月額料金が安くなる格安SIMは現在何社かありますが、その中でもソフトバンクからmineoへ乗り換えを検討している人は、多いのではないでしょうか。

格安SIMに乗り換えると、高い月額料金が大幅に節約出来ることは、もうすでに皆さん知っていますね。

それでは、ソフトバンクからmineoへ乗り換える際に注意しなくてはいけないこととは?

ポイントを知っておかないと乗り換えがスムーズに行えない、損をする、など注意点がいくつかあります。

そこで今回は、ソフトバンクからmineoへ乗り換える際に、ここに注意してほしいというポイントを解説していきます。

ソフトバンクユーザーは必見です。

ソフトバンクからの乗り換えには注意するポイントがある!

ソフトバンクからmineoにMNPをする手順は次の通りです。

  1. ソフトバンクからMNP予約番号をもらう
  2. mineoへ申し込む
  3. mineoのMNP転出手続きを行う
  4. 初期設定を行う

手順の流れは簡単ですが、注意するポイントを抑えて失敗のないように乗り換えを完了しましょう。

 

スポンサードリンク




 

MNP前に確認したい注意点

MNP予約番号の有効期限は発行から15日間、これを過ぎると無効になります。

MNPでの解約日はSIMの切り替えの日になります。

余裕のある計画を立てて、ソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。

更新月を確認しよう

更新月の確認方法は色々ありますが、おススメはMy SoftBankから確認する方法です。

更新月以外で解約を行うと、違約金が発生します。

更新月以外での違約金は、ほぼどこの会社も同じで9,500円、転出費用3,000円です。

出来るだけ費用を抑えたいのであれば、更新月まで待ってからの乗り換えがベストです。

SIMフリー化は重要

ソフトバンクから販売されているスマートフォンは、SIMフリー化をしないと、通常mineoでは利用できません。

ソフトバンクのSIMロック解除の条件

SIMロック解除には以下の条件を満たしていなくてはいけません。

ソフトバンクのSIMロック解除の条件
2015年4月までに発売されたSIMロック解除対応端末であること
・解約済み製品は解約日から90日以内(本人のみ)
2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対応端末であること
・製品の購入日から101日経過していること
・解約済み製品は解約日から90日以内(本人のみ)
[購入日から100日以内でもSIMロック解除できるケース]
・2017年12月1日以降に一括払いで購入した製品。
・分割払いで購入した製品でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している場合。
ただし、ソフトバンクのAndroid端末は周波数の違いから使えない機種が多くなっていますので、しっかりと確認をしておきましょう。
ソフトバンクのiPhoneでSIMロック解除が可能な機種は下記の通りです。
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus

SIMロック解除の方法

SIMロック解除は、2つあります。

ソフトバンクショップで手数料3000円で行う方法と、MY SoftBankから自分で行う(無料)方法です。

MY SoftBankから行うには、ホーム画面>契約・オプション管理>その他のお手続き【SIMロック解除対象機種の手続き】にアクセスします。

製造番号(IMEI番号)の入力が必要になります。

製造番号(IMEI番号)と機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択し、SIMロック解除が完了となります。

次にmineoのSIMカードを入れて、SIMロック解除を完了させて下さい。

mineoのMNP転入切り替え設定を行うことも忘れないで下さい。

 

スポンサードリンク




 

ソフトバンクポイントを見逃さない

ソフトバンクポイントは解約後に失効してしまいます。

見逃してしまっては損をしますね。

ポイントは、通信料にも利用可能(1ポイント=1円)なので解約前に申請をしておくことをおススメします。

大量にポイントがある場合は、YAHOO JAPANのIDと連携してTカードに貯めることができます。

すぐに使わない場合は、Tカードにポイントを移行して下さい。

見逃しがちなことですが、ポイントが大量に貯まっていた場合には大きな損になりますから、覚えておきましょう。

mineoに申し込む時の注意点

mineoに申し込むとき、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

前にも解説しましたが、余裕のある計画を立てて下さいね。

まとめ

ソフトバンクからmineoに乗り換える場合注意するポイントをまとめました。

ソフトバンク端末をそのまま使用するにはSIMロック解除が必要なため、対応機種かどうかをしっかりと確認して下さい。

貯めていたソフトバンクポイントは使い切るか、Tカードにポイント移行しておきましょう。

mineoに乗り換えて月額料金を大幅に節約して下さい。

 

 

mineoの申し込み方法

ここではmineoの申込方法を分かりやすくお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

STEP1 SIMカードの種類の確認

STEP2 申し込みに必要なものを手元に用意する

STEP3 Webから申し込む

STEP4 SIMカード到着(申し込みからおよそ1週間)

STEP5 初期設定を行う

STEP6 ご利用開始!

