mineo(マイネオ)は、(株)ケイ・オプティコムという関西電力系列の大手電気通信会社が運営するMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

多くのMVNOが、3つのキャリア(ドコモ・au・Softbank)回線のどれか1つを借りて運用しているのに対して、mineoは、ドコモとauの2社回線を使えるマルチキャリアサービスを日本で初めてスタートさせた事業者でもあります。

そんなmineo(マイネオ)のメリット・デメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

 

⇒mineoの公式サイトはこちら

 

Contents

mineo(マイネオ)のメリット

まずはmineo(マイネオ)のメリットについて紹介します。

mineo(マイネオ)のメリット1.マルチキャリア対応でドコモとauが選べる

mineo(マイネオ)は、ドコモとauの両方の回線を使用する事業者です。

ドコモやauで使っていた端末をそのまま使用することができますから、親はドコモ、子どもはauと別々のキャリアを使っていたご家族も、端末はそのままでmineoへの乗り換えが可能です。

もちろん、端末とのセットプランもあって、ドコモかauどちらの回線を使うか自分で選ぶこともできます。

ちなみに、現在、au回線を使っている格安SIM会社は、mineoの他、UQ mobile、IIJmio、Fiimoの4社です(2017年4月現在)。

 mineo(マイネオ)のメリット2.メールアドレスがもらえる

格安SIMの会社のほとんどは、メールアドレスの発行をしていませんが、mineoに加入すると、「mineo.jp」というメールアドレスが貰えます。

しかも、利用料は無料!

キャリア(ドコモ、au、Softbankなど)から格安SIMに変更した場合、これまで使っていたキャリアのメールアドレスは使えなくなってしまいますから、SMSやLINEがあっても、メールアドレスが無料で貰えるのはありがたいですね。

 mineo(マイネオ)のメリット3.繰り越したパケットを分けあえる

mineo(マイネオ)は、契約したデータ容量を使いきれなかった場合、翌月に限って繰り越すことができます。

さらに、その繰り越したデータ容量(パケット)を、家族間(同じ契約者の回線)で分け合える「パケットシェア」というオプションサービスがあります。

シェアできるのは最大5回線までで、登録は無料。

家族一人ひとりではなく、家族全体でデータ容量を考えることができるので、料金も節約できるので魅力的なサービスです。

 mineo(マイネオ)のメリット4.友人や同僚とも分けあえる「パケットギフト」

パケットシェアは、同じ契約者の回線の間でしか利用することができませんが、mineoには、mineoユーザー同士でパケットをやりとりできる「パケットギフト」というサービスもあります。

パケットギフトは、mineoユーザーであれば、離れて暮らす家族や友人、同僚などともやり取りしあえるのでとても便利。

自分のパケットを他のユーザーにあげたり貰ったりできるサービスはmineo以外にありません。

 mineo(マイネオ)のメリット5.誰とでも分けあえる「フリータンク」「チップ」

mineoには、パケットに関するサービスがまだあります。

それが「フリータンク」と「チップ」

フリータンクは、mineoユーザー全員の共有パケット貯蔵庫のようなもので、パケットが使いきれそうもなかったら貯蔵庫に入れ、足りないときはその貯蔵庫から貰うという仕組みです。

引き出せる容量は最大1GB。パケットをタンクに入れる時はもちろん、貰う時も料金は一切かかりません。

つまり、フリータンクを最大限活用すれば、お金をかけずに1GBの高速通信容量を追加できるのです!

そして、2015年12月から新たに加わったサービスが「チップ」

これは、全国のmineoユーザー同士やmineoスタッフと交流ができるファンサイト「マイネ王」の投稿やコメントに対して、「いいね!」や「Nice!」の感覚でパケットをプレゼントする機能です。

チップは1回につき10MB、自分のパケットを相手にプレゼントできます。

有益な情報を提供したらチップが貰えたり、感謝の気持ちをしっかり相手に届けることができる、mineo独特のちょっぴり楽しいサービスです。

 mineo(マイネオ)のメリット6.5分以内かけ放題サービスがスタート

2017年3月から、mineoでは5分以内の国内通話が何度でも無料になる「5分かけ放題サービス」がスタートしました。

料金は850円(税抜)。

このサービスが新たにスタートしたことで、mineoの音声通話サービスがより充実しました。

 mineo(マイネオ)のメリット7.複数回線割や家族割

mineoには、複数回線契約した場合や家族で契約した場合に、それぞれの回線から月額の基本料金が50円割り引かれる「複数回線割」や「家族割」のサービスがあります。

たった50円と思っても、毎月のことですから積もり積もればそれなりの金額になりますから、ご家族で格安simに切り替えの検討を考えている方には、ありがたい割引サービスではないでしょうか。

