格安SIMに乗り換えると、これまで使っていたキャリアメールが利用できなくなります。

メールが使えなくても、LINEやSMSがあれば大丈夫!と思うかもしれませんが、スマホを持っていない人との連絡や、ネットショッピングなどで会員登録するにはメールアドレスが必須です。

実は、UQモバイルにはメールサービスがあって、ドコモやauなどのメールと同じように使えてとても便利と評判です。

この記事では、UQモバイルのメールサービスについて、そのメリットとデメリット、設定方法についてご紹介します。

キャリアメールって何?

そもそも「キャリアメール」とはどんなメールなのでしょう?

キャリアメールとは、docomo、au、ソフトバンクなど携帯電話会社が用意している@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpといったメールアドレスのことで、携帯電話会社の契約者だけに提供される信頼性の高いメールです。

他社に乗り換えると利用できなくなるので、格安SIMに乗り換えると、ドコモ、au、ソフトバンクのメールアドレスが使えなくなるというわけです。

 

WEBメール(フリーメール)じゃダメなの?

格安SIMで、WEBメール(フリーメール)をメインアドレスとして使い始める方も多いと思います。

WEBメール(フリーメール)とは、~@gmail.com、~@yahoo.co.jpのように、各社が無料で提供するメールで、WEBメールは、無料で使えるのがメリットですが、誰でも簡単に取得できるため信用度が低くフリーメールでは会員登録などができないサイトもあります。

また、WEBメールはPCメールのため、迷惑メール対策でPCメールを受信拒否している人も多く、WEBメールでは連絡が取れなくなることもあります。

UQモバイルにはキャリアメールがある!

UQモバイルは、キャリアメールを提供している数少ない格安SIMです。

 

UQモバイルのキャリアメールのメリットとデメリットをご説明しましょう。

UQモバイルのキャリアメールのメリット

迷惑メールにならない

 

PCメールからキャリアメールへメールを送信すると、迷惑メールと識別されてしまい、相手にきちんとメールが届かないことがあります。

実は、私もUQモバイルに乗り換えた直後、@icloud.comのアドレスから友人(@docomo.ne.jp)にメールを送信して、ブロックされてしまいました。

それを避けるためには、キャリアメールの利用者が「受信設定」をする必要があります。

でも、UQmobileのメールアドレス「@uqmobile.jp」はキャリアメールに分類されるので、UQモバイルのアドレスから、ドコモやauなどのキャリアメールに送信しても、迷惑メールになることがありません。

他の格安SIMでも、mineoの「@mineo.jp」、楽天モバイルの「@gol.com」、OCNモバイルONEの「@〇〇〇.ocn.ne.jp」、BIGLOBE SIMの「@×××.biglobe.ne.jp」、NifMoの「@nifty.com」などメールサービスをしている会社が何社かありますが、これらは全てPCメール扱いになっています。

プッシュ通知できる

メールを受信する形式には、「プッシュ」と「フェッチ」2つの形式があります。

【プッシュ形式】

相手がメールを送信したと同時に、サーバーからあなたに通知があり、ほぼリアルタイムでメールを受信できる形式。

【フェッチ形式】

一定時間毎にサーバーへ「新着メールの確認」をして、新着メールがあった時に受信をする仕組みです。問い合わせの間隔は、OSによって異なりますが、5分・10分・15分・30分・1時間を設定できます。

無料で利用できるフリーメールのgmailでは、Android端末がプッシュ通知に対応していますが、iPhone端末の標準メールアプリはプッシュ通知に対応していません。

UQmobileのメールサービスは、「プッシュ」に対応しているので、リアルタイムでメールの確認ができて便利です。

(対応していない機種も一部あり)

UQモバイルのキャリアメールのデメリット

月額料金がかかる

ドコモやau、ソフトバンクのキャリアメールは、契約をするともれなくついてきましたが、UQモバイルのメールサービスは有料のオプションサービスで、月額200円の料金がかかります。

CMで流れている1,980円(イチキュッパ)など、プラン料金の中には、メールサービスの料金は含まれていませんので注意が必要です。

メールサービスが利用できない機種もある

UQモバイルのメールサービスは、ほとんどの機種で利用可能ですが、中には利用できないものもありますので、必ずに掲載されている動作確認端末一覧から、利用予定の端末のメール対応状況をチェックすることをおススメします。

動作確認端末一覧

UQモバイルのキャリアメール詳細と設定方法

UQモバイルのキャリアメールについて、詳しくご紹介しましょう。

メールの仕様

メールアドレス:○○○○@uqmobile.jp

利用料金:月額200円

自動受信可能メールサイズ:最大3MB/通

サーバー保存期間:30日間

添付ファイル:可

絵文字:可

海外での利用:不可

Wi-Fi送受信:不可

迷惑メールフィルタ:可

メールの設定方法

UQモバイルのメールアドレスはキャリアメールなので、MMS対応メールアプリでの利用となります。

MMS対応メールアプリはいくつかありますが、UQモバイルが推奨しているアプリは、は「コスモシア(CosmoSia)」です。

CosmoSiaアプリの設定方法

1.「CosmoSiaアプリ」をタップします

2.使用許諾を確認し「同意する」をタップします

3.「UQ mobile メール」をタップします

4.「許可」をタップします

5.少し待つと、登録完了の画面が表示されます。

MMSポートの設定が必要な場合

UQモバイルのキャリアメールを利用するために、アプリダウンロードだけでなくMMSの初期設定が必要な場合があります。その手順は次のとおりです。

1.SMSで、宛先に「00090010」、メッセージ欄に「1234」を入力して送信ます

2.返信がきたら、受信したSMSにメッセージのURLをタップしてアクセスし、管理画面で設定情報を確認します。

3.メニューの「設定」を開きます。

4.「モバイルネットワーク」から「高度な設定」を開きます。

5.CPA設定の「MMSC」「MMSポート」に管理画面で確認した情報を入力します。

(「MMSC」「MMSポート」の設定画面の開き方は、端末によって違います。)

UQモバイルのHPには、GALAXY Note Edge SCL24を例に挙げて説明されています。

メール設定方法

まとめ

UQモバイルは、キャリアメールが使える数少ない格安SIMのひとつなので、キャリアメールは絶対に使いたい!という方には、UQモバイルが一番のおススメです!

ただ、ドコモやau、ソフトバンクでは、別料金が発生しなかったメールサービスが、UQモバイルでは月額料金200円なので、料金取るの?ちょっと高いんじゃない?と感じる方もいるかもしれません。

メールオプションはあとから追加で申し込みが可能なので、そんな方は、まずはメールオプションを付けずに利用してみて、必要になったら申し込みするのもいいのではないでしょうか。

 

UQモバイルの申し込みはこちらから