U-mobileの評判を8つのメリットと4つのデメリットから考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月22日、SIMロック解除せず、SIMカードを差し替えるだけでSoftbank端末が使えるSIMの提供を業界で初めて開始したU-mobile。

動画配信サービスのU-NEXTが提供する格安SIMだけあって、エンターテインメント系のサービスに強い格安SIMとも言われているU-mobileの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

 

⇒U-mobileの公式サイトはコチラ

 

U-mobileのメリット

まずは、U-mobileのメリットについて紹介します。

 U-mobileのメリット1.最大2か月無料で試せる

「格安SIMってちゃんとつながるの?」「速度が遅いんじゃない?」「今のスマホはそのまま使えるの?」…そんな不安や疑問があって乗り換えに踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

U-mobileでは、そんな方のために「トライアルキャンペーン」と称して最大2か月の無料お試し期間を設定しています。

・対象のサービスは、データ専用5GB(SMS機能なし)

・契約事務手数料3,000円、SIM発行手数料394円が無料

・対象サービスの月額基本使用料1,480円が最大2か月無料

・さらに、電話番号も乗り換えたい(MNP)という方は、通話機能付きプランに移行する際の契約事務手数料3000円が無料になります。

もちろん、満足できない場合は、期間中の解約は自由で手数料などの料金は一切かかりません

格安SIMに乗り換えてみたら思いのほか速度が遅かった、自分のスマホでは使えなかった、そんなトラブルを回避できますし、なんといっても2か月も試せたら安心して乗り換えができますから、これは初心者には嬉しいサービスです。

 U-mobileのメリット2.業界初!Softbank系の格安SIMをリリース

2017年3月22日にU-mobileから、Softbank系の格安SIMの提供がスタートしました。

これまでも、Softbankの回線を利用する格安SIMも少ないながらありましたが、Softbankで購入した端末でもSIMロック解除する必要があって、あまり普及しませんでした。

U-mobileが提供している格安SIMは、Softbankの端末でもSIMカードを差し替えるだけで使うことができます。

そのため、これまでMVNOという選択肢がなかったiPhone 6s 以前の端末を持っている人には朗報!昔使っていたiPhoneをよみがえらせることができます

ただ、現在はデータ通信専用SIMの提供のみで、通話機能がついたSIMカードの提供はまだ先になるようです。

 

U-mobileのメリット3.大容量プランが安い

U-mobileには、「U-mobile MAX」という大容量プランが用意されています。

データ容量は25GBで、その料金が驚きの安さ!

データ専用で月額2,380円

通話をプラスしても月額2,800円

ちなみに、業界最安値水準に挑戦しているDMMモバイルの料金は、20GBでデータSIMプランが月額3,980円、通話SIMプランが月額4,680円ですから、これと比べてもU-mobileの安さが分かるかと思います。

しかも、3日間で一定通信量を超えた場合の速度制限もなし。

動画視聴が多いなど、データ容量を多く必要とする方にとってはありがたい料金設定です。

U-mobileのメリット4.LTE使い放題プランがある

他の格安SIMにも使い放題プランはありますが、高速通信の使い放題サービスを提供している会社は多くありません。

その中でもU-mobileのLTE使い放題プランは、価格.comで1位を獲得した人気プラン

データ専用と通話プラスがあって、

データ専用は月額2,480円(最低利用期間なし)

通話プラスのLTE使い放題は月額2,980円(最低利用期間6カ月)、LTE使い放題2は月額2,730円(最低利用期間12カ月)

この料金で、データ容量を気にせず、しかも高速で使えますから、大容量を格安で使いたいという方にはおすすめです。

U-mobileのメリット5.音楽聞き放題プランがある

U-mobileの母体は日本最大級のデジタルコンテンツ配信サービスを提供しているU-NEXTという会社です。

その会社の強みを生かしたサービスが、USEN MUSIC SIM。

先ほどご紹介した「LTE使い放題プラン」と音楽聞き放題アプリ「スマホでUSEN」がセットになったU-mobileならではのプランです。

「通話プラスLTE使い放題」でネットが高速で使い放題の上、「スマホでUSEN」で、1000チャンネル150万曲以上が聞き放題

料金も2,980円と「通話プラスLTE使い放題」単独で申し込んだ場合と同じですから、スマホで主に音楽を聴く方にはお得なプランです。

 