 mineo(マイネオ)のメリット8.最低利用期間や違約金なし

キャリアのスマホの契約は2年縛りがあって、契約更新期間以外に解約すると違約金が発生します。

その違約金の高さから乗り換えをあきらめてしまう方も多いようです。

mineoでも、以前は最低利用期間や解約清算金の設定がありましたが、現在は、その両方が撤廃され、いつでも解約が可能です。

ただし、利用開始月から12カ月以内はMNP転出手数料が11500円かかりますのでご注意ください。

 mineo(マイネオ)のメリット9.充実のサポート、実店舗もあって安心

mineoの魅力は、そのサポート体制にもあります。

そのうちのひとつが、オンラインチャット。

契約前の相談にも乗ってくれますし、受付時間は9時から21時、年中無休なので、契約後なにかトラブルがあっても安心です。

また、格安SIM会社にはめずらしく、mineoには実店舗があります。mineoショップは全国で5店舗(2017年4月現在)。そのほか、量販店の中やパソコン専門店の中に、販売店やサポート店が全国にありますから、WEBでの手続きが不安な方は店舗で相談するといいでしょう。

mineo(マイネオ)のメリット10.ファンのコミュニティサイト「マイネ王」

全国のmineoユーザー同士やmineoスタッフと交流ができるファンサイト「マイネ王」には、mineoのお役立ち情報や企画をスタッフが投稿する「王国通信」や、スマホのトラブルや疑問を相談できる「王国教室」などがあります。

スマホの操作で何かトラブルや疑問が出た時、mineoの場合はWEB検索しまくらなくても、「マイネ王」をのぞくだけで解決するかもしれません。

 mineo(マイネオ)のメリット11.エントリーパッケージの利用で手数料節約

「mineoエントリーパッケージ」を事前に購入することで、申し込みの際、契約事務手数料が不要となります。

定価が3,240円の「mineoエントリーパッケージ」は、オンラインショップや家電量販店、mineoサポート店などで購入することができますが、Amazonでは3240円が909円、ヨドバシ.comでは1,000円(2017年4月現在)など、その割引率はさまざまです。

つまり、厳密にいうと、契約事務手数料が無料になるわけでなく、「mineoエントリーパッケージ」代金と本来かかる契約事務手数料3,240円との差額分だけ初期費用が安くなるというわけです。

エントリーパッケージを利用した場合は、店舗での契約ができないこともあるので注意は必要ですが、初期費用を安く抑えられるのは魅力的です。

 mineo(マイネオ)のメリット12.専用アプリで速度切り替えが可能

mineoの専用アプリ(mineoスイッチ)を使うと、通信速度の切り替えが可能です。

低速でも問題がないアプリは低速モードにし、動画を視聴するときなど高速崇信が必要な時だけ高速に切り替えると、パケットを効率よく使うことができます。

 mineo(マイネオ)のメリット13.持込み端末安心保証サービス

mineoには、「持込み端末安心保証サービス」は、持込んだ端末の保証をしてくれるサービスです。

月額500円かかりますが、mineoで購入した端末でなくても、落下や水没などを2年目まで無料で修理してもらえます。

 

スポンサードリンク

 

 mineo(マイネオ)のデメリット

次はmineo(マイネオ)デメリットについてです。

mineo(マイネオ)のデメリット1.大容量プランがない

楽天モバイルなどの格安SIM会社では、データ容量が30GBまで用意されているのに対して、mineoは10GBのプランまでしかありません

オンライン動画を視聴する時間が長かったり、SNSをよく利用する方には10GBでは少ないかもしれません。

 mineo(マイネオ)のデメリット2.格安スマホの種類が少ない

mineoには、ASUSやHUAWEI、国産では富士通のスマホがラインアップの中心で、楽天モバイルやIIJmioにあるnova liteやMate 9、AQUOS SH-M04のような高性能機は選べません

格安スマホの品ぞろえに関しては、mineoは他より少し劣るかもしれません。

 mineo(マイネオ)のデメリット3.格安スマホ専用の料金プランがない

楽天モバイルなどで特定の端末を購入して契約をする場合、その端末専用の料金プランがありますが、mineoにはそういった格安スマホ専用のプランがありません。

通常の料金設定に端末代金が上乗せされる感じなので、専用プランがある会社で同じ端末を使用する場合と比較すると少し割高になります。

 

