2017年9月22日、iPhone7の後継機種「iPhone8」が発売になりました。

今年のAppleのイベントでは、「iPhone8」に加えてiPhone発売10周年のプレミアムモデル「iPhone X」の発表もありましたから、「iPhone X」の販売も楽しみです。

そんな新しいiPhoneをIIJmioで使うにはどうしらいいのでしょう?気になりますよね。

今回は、iPhone8やiPhone XをIIJmioで使いこなす方法についてご説明しましょう。

iPhone 8やiPhone XをIIJmioで使うには

iPhone 8やiPhone XをIIJmioで使うにはどうしたらよいのでしょう?

Apple Storeで直接購入

IIJmioでは、iPhoneを販売していません。

そのため、IIJmioでiPhone8、iPhone Xを使うためには、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを直接購入する必要があります。

Apple Storeは、実店舗もありますが、日本では7店舗のみですから、Appleオンラインストアを利用するのが便利です。

「Appleオンラインストア」でのiPhone 8、iPhone Xの購入

iPhone8とiPhone8 Plusは9月22日に発売されました。

また、iPhone Xは2017年10月27日から予約がスタートし、発売されるのは2017年11月3日です。

Appleのオンラインストアで、iPhone8を選択すると、右上に「予約注文」のボタンが表示されるので、予約したい場合はこのボタンを押して、モデルの選択、容量の選択をして予約を行います。

iPhone Xの予約がスタートすると同様の方法で予約が可能と予測されます。

 

スポンサードリンク




 

注意!IIJmioのドコモ回線とau回線でiPhone8の動作確認結果が少し違います!

iPhone8の発売と同時に、IIJmioのHPにiPhone8の動作確認結果が掲載されました。

また、動作確認の結果が別記事として紹介されています。

 

⇒IIJmioの動作確認結果を見に行く

 

iPhone8、iPhone8Plusとも、IIJmioでも利用が可能ですが、au回線を使用した場合、3G回線とデザリングができませんのでご注意ください。

なお、iPhoneXは発売後に動作確認が行われます。

 

⇒IIJmioの動作確認端末

 

 iPhone8をIIJmioで使う流れは?

IIJmioでiPhoneを使うには、iPhoneの購入と平行してIIJmioにSIMの申し込みをし、SIMカードが届いたら、iPhoneの設定をするだけで使い始めることができます。

早ければその日のうちに届きますが、すぐにでもiPhone8を使いたい人は申し込んでおきましょう。

 

⇒IIJmioの申し込みはこちら

 

iPhone8やiPhone XをIIJmioで2年使うとauより安い!?

iPhone8やiPhone Xを使うにあたって、やはり気になるのは料金です。

そこで、機種代金を分割払いすると、スマホの利用料金はどうなるのかauとIIJmioの料金を比較してみました。

iPhone8をauで使った場合の料金は?

【条件1】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:auピタットプラン+スーパーカケホ

項目 金額
機種代金 分割支払い額 3,810円×24カ月
(91,440円)
機種代金計① 3,810円/月(税込み)
利用料金 auピタットプラン(~1GB)・スーパーカケホ 3,480円
auスマートバリュー -500円(永年)
ビッグニュースキャンペーン -1,000円(1年間)
158円
利用料金合計② 2,138円
合計(①+②) 5,948円

(2年目以降6,948円)

2年間の支払合計(端末+利用料金)

5,948円+6,948円×23=

165,752円

※auピタットプランは、毎月データ容量を使った分だけ支払うプランです。

※スーパーカケホは、24時間1回5分以内の通話がかけ放題になるプランです。

※auスマートバリューは、iPhoneとauひかりなど対象の固定通信サービスの加入でご利用料金が割引になります。

【条件2】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:スーパーカケホ+データ定額3

項目 金額
機種
代金
分割支払金 3,810円×24カ月
(91,440円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
-2,670円×24カ月
(-64,080円)
機種代金計① 1,140円×24カ月
(27,360円)
利用料金 スーパーカケホ 1,700円
データ定額3(3GB) 4,200円
LTE NET 300円
auスマートバリュー -934円
421円
利用料金計② 5,687円
合計(①+②) 6,827円/月
2年間の支払合計(端末+利用料金) 6,827円×24=

