UQモバイルの低速通信は意外といろんな事ができる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMは料金の安さが魅力ですが、その料金をさらにできるだけ安くしようとすると、データ容量の少ないプランを選ぶことになります。

そして、少ないデータ容量をうまく使うために便利なのが、通信速度の切り替え。

UQモバイルには「節約モード」という低速通信モードがあり、切り替え方法もとっても簡単です。

かく言う私も、データ容量最小のSプランを契約したので、普段はずっと「節約モード」のまま使っています。

この記事では、UQモバイルの節約モードを利用している私の実際の経験から、実際の速度や使い勝手などをご紹介します。

節約モードへの切り替え方法

UQモバイルで通信速度を切り替える方法は次の2つあります。

アプリを使う

UQmobileポータブルアプリを使うと、スイッチひとつで「高速モード」と「節約モード」を切り替えることができます。

ちなみに、私はこちらの方法を使っています。

データ残量も棒グラフで表示されていて、とても分かりやすくて便利です。

Web上で切り替える

UQモバイルのHPからも速度の切り替えをすることができます。

UQモバイルのHP→MyUQをタップ→UQmobileデータチャージサイトをタップ→IDとパスワードを入力してログイン→ターボ機能のON/OFFスイッチで切り替えます。

節約モードと高速モードの速度はどのくらい違うの?

UQモバイルのHPやガイドによると、UQモバイルの通信速度は

高速モード(ターボON)…受信最大 225Mbps

節約モード(ターボOFF)…受信最大300Kbps

となっています。

では、実際はどうでしょう?計測した結果は次のようになりました。

端末…iPhone6

日時…2017年6月30日8時台

【高速モード】最高データ転送速度7.10Mbps

【節約モード】最高データ転送速度335.27kbps

低速モードは、公式サイトで発表されている速度はしっかり出ています。

節約モードでLINEやメールは?

低速モード(節約モード)でも、そこそこの速度が出ているので、LINEやメールは問題なし!

画像が添付されていても、いらつくことなく受信することができました。

節約モードでインターネットを見てみたら

節約モードのまま、インターネットを閲覧してみました。

文字が主のサイトが表示されるまでの時間は3秒程度、リンクをクリックして次のページが表示されるまでに20秒程度と、高速モードより表示に少し時間がかかる印象はあります。

ただ、それほど私個人的にはそれほどストレスは感じません。

節約モードでインスタグラムは?

次にインスタグラムを起動してみました。

画像がちゃんと表示されるまでに、20秒程度かかりましたが、通信エラーなどにはなりません。

節約モードでYouTubeは?

 最後に動画サイト(YouTube)で試してみました。

YouTubeでは、動画が表示されないまま、24秒程度が経過した後、エラーメッセージが表示されました。

他のコンテンツで試したところ、再生されたものもありますが、やはり時間はかかります。

 

まとめ

低速モード(節約モード)で動画の再生をするのは、やはり厳しいものがありました。

ただ、LINEやメールの送信、文字が主のサイトの閲覧は問題がないため、私は、普段はずっと「節約モード」のままで使っていて、必要な時に「高速モード」に切り替えるようにしています。

UQモバイルのモード切り替えはアプリを使えばスイッチひとつなのでとっても簡単。

この機能をうまく使えば、データ容量はかなり節約できると思います。

ただ、この記事の動画を見て、もっとサクサク見たい!イラつく~!と感じた方は、UQモバイルには15日間の無料お試し期間もありますから、まずは自分で試してみるものいいかもしれません。
UQモバイルの申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*