スポンサードリンク

 

 mineo(マイネオ)の評判まとめ

mineo(マイネオ)は、価格.comの「価格.com 満足度ランキング2016 格安SIM部門」で堂々の第1位を獲得しただけあって、フリータンクなどそのサービスには独自性があります。

そして、満足度が高い大きな理由は、やはりサポート体制の充実ではないでしょうか。初めて格安simにする人にとって、気軽にチャットで相談できたり、他のユーザーの書き込みが見られるのは心強いことです。

格安SIMへの乗り換えを迷っている方は、まずmineoを検討してみてもいいかもしれません。

ただし、最低利用期間は撤廃されましたが、12カ月以内にMNPで他社に変更するとMNP転出手数料が11,500円かかるのでご注意ください。

 

 

 mineo(マイネオ)の料金プランなど

次にmineo(マイネオ)の料金プランなどを紹介いたします。

 mineo(マイネオ)の料金プラン

mineoは、ドコモ回線とau回線、どちらのプランを選ぶかによって少し料金が変わります。

ドコモプランでは、+700円で音声通話付きに、auプランでは+610円で音声通話付きになります。

また、ドコモプランで、データ通信のみを選択した場合のみ、SMSの基本料金が120円かかります。

 ドコモプラン(Dプラン)

データ通信のみ(シングルタイプ) +700円で音声通話付きに データ通信+090音声通話(デュアルタイプ) SMS月額基本料金
500MB 700円 1,400円 シングルタイプ120円

デュアルタイプ無料

 

1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円

 auプラン(Aプラン)

データ通信のみ(シングルタイプ) +610円で音声通話付きに データ通信+090音声通話(デュアルタイプ) SMS月額基本料金
500MB 700円 1310円 シングルタイプ・デュアルタイプともに無料

 

1GB 800円 1410円
3GB 900円 1,510円
5GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円

 

mineo(マイネオ)の通話料

mineo(マイネオ)の国内通話料金は、通常 20円/30秒ですが

下記のような通話サービスがあります。

 5分かけ放題サービス…月額850円

5分以内の国内通話がかけ放題になります。5分以内なら何回かけても月額850円。5分超過後は10円/30秒となります。

 通話定額30/60

通話定額は毎月決まった額を支払うことで、通常の通話料金より割安になるサービスです。

通話定額30…840円/月の定額で最大30分通話が可能(通常料金より最大360円お得)

通話定額60…1,680円/月の定額で最大60分通話が可能(通常料金より最大720円お得)

最大時間(30分、60分)を超過した場合は、通常料金(20円/30秒)料金となります。

 050IP通話アプリ LaLaCall

LaLaCallは、シングルタイプ(音声通話なし)で使える「050IP通話アプリ」です。

月額100円の基本料金がかかりますが、固定電話8円/3分、携帯電話18円/1分、アプリ同士は無料と通話料金がかなりお得になります。

また、毎月100円分の無料通話がつくので、基本料金は実質無料になります。

mineo(マイネオ)の取り扱い端末

mineo(マイネオ)が取り扱う機種一覧です。

価格(一括) ドコモ au
HUAWEI HUAWEI nova 37,800円
HUAWEI P9lite 24,000円
ASUS Zenfone3 39,600円
Zenfone3 Laser 27,600円
Zenfone Go 19,800円
富士通 arrows M03 31,800円
タブレット HUAWEI MediaPad T2 8Pro 22,800円
モバイルルーター Aterm MR04LN 25,200円
富士通 SI-LA 15,600

 

機種の種類はあまり多くありませんが、お手頃な価格で入手できる機種ばかりです。

 

 

その他mineo(マイネオ)に関する情報

その他、mineo(マイネオ)に関する情報です。

専用アプリを入れたり、エントリーパッケージを入手するなど、少し手間はかかりますが、高速低速通信のON/OFFができたり、初期費用が安く抑えられるのは嬉しいですね。

データ容量の翌月繰越 あり
高速低速通信のON/OFF 専用アプリで可能
店舗での申し込み あり
初期設定費用(simカード発行手数料込み) 3,240円(エントリーパッケージの利用で節約可能)
MNP即日切替 あり
回線 ドコモ・au

 

スポンサードリンク

 

mineo(マイネオ)の通信速度

 

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(9時台)、昼(12時台)、夕方(17時台)に分けて測定しております。