大まかに言うとこのような流れになります。思ったよりも簡単に申し込むことができますよ。

 

mineo Web申込の方法

まずmineoの公式サイトにアクセスします。

 

⇒mineoの公式サイトはこちら

 

「お申込み手続きへ」をクリックし、次の画面へ。

 

「通常のお申込み」にチェックを入れて、右下の「次の画面へ」をクリック。

 

次にプランを選択します。mineoの場合auプランとドコモプランの2プランがあるので、どちらで申し込むのかを選択します。

現在お使いのキャリアと同じプランを選ぶと、SIMロック解除が不要となるので便利です。

あわせて通信のみのSIMカード(シングルタイプ)なのか、音声通話も使えるSIMカード(デュアルタイプ)なのかの選択をします。

 

次にコース(データ容量)を選択します。コースは実際に使ってみて月の途中で変更することもできます。変更手数料は無料です。

 

次に端末の購入の有無を選択します。現在お使いのスマートフォンがmineoにも対応している場合は、SIMカードを購入するだけで差し替えればすぐに使うことができます。

端末も合わせて購入する場合は「端末とSIMカードを購入する」を選択します。

 

どちらか選択したら、次に通話サービスの選択に移ります。通話サービスはオプションになります。たくさん通話もされる方であればオプションを付けておく方が安心です。何もつけない場合は「申し込まない」を選択します。

 

次にSIMカードの種類を選択します。SIMカードはサイズによって種類が違ってきますので、使う予定の端末に合ったSIMカードを選びましょう。

 

それからMNPの申込です。現在お使いの電話番号をそのまま使い続ける場合は、MNP(ナンバーポータビリティ)の手続きが必要となります。

現在契約中のキャリアでMNPの予約番号を取得します。

  • MNPの予約番号
  • 現在お使いの電話番号
  • MNP予約番号の有効期限(有効期限が10日以上残っていることを確認)

以上3点を正確に入力します。

 

続いてお支払いのクレジットカード番号や住所などの個人情報の入力に進んで、申込完了となります。ここまで入力してもおよそ10分程度です。

 

必要な書類をあらかじめ用意しておきましょう

本人確認書類

運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、顔写真付き住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、外交官等住居証明書、個人番号カード

以上の中から1点用意します。

画像をアップロードする方法で提出します。

 

クレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要です。

 

MNP予約番号

現在契約中のキャリアでMNP予約番号を取得します。

予約番号の有効期限が10日以上あることが必須です。

 

お得なキャンペーンなどのお知らせ

今なら新規でMNP(ナンバーポータビリティ)にてauプランに申し込んだ方限定ですが、とてもお得なキャンペーン実施中です。

新規ではなく、現在既にmineoのドコモプランにお申し込みの方の変更の場合でも適用されます。

条件:対象国産スマホ(DIGNO VまたはarrowsM03)を購入

期間:2017年12月26日(火)18:00まで

 

最大で何と15,000円割引になります。月額料金から毎月625円を2年間割引してくれるのです。月々の負担額がさらに安くなって、新機種が持てるのはうれしいですよね。

お得なこの機会にぜひ端末も合わせて購入しませんか?

 

まとめ

ここではmineoの申込方法について詳しくお伝えしました。

mineoの特徴は、格安スマホでありながら店舗でも相談ができる点です。設定の不安や、申し込みの時にいろいろ聞いておきたいことってありますよね。そんな悩みも店頭で解決できますよ。

Webから申し込むと1週間前後でmineoを使い始めることができて、とても便利です。対応機種も業界No.1なので、もし端末をそのまま使うのであれば、SIMカードを差し替えるだけ。最低利用期間も解約違約金もないので、ぜひ一度mineoを試してみてくださいね。

 

⇒mineoの公式サイトはこちら