nuroモバイル(ニューロモバイル)は、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するMVNOです。

nuro モバイルは1GB刻みのシンプルなプランの他、時間単位で使える珍しいプランもあり、MMD研究所が行った「2017年3月格安SIMサービスの満足度調査」の「コストパフォー マンスの高さ」項目で1位を獲得しました。

今回は、そんなnuro モバイルの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

nuro モバイルのメリット

まずは、nuro モバイルのメリットについて紹介します。

nuro モバイルのメリット1.2GB~10GBまでGB刻みの分かりやすいプラン設定

格安SIM各社のプランは、ほとんどが3GB、5GB、7GB…と2GB~3GB刻みが多いのですが、nuroモバイルは、1か月のデータ容量が2GB~10GBまで1GB刻みで9プランあります。

また、無料でデータ容量の変更が可能なので、使い始めてから自分の使い方にぴったり合ったデータ容量にすることができます。

また、他の格安SIMのように〇〇割といった設定がない分、支払うべき料金がとてもシンプルで分かりやすくなっています。

nuro モバイルのメリット2.時間プランがある

nuroモバイルは、格安SIMにはめずらしく、時間プランがあります

毎日5時間までの1プランだけですが、1日5時間は高速通信が使い放題なので、決まった時間だけ高速通信ができればいい、1日のうち高速通信は5時間で十分という方にはとても便利です。

また、高速通信への切り替えは自動で行われ、利用者が操作する必要はありません。

nuro モバイルのメリット3.翌月繰越やパケットギフトがある

nuro モバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスの他、パケットギフトというオプションがあります

パケットギフトは、使い切れずに余ったデータ容量を他のユーザーにプレゼントできるサービスです。

家族だけでなく、ユーザー同士であれば誰にでもプレゼントのやり取りができるので、データ容量がムダにならず、ありがたいサービスです。

nuro モバイルのメリット4.「noroモバイルでんわ」で国内も海外も30秒10

「nuroモバイルでんわ」というアプリから電話をすると、通常の電話料金30秒20円が30秒10円、半額になります。

また、国際電話も32か国一律30秒10円でかけられるので、海外留学中のお子さんがいる方など海外へ電話をかける機会が多い方は割安になります。

nuro モバイルのメリット5.5分かけ放題オプションがある

nuro モバイルには、かけ放題オプションもあります。「noroモバイルでんわ」アプリの利用で通話料金は半額になりますが、「5分かけ放題オプション」は、月額800円で5分以内の通話が無制限でかけられますので、通話時間が少し長くなったり回数が多い方にはおススメです。

nuro モバイルのデメリット

次はnuro モバイルのデメリットについてです。

nuro モバイルのデメリット1.追加データチャージの料金設定が高い

nuroモバイルの料金プランは、1GBごとに細かく設定されていますが、他の格安SIMと同様、データ容量が足りなくなった場合は、追加でデータチャージすることも可能です。

ただ、そのチャージの料金設定は、100Mチャージが、DMMモバイルでは200円、BIGLOBE SIMでは300円に対し、nuroモバイルは400円と少々高くなっています。(500MBは600円、1GBは1,000円)

nuroモバイルでは、データ容量を追加すると高くついてしまうので、パケットギフトやプランの変更をうまく使ってデータの追加をしなくても済む工夫が必要かもしれません。

nuro モバイルのデメリット2.速度の切り替えができない

nuro モバイルでは、通信速度を高速と低速で切り替えることができません

メールやLINEなど、高速のスピードが必要ない時に低速に切り替えが可能だとデータ容量の節約になりますが、nuro モバイルにはそのようなアプリや機能がありません。

1日5時間の時間プランでも、高速と低速の切り替えは利用者本人ではなく、nuroモバイル側のシステムが自動で行います。

自分で切り替えができないのは、データ容量の節約や時間プランでの時間節約ができないので不便です。 

nuro モバイルのデメリット3.通信使用量によっては通信速度制限がかかる

nuroモバイルでは、1か月のデータ容量上限に達した場合以外に、3日間でのデータ通信量が規定量に達した場合にも通信速度制限がかかります

具体的なデータ通信量は公表されていませんが、動画などデータ容量を多量に消費すると、通信速度制限にひっかかってしまい、低速通信になる可能性があるので注意が必要です。

nuro モバイルの評判まとめ

nuro モバイルの特徴は、2GB~10GBまで1GB刻みで細かくわけられたプラン設定時間プランがあることでしょう。決まった時間だけ利用するという方には、データ容量を気にせずに使える「時間プラン」は使いやすいのではないでしょうか。

また、nuroモバイルはプランだけでなく、公式HPもとても分かりやすくてシンプルです。

トップ画面で、「データ容量」→「SMS・通話」→「スマホ」それぞれ希望する内容のボタンを押していくと、画面下に月額料金が表示され、そのまま申し込みができます。

キャンペーンなどで割引があるのは嬉しいですが、実際の料金がいくらになるのか分かりづらいサイトも多い中、nuroモバイルは簡単で分かりやすいのでHPからも安心して申し込みができそうです。

ただ、追加データチャージの料金設定が高いなど不便な点もありますし、キャンペーンを活用して、出来るだけ初期費用や料金を抑えたいと思っている方には向かない格安SIMかもしれません。

 nuro モバイルの料金プランなど

次にnuro モバイルの料金プランなどを紹介いたします。

nuro モバイルの料金プラン

nuro モバイルの主な料金プランは以下のようになっています。

★nuro モバイル月額基本料金

データプラン SMSプラン 音声通話プラン
2GB 700円 850円 1,400円
3GB 900円 1,050円 1,600円
4GB 1,100円 1,250円 1,800円
5GB 1,300円 1,450円 2,000円
6GB 1,500円 1,650円 2,200円
7GB 1,700円 1,850円 2,400円
8GB 1,900円 2,050円 2,600円
9GB 2,100円 2,250円 2,800円
10GB 2,300円 2,450円 3,000円
5時間/日 2,500円 2,650円 3,200円

 nuro モバイルの通話料

nuro モバイルの通常の通話料は30秒20円ですが、以下のオプションサービスがあります。

★「noroモバイルでんわ」

「nuroモバイルでんわ」というアプリから電話をすると、通常の電話料金30秒20円が30秒10円、半額になります。国際電話も32か国一律30秒10円でかけられます。

ので、海外留学中のお子さんがいる方など海外へ電話をかける機会が多い方は割安になります。

★「5分かけ放題」オプション

nuro モバイルには、かけ放題オプションもあります。

「5分かけ放題オプション」は、月額800円で5分以内の通話が無制限でかけられます。

5分を超えた場合は、30秒10円となります。

nuro モバイルの取り扱い端末

価格
ASUS ZenFone 3 1,500円×24回
VAIO PhoneA 1,000円×24回
ASUS ZenFone 3Max 800円×24回
富士通arrows M03 1,300円×24回
SHARP AQUOS ケータイSH-N01 1,000円×24回

 nuro モバイルのキャンペーン情報 

nuro モバイルで現在(2017年4月27日)行っているキャンペーンはありません。

 その他nuro モバイルに関する情報

その他、nuro モバイルに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 あり
高速低速通信のON/OFF なし
店舗での申し込み あり
初期費用 3,000円
MNP即日切替 なし
回線 ドコモ
最低利用期間 音声通話プラン

12カ月

違約金最大12,000円1か月ごと1,000円ずつ減額(11カ月利用して解約すると1,000円)

 nuro モバイルの通信速度

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度を朝(8時台)、昼(12時台)、夜(20時台)に分けて測定しております。

下り(Mbps)
4
1
1

nuroモバイルの通信速度は、あまり速いとは言えません。

最速が4Mbps程度でしかも朝に出た数値です。一番使う頻度が多い夜の速度が遅く、動画の視聴や画素数の多い画像の再生にはストレスを感じるかもしれません。