ドコモ回線(プランD) au回線(プランA)
上り(Mbps) 下り(Mbps) 上り(Mbps) 下り(Mbps)
1~2 2~3 4~5 13以上
1~2 約1 4~6 約1
1~2 4~6 5~7 10以上

 

プランDの昼の時間帯の下りの遅さが少し気になりますが、それをのぞけばそこそこの速度を出しています。

特にプランAに関しては、どの時間帯も安定していて満足のいくスピードでWeb閲覧ができそうです。

 

mineoの申し込み方法

格安simの他の例に漏れず、mineoはwebからの申し込みがお得です。こちらの6stepですべて完了します。

STEP1 SIMカードの種類の確認

STEP2 申し込みに必要なものを手元に用意する

STEP3 Webから申し込む

STEP4 SIMカード到着(申し込みからおよそ1週間)

STEP5 初期設定を行う

STEP6 ご利用開始!

 

mineo Web申込の方法

まずmineoの公式サイトにアクセスします。

 

⇒mineoの公式サイトはこちら

 

「お申込み手続きへ」をクリックし、次の画面へ。

 

「通常のお申込み」にチェックを入れて、右下の「次の画面へ」をクリック。

 

次にプランを選択します。mineoの場合auプランとドコモプランの2プランがあるので、どちらで申し込むのかを選択します。

現在お使いのキャリアと同じプランを選ぶと、SIMロック解除が不要となるので便利です。

あわせて通信のみのSIMカード(シングルタイプ)なのか、音声通話も使えるSIMカード(デュアルタイプ)なのかの選択をします。

 

次にコース(データ容量)を選択します。コースは実際に使ってみて月の途中で変更することもできます。変更手数料は無料です。

 

次に端末の購入の有無を選択します。現在お使いのスマートフォンがmineoにも対応している場合は、SIMカードを購入するだけで差し替えればすぐに使うことができます。

端末も合わせて購入する場合は「端末とSIMカードを購入する」を選択します。

 

どちらか選択したら、次に通話サービスの選択に移ります。通話サービスはオプションになります。たくさん通話もされる方であればオプションを付けておく方が安心です。何もつけない場合は「申し込まない」を選択します。

 

次にSIMカードの種類を選択します。SIMカードはサイズによって種類が違ってきますので、使う予定の端末に合ったSIMカードを選びましょう。

 

それからMNPの申込です。現在お使いの電話番号をそのまま使い続ける場合は、MNP(ナンバーポータビリティ)の手続きが必要となります。

現在契約中のキャリアでMNPの予約番号を取得します。

  • MNPの予約番号
  • 現在お使いの電話番号
  • MNP予約番号の有効期限(有効期限が10日以上残っていることを確認)

以上3点を正確に入力します。

 

続いてお支払いのクレジットカード番号や住所などの個人情報の入力に進んで、申込完了となります。ここまで入力してもおよそ10分程度です。

 

必要な書類をあらかじめ用意しておきましょう

本人確認書類

運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、顔写真付き住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書、特別永住者証明書、身体障害者手帳、外交官等住居証明書、個人番号カード

以上の中から1点用意します。

画像をアップロードする方法で提出します。

 

クレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要です。

 

MNP予約番号

現在契約中のキャリアでMNP予約番号を取得します。

予約番号の有効期限が10日以上あることが必須です。

 

お得なキャンペーンなどのお知らせ

今なら新規でMNP(ナンバーポータビリティ)にてauプランに申し込んだ方限定ですが、とてもお得なキャンペーン実施中です。

新規ではなく、現在既にmineoのドコモプランにお申し込みの方の変更の場合でも適用されます。

条件:対象国産スマホ(DIGNO VまたはarrowsM03)を購入

期間:2017年12月26日(火)18:00まで

 

最大で何と15,000円割引になります。月額料金から毎月625円を2年間割引してくれるのです。月々の負担額がさらに安くなって、新機種が持てるのはうれしいですよね。

お得なこの機会にぜひ端末も合わせて購入しませんか?

 

まとめ

ここではmineoの申込方法について詳しくお伝えしました。

mineoの特徴は、格安スマホでありながら店舗でも相談ができる点です。設定の不安や、申し込みの時にいろいろ聞いておきたいことってありますよね。そんな悩みも店頭で解決できますよ。

Webから申し込むと1週間前後でmineoを使い始めることができて、とても便利です。対応機種も業界No.1なので、もし端末をそのまま使うのであれば、SIMカードを差し替えるだけ。最低利用期間も解約違約金もないので、ぜひ一度mineoを試してみてくださいね。

 

⇒mineoの公式サイトはこちら