日本から海外に国際電話をかけたり、海外旅行先でスマートフォンを利用するなどスマートフォンを利用するシーンは国内だけとは限りません。

そこで、今回は、UQモバイルの国際電話サービスや海外での利用について詳しくご説明しましょう。

UQモバイルで国内から海外へ国際電話はかけられる?

UQモバイルでは、国外へ電話をかける国際電話のサービスの利用が可能です。

UQモバイルは、au回線を利用したau系の格安SIMなので、サービス内容はauのサービスに準じたものになっています。

どのプランでも国際電話は可能?

UQモバイルで国際電話がかけられるのは、音声通話がついている「ぴったりプラン」、「おしゃべりプラン」、「データ高速+音声通話プラン」、「データ無制限+音声通話プラン」の4つのプランです。

ぴったりプランは何度でも5分かけ放題、おしゃべりプランは無料通話がついていますが、どちらも対象になるのは国内電話のみで国際電話は別料金になるのでご注意ください。

プラン名 国際電話
ぴったりプラン

(プランS・M・L)

おしゃべりプラン

(プランS・M・L)

データ高速プラン ×
データ高速+音声通話プラン
データ無制限プラン ×
データ無制限+音声通話プラン

UQモバイルでの国際電話のかけ方

UQモバイルで、国内から海外へのダイヤルの仕方は次のとおりです。

「010」→ 国番号 → 相手先番号

相手先電話番号が「0」で始まる場合は、「0」を除いてダイヤルします。ただし、イタリアの一般電話にかける場合は「0」が必要です

また、「010」のかわりに「001-010」または「005345」をダイヤルしても利用できます。

たとえば、韓国に電話をする場合

韓国の国番号…82

相手先の電話番号…02×××××××

「010」+「82」+「2×××××××」をダイヤルすることになります。

※国番号はこちら→国番号一覧

UQモバイルの国際電話料金

気になる通話料は下表のとおり地域によって異なります。

なお、先ほどもご説明しましたが、ぴったりプランの「5分かけ放題」、おしゃべりプランの「無料通話」は国内電話のみで国際電話は別料金になります。

発信先 料金(免税)
北米、オセアニア(オーストラリア、グアムなど) 20円/30秒
東アジア(中国、韓国、台湾、香港など) 55円/30秒
ヨーロッパ、東南アジア(フィリピン、タイ、ベトナムなど)オセアニアの一部 65円/30秒
アフリカ 85円/30秒
中南米 95円/30秒

※国ごとの詳細はこちら→国際電話料金一覧

UQモバイルで国内から海外へSMSはできる?

UQモバイルでは、海外へSMSを送信することも可能です。

国際SMSの利用方法

海外へSMSを送信する場合の手順は次のようになります。

1.SMS作成画面を表示します。

2.あて先を入力します。あて先の入れからは国際電話の時と同じです。

「010」→ 国番号 → 相手先番号

3.本文を入力します。(※半角160文字、全角70文字まで (端末により送信可能文字数は異なります。))

4.送信します。(※国際SMSは必ず蓄積となります。「蓄積しますか?」が表示された場合は、「はい」を選択して送信します)

国際SMSの料金

SMSの料金は、国内のSMSの場合は、1通3円~ですが、国際SMSの送信料は、国内発・海外発とも1通100円(免税)となります。

なお、受信料はかかりません。

UQモバイルは海外で使える?

次に、海外でUQモバイルを利用可能かどうか確認してみました。

国際ローミング対応機種であれば、UQモバイルを海外で使うことが可能です。

その詳細についてご説明しましょう。

国際ローミングって何?

