UQモバイルといったら、3姉妹のTVCMを思い起こす方も多いのではないでしょうか。

UQモバイルは、ドコモ系が多い格安SIMの中で数少ないau系のMVNOのひとつです。通信速度に定評があり、株式会社イードによる「格安SIMアワード」では2015年2016年と2年連続で通信速度部門で最優秀賞を受賞しました。

今回は、そんなUQモバイルの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

 

UQモバイルの申し込み方法はこちらから

 

 

UQモバイルのメリット

 

まずは、UQモバイルのメリットについて紹介します。

UQモバイルのメリット1.通信速度が速い

UQモバイルの最大のメリットは、通信速度の速さと安定性です。

詳細は「UQモバイルの通信速度」の欄でご説明しますが、速度調査では朝・昼・夜を通して他の格安SIMを大きく引き離す速さ。特に、ほとんどの格安SIMの速度がガタッと落ちる昼の時間でも、20Mbps以上の速度を出しているのは驚きです。

その速度と安定性から、モバイル調査研究機関であるMMD研究所の「2017年3月格安SIMサービス利用動向調査」では、データ通信品質・安定性の満足度で1位を獲得。

速度を重視して格安SIMを選びたい方にはおススメです。

UQモバイルのメリット2.15日間無料で試せる

UQモバイルには、「Try UQ mobileレンタル」というサービスがあって、UQモバイルを無料で15日間試すことができます

「本当に速いの?」「今使っているスマホでも使えるの?」「スマホは初めてで不安」そんな不安や疑問も15日間試せたら解決できるのではないでしょうか。

しかも、端末のレンタル料だけでなく、登録料、通信料、配送費用なども一切かかりませんから、契約を検討している方はまずは試してみるといいでしょう。

 

UQモバイルのメリット3.キャリアと同等のメールが使える

キャリアから格安SIMにすると、これまで使っていたドコモやau、Softbankのメールアドレスは使えなくなり、フリーメールを作る必要があります。

ただ、フリーメールはサイトによっては会員登録に利用できなかったり、迷惑メールに仕分けされてしまうこともあります。

UQモバイルにはメールサービスがあって、月額200円で@uqmobile.jpというアドレスがもらえます。このアドレスの特徴は、迷惑メールとしてブロックされにくいということ。

フリーメールではないので、各種会員登録などにも利用できて便利です。

UQモバイルのメリット4.ターボ機能で高速通信と低速通信の切り替えができる

UQモバイルでは、「UQ mobile データチャージサイト」や「UQmobileポータルアプリ」を使って通信速度の高速・低速の切り替えをすることができます

メールやLINEなど高速通信が必要ないときは低速に切り替えることで、データ容量を節約することができます

UQモバイルのメリット5.自分でMNPができる

一般的な格安SIMは、MNPの切替えをしてからSIMカードが届くまで数日かかり、その期間は電話を使うことができません。

しかし、UQモバイルは、SIMカードが届いた時点で自分で開通手続きを行うことができるので、電話がつながらない時間は1~2時間程度。不便なく快適に乗り換えをすることができます。

UQモバイルのメリット6.かけ放題プランが選べる

UQモバイルには、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」という2つの通話プランがあります

おしゃべりプランは5分以内なら何度でもかけ放題。

ぴったりプランは、1カ月間の無料通話時間を60分・120分・180分から選ぶことができますから、長時間の通話が多い人はこちらのプランを選ぶと電話料金が節約になります。

UQモバイルのメリット7.SMSの基本料金が無料

一般的な格安SIMは、SMS機能をつけると月額120円~150円ほどの料金がかかりますが、UQモバイルは無料です。

メールサービスのオプションもありますが、SMSだけで十分という方は、無料で使用することができますから料金の節約になります。

UQモバイルのメリット8.プラチナバンドの対応エリアで利用可能

UQ モバイルの対応エリアは、auの4G LTE プラチナバンド(800MHz)に対応するエリアと同じで、その人口カバー率は99%超

LTEとは、Long Term Evolutionの略で、受信最大速度が150Mbpsと高速。

プラチナバンドとは、電波の周波数帯域 (700MHz-900MHz帯)のことで、この帯域は電波が遠くまで届きやすく、大きな建物をもまわりこんで都心のビル街や室内でもつながりやすいという特性があります。

UQモバイルは、そんな4G LTE プラチナバンドの対応エリアで利用が可能なため、それが通信品質や速度の安定につながっているといえるでしょう。

詳細はこちら→人口カバー率は99%超!UQモバイルの対応エリアに弱点はあるの?