U-mobileのメリット6.10分以内の通話が無料

U-mobileには、通話を頻繁にする方にもお得な「U-mobile SUPER」というプランがあります。

このプランは、高速データ通信LTEと10分以内の通話かけ放題がついて

データ容量2GBで月額2,980円(最低利用期間24カ月)

データ容量6GBで月額3,980円(最低利用期間24カ月)

さらに、今なら月額料金が1年間1,000円割引になりますから、2GBの場合は1,980円で利用することができます。

格安SIMでは、3分や5分以内のかけ放題プランが多い中、10分以内が無料というのは電話をよく使う人にとっては嬉しいですね。

U-mobileのメリット7.U-NEXT Wi-Fiが無料で利用可能ユーモバイルでは、初期費用、

U-mobileと契約すると、月額料金不要でU-NEXT Wi-Fiを利用することができます。

U-NEXT Wi-Fiは、全国のカフェや駅、空港など約8万2000か所以上で利用できるWi-Fiサービスのこと。

このWi-Fiを利用しても、データ通信量はカウントされませんし、セキュリティ対策もしているので安心して利用することができます。

ただし、「U-mobile SUPER」は対象外なのでご注意ください。

U-mobileのメリット8.自分でMNPができる

U-mobileは、SIMカードが届いた時点で自分で開通手続きをすることができます。

そのため、電話が使えない期間は最長でも2時間程度。端末を使えない空白期間が短いので、とても便利です。

 U-mobileのデメリット

次はU-mobileのデメリットについてです。

 

U-mobileのデメリット1.データ通信容量を翌月に繰越できない

他の格安SIMでは繰越が当たり前になっていますが、U-mobileでは、あまったデータ容量の翌月繰越ができません

使い放題のプランが用意されているのがサービスのない理由かもしれませんが、繰越サービスのスタートを期待したいです。

U-mobileのデメリット2.高速と低速の切り替えができない

mineoや楽天モバイルなどは、アプリを使って通信速度を高速と低速で切り替えることができますが、U-mobileにはそのようなサービスやアプリがありません

自分でパケットの節約をすることができないので、データ容量は少し余裕をもって検討した方がいいかもしれません。

U-mobileのデメリット3.プランが分かりにくい

格安SIMでプランを検討する場合、

・データ専用プランと音声通話付きプランのどちらにするか

・データ容量をどうするか

・どのオプションをつけるか

大まかに言うとこの3ステップでプランが決まります。

ところが、U-mobileは、

・通常プラン(U-mobile)

・U-mobile SUPER

・U-mobile MAX

・U-mobile S

・U-mobile LTE使い放題

・U-mobile USEN MUSIC SIM

・U-mobile for iPhone

と2017年4月現在で7つものプランがあり、さらにその中がデータ容量などで細分化されているプランもあって、一体どれを選べばいいのか?特に初心者には分かりにくいかもしれません。

U-mobileのデメリット4.扱っている端末の機種が少ない

U-mobileは、すでに端末を持っている人をターゲットにしているのか、扱っている機種が極端に少なく、2017年4月現在5機種のみ。

今後増えていく可能性もありますが、端末を自由に選びたい方には物足りない品揃えといえるでしょう。

 

U-mobileの評判まとめ

 

U-mobileの魅力は、無料のお試し期間大容量プランの安さでしょう。

初心者には分かりにくい各種プランも、最大2か月のお試し期間があれば、自分にあったプランを検討できますし、データ容量25GBで3,000円以内に収まる料金も魅力的です。