163,848円

※毎月割は、新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種購入と同時に、指定のデータ (パケット) 定額サービスに加入すると、利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引になるサービスです。

※データ定額3は、「スーパーカケホ」「カケホ」とセットで利用するデータ定額サービスです。月間データ容量の3GBを超えた場合は、当月末までの通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

※LTE NETは、iPhoneでウェブやメールを利用するためのインターネット接続サービスです。

【iPhone Xの場合】

iPhone Xのauでの販売価格は、まだ発表されていませんが、次の価格が予想されています。

au一括の場合 新規の場合 MNPの場合
iPhone X 64GB 128,160円 実質64,080円

(64,080円割引)

実質54,600円

(73,560円割引)

iPhone X 256GB 146,520円 実質82,400円

(64,080円割引)

実質72,960円

(73,560円割引)

 

スポンサードリンク




 

 iPhone8をIIJmioで使った場合の料金は

iPhone8をApple Storeで購入し、IIJmioと契約した場合の料金を調べてみました。

【条件】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:(Apple Storeで12回分割払い)

プラン:音声通話機能付きSIM(みおふぉん)ミニマムスタートプラン(3GB)+通話定額オプション(誰とでも10分&家族と30分)

項目 金額
機種
代金
分割支払金 (1カ月目)8,104円

(2カ月~12カ月)7,000円×11回
(85,104円)

機種代金計① (1回目)8,104円

(2回目以降)7,000円×11回
(85,104円)

利用料金 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

ミニマムスタートプラン(3GB)

1,600円
通話定額オプション

(誰とでも10分
&家族と30分)

830円
Wキャンペーン(1年) (1カ月目~12カ月目)-500円

(13カ月目~24カ月目)0円

(1カ月目~12カ月目)154円

(13カ月目~24カ月目)194円

利用料金計② (1カ月目~12カ月目)2,084円

(13カ月目~24カ月目)2,624円

合計(①+②) (1カ月目)10,188円

(2カ月目~12カ月目)9,084円

(13カ月目~24カ月目)

(端末支払い終了)

(キャンペーン割引終了)2,624円

2年間の支払合計 10,188円+9,084×11カ月+2,624円×12
=141,600円

※Wキャンペーンは、「みおふぉん1年間300円割引キャンペーン」と「通話定額オプション1年間200円割引キャンペーン」がセットになったものです。

キャンペーン期間:2017年8月8日(火)~11月6日(月)23:59

【iPhone Xの場合】

Apple StoreでのiPhone Xの販売価格は、64GBは112,800円(税抜)、256GBは129,800円(税抜)と発表されています。

12回の分割払いを利用すると、1回の支払い額は次のようになると予想されます。

Apple Store(一括) 分割払い12回
iPhone X 64GB 112,800円

(税込121,824円)

10,152円/回(税込)
iPhone X 256GB 129,800円

(税込140,184円)

11,682円/回(税込)

SIMフリーのiPhone8をApple Storeで購入してIIJmioを利用すると、最初の1年は月額料金が9,000円ほどで、auの6,827円に比べると高く感じますが、2年目は端末の支払いが終了するため、キャンペーン割引がなくても、月額2,624円とぐっと安くなります。

2年間のトータル支払額を比べても、au(3GB)は163,848円に対してIIJmioは141,600円と、IIJmioの方が20,000円以上安くなります。

Wキャンペーンは2017年11月6日で終了してしまいますが、キャンペーン割引がなくても、2年間のトータル額はIIJmioの方がお得です。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

iPhone8は、auなどのキャリアで購入&契約した方が楽ですし、割引が受けられてお得!と思うかもしれません。

でも、2年間の支払い合計を比較するとIIJmioの方や安いですし、Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入することで、万が一IIJmioから別の格安SIMに乗り換える必要が出てきたときも、SIMロック解除などの手間がなくて便利です。

iPhoneの買い替えを検討している方は、買い替えと同時にIIJmioへの乗り換えも検討してみたらいかがでしょう?

