さはUQモバイルに軍配があがります。

その差は、音声通話プランを一人で利用する場合は、月額1,000円程度。

家族で利用する場合は、月額4,000円にもなります。

通信速度や安定性など、他に比較すべき点はありますが、料金重視の方にはやはりUQモバイルがおススメです。

 

UQモバイルへの乗り換え手続き

Q官鳥Q官鳥

三大キャリアなどは格安スマホはネット申し込みが難しいと言ってますが、驚くほど簡単に申し込みができるんですよ!

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

UQモバイルをWEBから申し込んで、実際に使い始めるまでの大まかな流れは次のようになっています。

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

スムーズに手続きを進めるために、申し込みに必要な書類等はあらかじめ用意しておくことをおススメします。

連絡が取れるメールアドレス

キャリアから格安SIMに乗り換えると、これまで使っていたドコモやau、ソフトバンクのメールアドレスは利用できなくなります。

そのため、申し込みには、YahooやGmailなど乗り換え後も利用可能なメールアドレスを作っておく必要があります。

本人名義のクレジットカード

UQモバイルの申し込みには、申込者本人名義のクレジットカードが必要です。

利用できるクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERSで、デビットカードは利用できませんのでご注意ください。

本人確認書類

本人確認書類は以下のとおりです。

・運転免許証

・パスポート(日本国旅券) (有効期限内のもので、現住所が記載されているもの)

・身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳  住所の記載のあるもの

・特別永住者証明書(有効期限内のもの)

・在留カード

・健康保険証+補助書類(補助書類は、住民票や公共料金領収証などです)

MNP予約番号

今の携帯電話番号をそのまま使いたい場合は、契約中の携帯会社の窓口、または受付店でMNP予約を申し込み、MNP予約番号を受け取る必要があります。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間ですが、WEB申し込みする場合は、MNP予約番号の取得日から2日以内に手続きが必要です。

 

契約中の携帯電話会社 Webから ケータイ/一般電話から
NTTドコモ iモード

i-menu→お客様サポート→お申し込み・お手続き→各種お申し込み・お手続き

PCサイト

MyDoCoMo( http://www.mydocomo.com ) →ログイン

受付時間:24時間

システムメンテナンス時間などは除く

ケータイから
151
一般電話から
0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ソフトバンク Yahoo!ケータイ

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
*5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
ディズニーモバイル Disney Web

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
*5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
au
沖縄セルラー
EZweb

TOP→auお客さまサポート→申し込む/変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

受付時間:9:00~21:30

ケータイ・一般電話から
0077-75470
受付時間:9:00~20:00

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

  UQモバイル WEB申し込みの方法

必要な書類等が準備できたら、UQモバイルのHPから申し込みの手続きをしましょう。

希望の商品を選択する

UQモバイルのHPを開き、「端末とSIMカードをセットで申し込む場合」は、希望の端末の横または下にある緑の「新規お申し込みはこちら」のボタンをクリックします。

「SIMカードのみ」(スマートフォンは自分で用意)の阿合は、対応するSIMの横または下の緑のボタン「新規お申し込みはこちら」のボタンをクリックします。

申し込み内容を選択します

次の画面で、契約方法(新規orのりかえ)、料金プランを選択します。

携帯番号をそのまま使う場合は、「のりかえ」になります。

また、料金プランはこの時までに決めておくことをおススメします。

オプション等を選択します

さらに、オプション契約について、年齢の確認、契約先を選択します。

契約先は沖縄県以外の方はUQを選択してください。

端末補償サービスなど、購入時のみしか加入できないオプションサービスもありますので、内容を確認したい場合は、チャットを利用するとよいでしょう。

申し込み内容を確認

申し込み内容を確認して、「ご購入手続きへ」をクリックします。

約款等の確認

約款等の確認画面が出ますので、確認をし、チェックを入れて、次に進みます。

 

 申し込み情報の入力と確認

ここで、事前に準備したMNP予約番号の入力が必要になります。

その他、氏名など必要な情報を入力し、次へ進みます。

次の画面では、クレジットカード情報などを入力し、申し込み内容を確認して、申し込み完了となります。

記入する住所が本人確認書類(免許証など)と違っていたりすると、その後の手続が面倒になりますのでご注意ください。

また、ここで決める暗証番号は、今後の設定などでも使用しますので忘れないようにしましょう。

 

本人確認書類のアップロード

申し込み完了後、登録したメールアドレスあてにメールが届くので、案内に従ってスマートフォンなどで撮影した本人確認書類のデジタルデータを、次の手順でアップロードします。

①本人確認書類のタブから本人確認書類の種類を選択

②「ファイルを選択」ボタンをクリックし、あらかじめ保存しておいた書類画像を選択

③「運転免許証」「日本国パスポート」「健康保険証」いずれかをアップロードする場合は、「本人確認書類番号」欄に本人確認書類の番号を入力します
④「全て登録」ボタンをクリック

⑤アップロード完了画面が表示されたら完了です

発送と受け取り

申し込み手続きと本人確認が完了すると、登録した住所へ商品が発送されます。

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

初期設定をします

商品が届いたら、使い始めるために初期設定をする必要があります。

商品の確認

届いた商品の中身と契約内容に間違いがないか確認しましょう。

・契約の内容

・申込書原本

・重要事項説明書類

・SIMカード台紙

・端末本体、説明書(端末同時購入の場合)

SIMカードを台紙から取り外します

SIMカードの種類を確認した上で、SIMカードを台紙から取り外します。

SIMカードを取り付けます

台紙から取り外したSIMカードを取り付けます。

取り付けの際は、SIMカードを端末の電源をOFFにし、充電ケーブルなどすべてのケーブルを外して行ってください!

 

ネットワーク設定(ANP)が必要な場合もあります

端末の機種によっては、ネットワーク設定が必要な場合があります。

ANPが必要な機種かどうかは、UQモバイルのHPから確認することができます。

動作確認端末一覧

設定が必要な場合は、次の手順で行います。

①【設定】→無線とネットワークの【その他設定】 → 【モバイルネットワーク】→> 【高度な設定】→【APN】もしくは【CPA設定】を選択

(設定の場所や設定項目は、製品により異なるため、詳細は使用する製品の取扱説明書を確認してください)

 

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default, mms, supl, hipri, dun

 

②【設定】→無線とネットワークの【その他設定】→ 【モバイルネットワーク】→ 【高度な設定】→ 【CPA接続】等を選択してください。

(製品によっては、①で指定したアクセスポイント名が表示される場合があります。アクセスポイント名が表示された場合は、作成したアクセスポイントを選択してください。)

③インターネットに接続が可能か確認します。

これで設定が終了です。

 

Web申し込みはお得で簡単!

Web申し込みをすると、Web限定のキャンペーンや特典を受けることができます。

この記事でご紹介してきたとおり、UQモバイルのWeb申し込みは、とても分かりやすく、初期設定についてもガイドもついてきますから、端末の操作に慣れていない方でも大丈夫!

万が一、困ったときには電話サポートもあります。

UQモバイルにしよう!と決めたら、簡単でお得なWeb申し込みをおススメします。

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら