NifMo(ニフモ)は、インターネットプロバイダーのニフティが運営している格安SIMです。

2015年に続き2016年も「オリコン日本顧客満足度 ランキング MVNO(スマホ)」で第1位を受賞するなど優秀な格安SIMとその実力が評価されています。

今回は、そんなNifMoの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

 

⇒Nifmoの公式サイトはコチラ

 

NifMoのメリット

 

まずは、NifMoのメリットについて紹介します。

NifMoのメリット1.NifMoバリュープログラムでスマホ料金が安くなる

NifMo バリュープログラム、「NifMoバリュープログラム」アプリを使って、対象店舗での買い物・食事や、簡単なアンケートに答えるだけで、NifMoの利用料金が割り引かれるサービスです。

Yahoo! ショップや東急ハンズネットストア、ZOZOTOWNなど、百貨店からファッション、家電、雑貨、グルメ、旅行などを提携ショップはかなり多く、普段利用する買い物を「NifMoバリュープログラム」経由でするだけで割り引き額がゲットできるので便利です。

また、アプリをダウンロードするだけで11円割引や無料サイトへの登録で600円割引など買い物をしなくても割り引き額を手に入れる方法もありますから、安い格安SIM代金をさらに安くできる可能性大です。

NifMoのメリット2.全プラン利用開始日の基本料金が無料

利用開始月のNifMo基本料金(データ通信プラン料+契約タイプ料)は無料となります。

全プランが対象なので、例えば、音声通話対応SIM13GBを月初めに契約した場合は、月額3,500円が0円になります。

なので、契約をする場合は、月初めがお得ということになります。

 NifMoのメリット3.月額定額で電話かけ放題

IP電話サービスである「NifMoでんわ」アプリを使うと、月額1,300円で、国内電話がかけ放題になります。

時間や料金を気にせずに通話をすることができるので、家族や友人と長い時間電話をしても安心です。

また、NifMoでんわアプリは、スマートフォンに登録済みの電話帳や着信記録と自動的に同期するので便利です。(※着信履歴の取り込みはAndroid版のみ)

なお、月額2,700円国内に加え海外への通話もかけ放題になります。

 NifMoのメリット4.「NifMoファミリープログラム」で家族でお得に使える

NifMoでは、2016年9月に「NifMoファミリープログラム」がスタートしました。

「NifMoファミリープログラム」は、1つの親ID会員に複数の子IDを紐づけることができるプログラムで、「支払のまとめ」「ファミリーおまとめボーナス」「シェアプラン」の利用が可能です。

支払いをまとめることで家族のスマホ料金を管理しやすくなりますし、「ファミリーおまとめボーナス」は、親ID会員と子ID会員全員に0.5GBずつ毎月プレゼントしてくれるという嬉しい特典です。

また、他の格安SIMでもシェアプランはありますが、NifMoの「シェアプラン」はシェアするかしないかを選ぶことができるので、子ID会員のうち、お母さんはシェア、子どもはシェアしないといった選択が可能です。

 

NifMoのメリット5.バースト機能がある

NifMoには低速時の通信環境をよくするための「バースト機能」があります

バースト機能とは、高速データ通信量の残量がなくなった場合や、高速データ通信をOFFに設定している場合でも、はじめの一定量(150KB)まで高速通信で利用が可能です。

バースト機能が働くとすぐに読み込みが完了し、データ容量が小さいサイトやSNSはストレスなく利用することができます。

 NifMoのメリット6.余った高速通信容量を翌月に繰り越せる

NifMoでは、使い切らなかった月間データ通信量が翌月末まで繰り越すことができます

通信容量は、「繰越容量」「データおかわり0.5GB」「各データ通信プランの月間基本容量」の順に消費されるので、繰り越したデータ容量がムダになることはありません。

 NifMoのメリット7.自分でMNPができる

一般的な格安SIMは、MNPの切替えをしてからSIMカードが届くまで数日かかり、その期間は電話を使うことができません。

しかし、NifMoは、SIMカードが届いた時点で自分で開通手続きを行うことができるので、電話がつながらない時間が短くてすみ、快適に乗り換えをすることができます。

NifMoのメリット8.公衆Wi-Fiスポットが無料で利用可能

NifMoは、ソフトテレコムによる公衆Wi-Fiスポットである「BBモバイルポイント」無料で使うことができます

BBモバイルポイントは、JR駅構内や空港、カフェ、ファストフード店などにアクセスポイントがあって、利用するには、My NifMo / NifMoコネクトアプリから接続することになります。

ワイヤレスゲートに比べるとアクセスポイントは少ないですが、外出先で無料でWi-Fiが使えると、データ容量の節約になるのでありがたいサービスです。

NifMoのメリット9.「NifMo訪問レクチャー」で初心者も安心

NifMoには「NifMo訪問レクチャー」というオプションサービスがあります。

「NifMo訪問レクチャー」は、NifMoのスマホが届いた後、「スマホの接続、設定、操作方法」などを自宅まで来て説明してくれるというサービスです。

月額480円かかりますが、24カ月以内であれば、60分まで追加料金なしで利用することができますから、スマホや格安SIM乗り換え初心者には心強いサービスです。

 

NifMoのデメリット

次はNifMoのデメリットについてです。

 

NifMoのデメリット1.高速と低速の切り替えができない

格安SIMでは、アプリなどを使って、高速と低速の速度の切り替えをして、データ容量の節約ができるところが増えていますが、NifMoではその切り替えができません

大きなデメリットではありませんが、データ容量に余裕がなくなったときには便利なので導入を期待したいですね。

 NifMoのデメリット2.公式サイトから申し込めない1.1GBプラン

NifMoの公式サイトで紹介されているNifMoのプランは、3GB、7GB、13GBの3つのみです。

ところが、公式HPでは案内されていない1.1GBプランが存在します。

キャンペーンサイト限定で案内されているので「限定の裏プラン」といった位置づけなのでしょうか。

この限定プラン(1.1GBプラン)から3GB・5GB・10GBプランに変更することはできますが、3GB・5GB・10GBプランから1.1GBプランへの変更はできません

また、キャンペーンの対象にはならないので注意が必要です。

 NifMoのデメリット3.プランが少ない

NifMoのプランは、裏プランを含めても4つしかなく、他の格安SIMに比べるとプラン提供が少ないです。

例えば、DMMモバイルは1GB・2GB・3GB・5GB・7GB・8GB・10GB・15GB・20GBと9つものプランが用意されていますが、NifMoは1.1GB、3GB、7GB、13GBの4つのみ。1.1GBは公式サイトには掲載されていませんから、申し込みがしにくく、実質的にはプランは3つ。

最初から大容量必要としている方や3GBでは多いという方には向かないかもしれません。

 

NifMoの評判まとめ

 

NifMoの特徴は「NifMoバリュープログラム」でしょう。

ショッピングやアプリのインストール、アンケートに答えることで料金が割引になるので、ポイントを貯めるのが好き方、コツコツし作業が苦にならない方にとっては、楽しみながら割引がゲットできるいいプログラムです。

また、月額1300円で誰とでも国内通話がかけ放題になりますので、通話時間が長い方は毎月の料金をかなり節約できそうです。

また、月額2,700円で国内に加え海外への通話もかけ放題になるので、頻繁に海外通話をする方はこちらのプランもおススメです。

 

 NifMoの料金プランなど

次にNifMoの料金プランなどを紹介いたします。

 NifMoの料金プラン

NifMoの主な料金プランは以下のようになっています。

データ通信のみ SMS機能付き 音声通話機能付き
1.1GBプラン 640円 790円 1,340円
3GBプラン 900円 1,050円 1,600円
7GBプラン 1600円 1,750円 2,300円
13GBプラン 2,800円 2,950円 3,500円

