毎年恒例のAppleの製品発表イベントで、iPhone7の後継機種「iPhone8」とiPhone発売10周年のプレミアムモデル「iPhone X」が発表され、iPhone8は9月22日から販売がスタートしました。

新しいiPhoneをNifMoで使うにはどうしらいいのでしょう?気になりますよね。

今回は、iPhone8やiPhone XをNifMoで使いこなす方法についてご説明しましょう。

iPhone 8やiPhone XをNifMoで使うには

iPhone 8やiPhone XをNifMoで使うにはどうしたらよいのでしょう?

Apple Storeで直接購入

NifMoでは、iPhoneを販売していません。

そのため、NifMoでiPhone8、iPhone Xを使うためには、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを直接購入する必要があります。

Apple Storeは、実店舗もありますが、日本では7店舗のみですから、Appleオンラインストアを利用するのが便利です。

 

スポンサードリンク




 

「Appleオンラインストア」でのiPhone 8、iPhone Xの購入

iPhone8とiPhone8 Plusは9月22日に発売されました。

また、iPhone Xは2017年10月27日から予約がスタートし、発売されるのは2017年11月3日です。

Appleのオンラインストアで、iPhone8を選択すると、右上に「予約注文」のボタンが表示されるので、予約したい場合はこのボタンを押して、モデルの選択、容量の選択をして予約を行います。

iPhone Xの予約がスタートすると同様の方法で予約が可能と予測されます。

NifMoではiPhone8の動作確認済み

iPhone8の発売と同時に、NifMoのHPにiPhone8の動作確認結果が掲載されました。

NifMoでは、iPhone8 Plus、iPhone8のSIMフリー版の動作確認が行われています。

なお、iPhone Xは、現時点ではどのMVNOからも動作確認の情報が出てきていません。

 

⇒公式サイトに端末が対応しているか確認する

 

スポンサードリンク




 

 iPhone8をNifMoで使う流れは?

NifMoでiPhoneを使うには、iPhoneの購入と平行してNifMoにSIMの申し込みをし、SIMカードが届いたら、iPhoneの設定をするだけで使い始めることができます。

これからNifmoに乗り換えようという方はこちらから申し込むことができます。

 

⇒Nifmoの申し込みはこちら

 

早ければ1日、遅くとも1週間でsimカードが届きます。

 

iPhone8やiPhone XをNifMoで2年使うとauより安い!?

iPhone8やiPhone Xを使うにあたって、やはり気になるのは料金です。

そこで、機種代金を分割払いすると、スマホの利用料金はどうなるのかauとNifMoの料金を比較してみました。

iPhone8をauで使った場合の料金は?

【条件1】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:auピタットプラン+スーパーカケホ

項目 金額
機種代金 分割支払い額 3,810円×24カ月
(91,440円)
機種代金計① 3,810円/月(税込み)
利用料金 auピタットプラン(~1GB)・スーパーカケホ 3,480円
auスマートバリュー -500円(永年)
ビッグニュースキャンペーン -1,000円(1年間)
158円
利用料金合計② 2,138円
合計(①+②) 5,948円

(2年目以降6,948円)

2年間の支払合計(端末+利用料金)

5,948円+6,948円×23=

165,752円

※auピタットプランは、毎月データ容量を使った分だけ支払うプランです。

※スーパーカケホは、24時間1回5分以内の通話がかけ放題になるプランです。

※auスマートバリューは、iPhoneとauひかりなど対象の固定通信サービスの加入でご利用料金が割引になります。

【条件2】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:スーパーカケホ+データ定額3

項目 金額
機種
代金
分割支払金 3,810円×24カ月
(91,440円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
-2,670円×24カ月
(-64,080円)
機種代金計① 1,140円×24カ月
(27,360円)
利用料金 スーパーカケホ 1,700円
データ定額3(3GB) 4,200円
LTE NET 300円
auスマートバリュー -934円
421円
利用料金計② 5,687円
合計(①+②) 6,827円/月
2年間の支払合計(端末+利用料金) 6,827円×24=

163,848円

※毎月割は、新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種購入と同時に、指定のデータ (パケット) 定額サービスに加入すると、利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引になるサービスです。

※データ定額3は、「スーパーカケホ」「カケホ」とセットで利用するデータ定額サービスです。月間データ容量の3GBを超えた場合は、当月末までの通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

※LTE NETは、iPhoneでウェブやメールを利用するためのインターネット接続サービスです。

【iPhone Xの場合】

iPhone Xのauでの販売価格は、まだ発表されていませんが、次の価格が予想されています。

au一括の場合 新規の場合 MNPの場合
iPhone X 64GB 128,160円 実質64,080円

(64,080円割引)

実質54,600円

(73,560円割引)

iPhone X 256GB 146,520円 実質82,400円

(64,080円割引)

実質72,960円

(73,560円割引)

 iPhone8をNifMoで使った場合の料金は

iPhone8をApple Storeで購入し、NifMoと契約した場合の料金を調べてみました。

【条件】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:(Apple Storeで12回分割払い)

プラン:音声通話対応SIM(3GB)+NifMo 10分かけ放題オプション

項目 金額
機種
代金
分割支払金 (1カ月目)8,104円

(2カ月~12カ月)7,000円×11回
(85,104円)

機種代金計① (1回目)8,104円

(2回目以降)7,000円×11回
(85,104円)

利用料金 音声通話対応SIM(3GB)) 1,600円
NifMo

10分かけ放題オプション

830円
194円
利用料金計② 2,624円
合計(①+②) (1カ月目)10,728円

(2カ月目~12カ月目)9,624円

(13カ月目~24カ月目)