国際ローミングとは、日本のキャリア(au、ソフトバンク、docomo)の電波が届かない海外に行ったときに、それぞれの会社が提携している現地の携帯会社の電波を使って通信を行う機能のことです。

特別なプランを申し込む必要もなく便利ですが、通話料が普段よりも高額になったりする場合があるので注意が必要です。

使えるのは音声通話とSMSのみ

UQモバイルの国際ローミングで利用できるのは、音声通話とSMSのみで、データ通信はできません。

LINEができれば大丈夫!と思っている方は要注意。LINEはWi-Fi環境があればつながりますが、国際ローミングでは利用できませんので、ご注意ください。

また、契約しているプランが「データ高速プラン」「データ無制限プラン」の場合は、音声通話は利用できません。

海外で通話した場合の通話料金

海外で通話した時の通話料も地域によって異なります。

主な通話料金は下表のとおりですが、電話を受けた(着信)の場合も料金がかかりますのでご注意ください。

渡航先から発信 渡航先で着信した場合
渡航先での国内電話 日本への国際電話 日本以外への国際電話
アメリカ本土

(アラスカ、ハワイを含む)

120円/分 140円/分 210円/分 165円/分
韓国 50円/分 125円/分 265円/分 70円/分
ドイツ 80円/分 180円/分 280円/分 110円/分

対応エリアと料金表の詳細はこちら→対応エリア・料金表

国際SMSの料金(海外発)

海外から送信したSMSの料金は、国内発の場合と同じで1通100円(免税)で、受信料はかかりません。

 国際ローミングをするための準備

事前確認事項2

国際ローミングを利用する前に、次の2点を確認しておくことをおススメします。

1.ローミングエリア情報の更新

海外で利用予定の端末で、ローミングエリア情報の更新をします。

日本国内で「*5050」に電話発信

→「ローミングエリアの更新を承りました。このお電話をお切りになってお待ちください」というメッセージが流れるので電話を切ってしばらく待ちます

→「au ICカードのデータ更新が完了しました」の表示が出ます

→「了解」をタップ

→電源を一度オフにしてから再起動します。

2.利用予定の端末が渡航先で接続可能か確認

端末によっては、渡航先の通信会社で利用できないこともあります。下記の方法で事前に確認をしておきましょう。

【auが販売した端末の場合】

「au世界サービス」にアクセス→エリア・国名の順に選択→自分が使用する機種名を入力

→利用の可否が「○」「×」で表示されます

【SIMフリー端末の場合】

SIMフリー端末を使用する場合は、SIMフリー端末の対応周波数帯を調べて、渡航先の通信会社の周波数帯が利用できるのかを別途調べる必要があります。

海外設定をオンにする

出発前に、国際ローミングができるようローミング機能をオンにします。(端末によって設定方法が異なります)

【iOSの場合】

「設定」→ 「モバイルデータ通信」 → 「モバイルデータ通信のオプション」 →「ローミング」 → 「音声通話ローミング」をオン→「データローミング」をオンにします

【Androidの場合】

「設定」→無線とネットワーク「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「ネットワークモード」→「自動」→「データローミング」をオンにします

UQモバイルの国際電話・海外利用の注意事項

UQモバイルで国際電話をかけたり、海外で利用する際の注意事項をまとめてみました。

無料通話の対象外

国際電話は、ぴったりプランの「5分かけ放題」、おしゃべりプランの「無料通話」の対象外です。

国際電話を利用した場合は、別途料金がかかってきますのでご注意ください。

海外ではデータ通信は利用できない

UQモバイルは、特別な申し込みをしなくても国際ローミングを使うことができます。

ただ、国際ローミングで利用できるのは、音声通話とSMSのみで、データ通信はできません。

国際ローミングではLINEは使えません

LINEはデータ通信網を利用しているので、データ通信ができない海外ではLINEのメッセージ送受信も通話機能も使うことができません。

どうしてもLINEを利用したい場合は、ホテルなどの無料Wi-Fiを使うとよいでしょう。

高額請求に注意

国際電話も海外ローミングの利用に関しても、UQモバイルでは限度額の設定がありません。

利用できるのは便利ですが、国内と同じ感覚で利用すると請求額が高額になってしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

UQモバイルでは、国内から海外へ国際電話をかけたり、海外旅行先でも音声通話やSMSを利用することができます。

特別な申し込みをしなくても利用できてとても便利ですが、無料通話の対象になっていなかったり、限度額の設定がないため、注意しないと高額請求につながる可能性もあります。

利用にあたっては利用時間などにも十分注意し、海外では可能な限りホテルなどの無料Wi-Fiを利用することをおススメします。

UQモバイルの申し込みはこちらから