UQモバイルのメリット9.auからの乗り換えでも割引適用・スマホもそのまま使える

auからUQモバイルの乗り換えには割引サービスが適用されず、auからの乗り換えは不利と言われていました。

しかし、その不利な条件が2017年3月に解消。auからの乗り換えも他のキャリアと同条件で割引サービスが受けられるようになりました

また、UQモバイルはau系の格安SIMなので、auの端末は基本的に使えます

[2012年から2014年冬までに発売されたauのスマホ]…何もしなくてもそのまま利用可能

[2014年冬以降に発売されたVoLTE対応機種]…下記の端末のみauショップでSIMロックを解除が必要。

iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus

Xperia Z4 SOV31、Xperia Z5 SOV32、Xperia X Performance SOV33、Xperia XZ SOV34、Galaxy S6 edge SCV31、Galaxy A8 SCV32、Galaxy S7 edge SCV33、AQUOS SERIE SHV32、AQUOS SERIE mini SHV33、AQUOS SERIE SHV34、AQUOS U SHV35、AQUOS U SHV37、isai vivid LGV32、isai Beat LGV34、URBANO V02、URBANO V03、TORQUE G02、DIGNO rafre KYV36

HTC J butterfly HTV31、HTC 10 HTV32、Qua phone、Qua phone PX、BASIO2

※VoLTEを使うためにはVoLTE用のSIMカードを契約する必要があります。

詳細は、UQモバイルの動作確認端末一覧でご確認ください。

UQモバイルのデメリット

次はUQモバイルのデメリットについてです。

 

UQモバイルのデメリット1.プランが少ない

UQモバイルのプランは、「データ通信を主とするプラン」と「無料通話をセットにしたプラン」大きく分けるとこの2つです。

データ通信を主としたプランのデータ容量は、3GBと無制限の2パターンだけ。無制限の場合は最大速度が500kbpsに制限されますから、UQモバイルの快適な通信速度を満喫するには3GBを選ぶことになります。

また、無料通話をセットにしたプランのデータ容量も2GB・6GB・14GBの3種類のみなので、大容量使いたいという方には不便です。

また、どれも26か月目以降はデータ容量が半分になるなど、プランが少ない割に実際の契約内容が分かりにくい印象があります。

UQモバイルのデメリット2.キャリアと同じ2年縛りがある

キャリアから格安SIMに乗り換えようとした際、一番のネックになるのが2年縛りではないでしょうか。更新月以外に解約すると違約金を払う必要があるので更新月まで待っているという方も多いかもしれません。

実は、UQモバイルには、キャリアと同じように2年縛りがあります

課金開始月を1ヶ月目とする25ヶ月間が契約期間となり、契約満了月の翌月に解約の申し出をしない場合は、更に2年間の契約として自動更新されます。更新期間以外に解約した場合は、契約解除料(9,500円)がかかるのもキャリアと同じですから、キャリアの2年縛りから解放されたい!と格安SIMに乗り換える方は注意が必要です。

UQモバイルのデメリット3.14カ月目以降の料金変更に注意

UQモバイルのHPなどに記載されている「無料通話とデータ通信がセットのプラン」の料金は、スマトク割およびイチキュッパ割適用時の基本料金で、14カ月目からはこの料金に1,000円プラスされます。

また、データ容量やぴったりプランの通話時間も、26カ月目から半分(2GB→1GB、60分→30分)になりますので注意が必要です。

2年後、自動更新でもいいと思っている方も、ご自分の契約内容はしっかり確認をした方がいいでしょう。

UQモバイルのデメリット4.3Gでインターネットができない

UQモバイルでは3Gでインターネットに接続することができません

都会や地方都市では問題ありませんが、地方に住んでいて使っているスマホに「4G」や「LTE」といった表示がされず、「3G」や「1X」と表示されている場合はUQモバイルに変えると、その場所ではデータ通信ができずインターネットに接続できなくなってしまうので注意が必要です。

UQモバイルの評判まとめ

 

UQモバイルの特徴は「格安SIMアワード 通信速度部門」で2015年2016年と2年連続で最優秀賞を受賞した、通信速度の速さと安定性でしょう。

そのため、格安SIMに安さだけでなく通信速度を求めるという方におススメです。

また、通話プランも2つあるので、ネットも通話もそこそこしたいという方にはお得かもしれません。

ただ、キャリアと同じような2年縛りがあり、更新期間も決められているので注意が必要です。

 UQモバイルの料金プランなど

次にUQモバイルの料金プランなどを紹介いたします。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの主な料金プランは以下のようになっています。