(端末支払い終了)2,624円

2年間の支払合計 10,728円+9,624×11カ月+2,624円×12
=148,080円

【iPhone Xの場合】

Apple StoreでのiPhone Xの販売価格は、64GBは112,800円(税抜)、256GBは129,800円(税抜)と発表されています。

12回の分割払いを利用すると、1回の支払い額は次のようになると予想されます。

Apple Store(一括) 分割払い12回
iPhone X 64GB 112,800円

(税込121,824円)

10,152円/回(税込)
iPhone X 256GB 129,800円

(税込140,184円)

11,682円/回(税込)

SIMフリーのiPhone8をApple Storeで購入してNifMoを利用すると、最初の1年は毎月の支払額が10,000円ほどになってしまい、auの6,827円(3GB)に比べると高く感じますが、2年目は端末の支払いが終了するため、月額2,624円とぐっと安くなります。

2年間のトータル支払額を比べても、au(3GB)は163,848円に対してNifMoは148,080円と、NifMoの方が15,000円以上安くなります。

auもNifMoも2年目以降の支払額は変わらないため、2年以上継続して利用する場合は、その差はさらに大きくなります。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

iPhone8は、auなどのキャリアで購入&契約した方が楽ですし、割引が受けられてお得!と思うかもしれません。

でも、2年間の支払い合計を比較するとNifMoの方や安いですし、Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入することで、万が一NifMoから別の格安SIMに乗り換える必要が出てきたときも、SIMロック解除などの手間がなくて便利です。

iPhoneの買い替えを検討している方は、買い替えと同時にNifMoへの乗り換えも検討してみたらいかがでしょう?

 

⇒Nifmoを申し込む

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

  1. 申し込みに必要な書類を手元に用意する
  2. 端末やプランを決める(端末の在庫があるかチェックする)
  3. Webもしくは電話で申し込む
  4. 本人確認証をアップロードする
  5. 端末、SIMカードが届く
  6. 端末の初期設定をして利用開始

 

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

クレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要です。

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、ダイナースが使えます。

本人確認証

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 身体障害者手帳 / 療育手帳 / 精神障がい者保健福祉手帳
  • 住民基本台帳カード(写真付きカードのみ)

以上の中から1点用意する。

データをアップロードする方法で提出するので、反射やブレのないように撮影する。

MNP予約番号

現在契約中のキャリアにMNP予約番号の発行をお願いする。

対応端末の確認

SIMカードのみの契約を考えている場合は、端末が対応しているのか確認する。

 

⇒公式サイトに端末が対応しているか確認する

 

NifMo新規Web申し込みの方法

niftyのIDを持っている方はそのIDでログインします。

お持ちでない方は、公式サイトにアクセス後「新規お申し込み」をクリックします。

 

⇒Nifmoの公式サイトに端末はこちら

 

スマートフォンの購入有無の選択

次に端末とSIMカードの両方を購入するのか、SIMカードのみにするのかを選択します。

SIMカードのみの契約の場合は、使う予定の端末が対応しているのかどうか必ず事前に調べておく。

(ここでは端末も購入する場合でご説明します)

 

希望の端末を選ぶ

希望の端末を選択します。在庫がない場合があるので、確認する。

 

端末のカラーとSIMカードのサイズを選択

次に端末のカラーを選択します。カラーによっては在庫がない場合があるので注意!

SIMカードのサイズが選択できる機種もあるので、その場合は希望のサイズを選択します。

機種代金の支払い方法を選択

機種代金の支払い方法を「一括払い」か「分割払い」か選択します。

一括払いの場合は、現金一括払いかクレジットカード払いかデビットカード払いのいずれかになります。

分割払いは24回払いとなります。(ジャックスからの請求)

 

端末に補償を付けるかどうかを選択

端末に補償を付けるかどうかを選択します。故障や水没などの際に安心です。

この安心保障は、申込時のみ申し込むことができます。後日追加で申し込むことはできませんので、ご注意ください。

申し込む場合は月額380円です。

 

データ通信プランの選択

それからデータ通信料を選択します。

家族で複数台契約する場合は、データシェアプランにしておくとお得です。余ったデータを家族で分け合うことができます。

 

契約タイプを選択

  • 音声通話対応SIM・・・音声通話+SMS機能+データ通信(月額700円)
  • SMS機能付きSIM・・・SMS機能+データ通信(月額150円)
  • データ通信専用SIM・・・データ通信のみ(追加料金なし)

MNPを利用して乗り換える場合は、「音声通話対応SIM」を選択します。

 

オプションに関する選択をする

何かオプションを追加する場合は、こちらで選択する。

 

MNPを利用する場合はチェックを入れる

MNP予約番号を手元に用意して、番号を入力する。

 

住所などの個人情報を入力

支払い方法を選択・入力する

以上で、Web申し込みは完了です。

1週間前後でSIMカードや端末が郵送されてきます。

 

お得なキャンペーンなど

今ならNifMo冬の格安SIMデビュー応援キャンペーンを実施中です。

乗り換え、新規契約を検討されている方はぜひこの機会に!

ご希望の口座にキャッシュバックされるというキャンペーンです。

キャンペーン期間 2017年12月1日から2018年1月31日まで
対象 上記の期間中に、公式Webページまたは電話にて、NifMoのスマホセット
3GB、7GB、13GBプランのいずれかに申し込み、機器受け取った人。
キャッシュバック特典 【音声通話SIM】

3GB…10,100円、7GB…10,100、13GB…20,100円

【SMS対応タイプ・データ通信専用タイプ】

3GB、7GB、13GB共に8,100円

 

⇒Nifmoを申し込む