また、高速LTE使い放題の料金もお手頃で、価格.comで1位を獲得したのも納得。

通話が多い方向けのプランもありますし、数が多くて分かりづらいプランもじっくり中身を検討すると自分にぴったりくるプランが見つかる可能性大です。

U-mobileの料金プランなど

次にU-mobileの料金プランなどを紹介いたします。

U-mobileの料金プラン

U-mobileの主な料金プランは以下のようになっています。

データ専用プラン 音声通話付きプラン
プラン名 容量 月額基本使用料 最低利用期間 月額基本使用料 最低利用期間
1GB 1GB 790円 最低利用期間なし
3GB 3GB 1,580円 6ヶ月
5GB 5GB 1,480円 1,980円 6ヶ月
LTE使い放題 使い放題 2,480円 2,980円 6ヶ月
LTE使い放題2 使い放題 2,730円 12ヶ月
ダブルフィックス (〜1GB) 1GB 680円  1,480円 6ヶ月
ダブルフィックス 3GB 900円 1780円 6ヶ月

このほかにも、データ容量25GBの大容量プラン「U-mobile MAX」、通話をよく使う方向けの「U-mobile SUPER」、音楽聞き放題の「U-mobile USEN MUSIC SIM」、iPhoneのサポートを充実させた「U-mobile for iPhone」などがあります。

U-mobileの通話料

U-mobileの国内通話料金は、通常 20円/30秒ですが、下記のような通話サービスがあります。

★U-mobile SUPERで、10分かけ放題

U-mobileには、「U-mobile SUPER」というプランがあります。

このプランは、高速データ通信LTEと10分以内の通話かけ放題がついて

データ容量2GBで月額2,980円(最低利用期間24カ月)

データ容量6GBで月額3,980円(最低利用期間24カ月)

さらに、今なら月額料金が1年間1,000円割引になりますから、2GBの場合は1,980円で利用することができます。

10分を超えた場合は、通常の通話料金20円/30秒となります。

★月額800円で最大60分通話OK

U-mobileには、「でんわパック60」というオプションサービスがあります。

これは、無料アプリ「U-CALL」を使って電話をすることで、最大60分の通話が月額800円で利用できるサービスです。

60分を超えた場合も、U-CALLを利用することで、通常の通話料金の半額10円/30秒で通話が可能です。

 

U-mobileの取り扱い端末

U-mobileが取り扱う機種一覧です(2017年4月11日現在)。

価格
HUAWEI Y6 15,980円
ZenFone Go 19,800円
Desire626 22,800円
DesireEYE 52,800円
Ascend G6 29,800円

 

 U-mobileのキャンペーン情報

現時点(2017年4月11日)で行っているのは、「U-mobileのメリット」の章でご紹介した下記のキャンペーンのみです。

★U-mobileトライアルキャンペーン

利用を検討している方、格安SIMに興味がある方が、無料で最大2か月間お試しができます。

・対象のサービスは、データ専用5GB(SMS機能なし)

・契約事務手数料3,000円、SIM発行手数料394円が無料

・対象サービスの月額基本使用料1,480円が最大2か月無料

・さらに、電話番号も乗り換えたい(MNP)という方は、通話機能付きプランに移行する際の契約事務手数料3000円が無料になります。

もちろん、満足できない場合は、期間中の解約は自由で手数料などの料金は一切かかりません。

対象期間:2016年11月15日~

★スーパーおトク割キャンペーン

新規でお申し込み・MNP転入で「U-mobile SUPER」を申し込むと、月額料金が1年間ずっと1,000円引きになります。

 

 その他U-mobileに関する情報

その他、U-mobileに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 なし
高速低速通信のON/OFF なし
店舗での申し込み 可能(プランによってはWEBのみで受付)
事務手数料(SIM発行手数料込み) 3,394円
MNP即日切替 あり
回線 ドコモ・Softbank
最低利用期間 テータ通信専用…なし、音声付き…あり
音声付き…6カ月~ 違約金6,000円~

 

 U-mobileの通信速度

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(9時台)、昼(12時台)、夕方(17時台)に分けて測定しております。

上り(Mbps) 下り(Mbps)
1~1.5 5~8
3~4 1
1~2 2~4

朝の下りはかなりの速さが出ていますが、そのほかの時間はそれほどの速さはありません。特に昼の下りの遅さは気になります。

ただ、U-mobileは2カ月の無料お試し期間がありますので、乗り換えを検討している方は、ご自分の環境で確認されるといいでしょう。

 

⇒U-mobileの公式サイトはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*