★データ通信が主のプラン

通信量 データ専用プラン 音声通話付きプラン
3GB 980円 1,680円
無制限

(通信速度最大500kbps)

1,980円 2,680円
SMS機能 無料

 ★無料通話とデータ通信がセットのプラン

(スマトク割およびイチキュッパ割適用時の基本料金)

プランS プランM プランL
月額料金 1,980円

14カ月目以降は2,980円

2,980円

14カ月目以降は3,980円

4,980円

14カ月目以降は5,980円

データ容量 2GB

26カ月目以降は1GB

6GB

26カ月目以降は3GB

14GB

26カ月目以降は7GB

通話 ぴったりプラン 60分/月

26カ月目以降は30分

120分/月

26カ月目以降は60分

180分/月

26カ月目以降は90分

おしゃべりプラン 5分以内の国内通話がなんどでも無料

 UQモバイルの通話料

UQモバイルの通話料金は通常30秒20円ですが、1カ月60分、120分、180分かけ放題の「ぴったりプラン」と5分以内の国内通話が何度でも無料になる「おしゃべりプラン」があります。

詳細は上記の表をご確認ください。

UQモバイルの取り扱い端末

UQ購入サポートを利用しない場合(税込み)
DIGNO V 26,038円
HUAWEI P10 lite 33,804円
AQUOS L2 31,212円
HUAWEI nova 41,018円
DIGNO W 37,692円
BLADE V770 28,620円
ZenFone3 Ultra 64,584円
Zen Fone 3 Laser 32,184円
HUAWEI P9lite PREMIUM 31,212円
Alcatel IDOL4 39,744円
AQUOS L 37,692円
Alcatel SHINE LITE 23,544円
ZenFone3 Deluxe 60,264円
Zen Fone3 42,984円
LG X screen 37,692円
Zen Fone2 Laser 19,548円
Zen Fone Go 21,492円
arrows M03 41,904円
arrows M02 37,692円
KC-01 32,140円
LG G3 Best 37,584円
DIGNO L 46,764円
携帯 DIGNO Phone 20,844円

※UQ購入サポートは、対象機種の購入時に、UQモバイル指定の料金プランの利用を約束することで購入代金が最大21,600円割引となるサービスです。

UQモバイルのキャンペーン情報 

UQモバイルで現在(2017年9月12日)行っているキャンペーン情報です。

★UQ家族割

家族で対象料金プランを複数回線契約すると、2回線目以降の基本料金が毎月500円割引になります。

キャンペーン期間:2017年6月8日~

★UQ購入サポート

対象機種の購入時に、指定の料金プランの利用を約束すると、端末購入代金が最大21,600円割引になります。

キャンペーン期間:2017年6月8日~

★イチキュッパ割

利用開始月から13カ月目まで、おしゃべりプラン/ぴったりプランのS・M・Lの基本料金から1000円割引になります。

キャンペーン期間:2016年6月23日~

★DIGNO Phoneメール無料キャンペーン

DIGNO Phoneを新規でUQ販売店で購入し、ぴったり・おしゃべりプランを契約すると、2017年7月以降のメールサービス(200円/月)が無料になります。

キャンペーン期間:2017年7月利用分~

 

その他UQモバイルに関する情報

その他、UQモバイルに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 あり
高速低速通信のON/OFF あり
店舗での申し込み あり
初期費用 3,000円
MNP即日切替 あり
回線 au
最低利用期間 通常プラン1年

ぴったりプラン、たっぷりプラン2年(自動更新)違約金9,500円

UQモバイルの通信速度

 

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(8時台)、昼(12時~13時)、夕方(18時台)に分けて測定しております。

【Android端末 Zen Fone3】

上り(Mbps) 下り(Mbps)
3~4 20以上
2~3 19~20
1~2 20以上

【iPhone6】

上り(Mbps) 下り(Mbps)
1~3 3~9
3~6 8~14
3~4 7~14

 

UQモバイルの下りのスピードは1日を通してほぼ10Mbps以上。特に多くの格安SIMが速度を落とす昼の時間でも、20Mbps以上をキープしているというすばらしさです。

上りの速度も平均以上、UQモバイルは時間帯に左右されず、上り下りとも安定していますから、「格安SIMアワード」の通信速度部門で2年連続最優秀賞を受賞したのも納得です。

格安SIMに安さだけでなく、通信速度の速さと安定性を求める方には、UQモバイルはオススメです。

参考→[2017年9月最新版]UQモバイルの通信速度が速いっって本当?

 

UQモバイルのWeb申し込み方法はこちらから