 NifMoの通話料

NifMoの国内通話料金は、通常 20円/30秒ですが、下記のようなオプションサービスがあります。

★「かけ放題」サービス

「NifMoでんわ」アプリを使うと、月額1,300円で、国内電話がかけ放題になります。

時間や料金を気にせずに通話をすることができるので、家族や友人と長い時間電話をしても安心です。

また、月額2,700円で国内に加え海外へもかけ放題になります。

NifMoの取り扱い端末

NifMoが取り扱う機種一覧です(2017年4月18日現在)。

価格
富士通arrowsM03 35,556円
HUAWEI nova 33,334円
HUAWEI nova lite 18,889円
ZenFone 3 Max(ZC553KL) 26,667円
ZenFone 3 Max(ZE520KL) 37,778円
ASUS ZenFone3 Laser 26,667円

 NifMoのキャンペーン情報 

NifMoで現在(2017年4月18日)やっているキャンペーンは以下のとおりです。

★NifMo格安SIMおトクにスタートキャンペーン

特設ページからの申し込みで

特典1.キャッシュバック最大15,000円

特典2.NofMo基本料金が再生3か月無料(利用開始月+2か月)

になるキャンペーンです。

キャッシュバック金額は、データ専用とSMS対応タイプが全プラン(1.1GBをのぞく)3,000円。音声通話対応タイプの3GBと7GBが5,000円。13GBタイプが15,000円です。

キャンペーン期間:2017年5月31日まで

★川崎フロンターレウイニングキャンペーン2017

2017年明治安田生命J1リーグで川崎フロンターレが勝利すると

特典1.NifMoバリュープログラムから「サポータ登録」を行った方に1試合につき20円割引

特典2.サポータ登録の上、ホームスタジアムで応援&勝利すると、さらに80円引きになるキャンペーンです。

ニフティは川崎フロンターレの公式スポンサーなので、このキャンペーンを実施しているのですが、川崎フロンターレファンにとっては、勝利と割引でダブルに嬉しいキャンペーンですね。

キャンペーン期間:2017Jリーグ開催期間

★おさがりスマホキャンペーン

端末の買い替えなどで使わなくなったスマホを、家族のNifMoデビューに使用すると、端末を譲った方のNifMo利用料金が5,000円割引されます。

の時に期間中にSIMカード追加の手続きを行った場合に、SIM追加手数料1枚当たり2,000円が0円になります。

キャンペーン期間:2017年2月21日~2017年4月30日

★3万円分のホニャララ家手当プレゼントキャンペーン

キャンペーン期間中に新規でNifMoにお申し込み、応募専用フォームでキャンペンに応募すると抽選で各コース5名、合計15名に下記のプレゼントが当たります。

Aコース:旅行で団らんコース(3万円分のJTB旅行券)

Bコース:満腹グルメコース(3万円分のジェフグルメカード)

Cコース:お買い物満喫コース(3万円分のJTBギフトカード)

キャンペーン期間:2017年2月1日~2017年4月30日

その他NifMoに関する情報

その他、NifMoに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 あり
高速低速通信のON/OFF なし
店舗での申し込み あり
初期費用 3,000円
MNP即日切替 あり
回線 ドコモ
最低利用期間 6カ月

違約金8,000円

 

NifMoの通信速度

 

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(9時台)、昼(12時台)、夕方(17時台)に分けて測定しております。

上り(Mbps) 下り(Mbps)
12以上 10以上
10以上 1
4~5 10以上

NifMoは、1日を通して満足のいくスピードがあると言えます。

昼の下りをのぞいては、ほとんどの時間帯が10Mbpsのスピードというのは、かなり優秀といっていいのではないでしょうか。

大手プロバイダーニフティの安心感と安定したスピード、さらにNifMoならではの割引プログラムを備えていることを考えると、「オリコン日本顧客満足度 ランキング MVNO(スマホ)」で第1位を2年連続受賞したのも納得です。

 

⇒Nifmoの公式サイトはコチラ