 

IIJmioの申し込み方法

格安simの例にもれず、IIJmioもWeb申し込みがお得です。

ここでは、申し込み方法を紹介します。

 

必要書類を準備しておきましょう

 

IIJmioに申し込むには、以下の書類が必要です。

あらかじめ手元に用意しておけば、慌てることはありませんので、チェックしてみて下さい。

本人名義のクレジットカード

支払いに使うクレジットカードは、本人名義のものになります。

本人確認書類

 

・運転免許証

・個人番号(マイナンバー)カード

・パスポート

・被保険者証

などが良いでしょう。

・特別永住者証明書

・在留カードまたは外国人登録証明書

・住民基本台帳カード

・運転経歴証明書

・身体障がい者手帳

・精神しょう害福祉手帳

・療育手帳

・外務省の発行する「身分証明票」

も本人確認書類として有効です。

 

メールアドレス

今までのスマホで使用していたキャリアのメールアドレスは使えなくなるので、GメールやYahoo!メールなどのフリーアドレスを用意しましょう。

MNP予約番号

他社からみおふぉんに乗り換える場合、電話番号が変わらないようにするためにMNPを予約しておきましょう。

各社のMNP受付番号を紹介します。

NTTドコモ

携帯電話      151

一般電話        0120-800-000

au

携帯電話  ・一般電話 0077-75470

ソフトバンク

携帯電話・一般電話 0800-100-5533

 

MNP予約番号には有効期限があります。

予約日を含めて15日が有効期限ですが、IIJmioを申し込むときに有効期限が7日間残っている必要があります。

申し込み直前にMNP番号を予約するのがベストでしょう。

 

 

IIJmio Web申し込みの方法

初めてIIJmioを申し込む場合は、mio会員になる必要があります。

公式サイトの上部に「ご購入・お申込みのボタン」があるので、ここから会員登録を行います。

 

⇒IIJmioの公式サイトはこちら

 

 

すでにmioの会員になっている人は、IDとパスワードを入力して「ログイン」しましょう。

 

申し込み方法を選択する

パッケージの有無を選択します。

事前に店頭でパッケージを購入している人は右をクリックして下さい。

今回は左の「パッケージをお持ちでない方」をクリックします。

 

端末を選ぶ

今回は「端末を同時購入」にチェックを入れます。

ズラリと端末が表示されますので、お好みの端末をクリックしましょう。

画像がポップアップされるので

・カラー

・アクセサリーの申し込みの有無

・端末通信オプションの申し込みの有無

・支払方法

を選択して下さい。

 

 

回線を選ぶ

タイプD、Aいずれかを選択します。

SIMカードの機能を選ぶ

今回は音声通話機能付きSIMを選択します。

通話定額オプションを選ぶ

今回は半額通話を選択します。

音声通話機能付きSIMカードについて、新規申し込みかMNPか選択する

他社からの乗り換える場合は、MNP転入を選択します。

SIMカードのサイズを選ぶ

自分が選んだ端末に合ったSIMカードのサイズを選びます。

合わないサイズのSIMカードを選ぶとチェックできない仕組みになっているので安心です。

プランを選ぶ

 

大容量オプション

「プランを選ぶ」で選んだプランに追加して大容量の通信料を毎月追加するかどうか選びます。

 

追加オプションを選ぶ

18種類のオプションパックから、必要なものを選択します。

 

お客様情報を入力する

・契約者名

・mioパスワードの設定

・クレジットカード情報

・登録メールアドレス

・認証コード

・IIJからのお知らせの受信設定

を入力したら、「次へ」をクリックして確認画面に移ります。

登録情報の内容を確認し、申し込み手続きを完了させる

 

初期設定を行う

APNを設定しよう

スマホはAPNという接続情報を入力しないと通信できません。

スマートフォンの電源を切ってからSIMカードを差し込んでAPN設定を行います。

 

端末によって設定の仕方が違うので、IIjmio公式サイトの初期設定を参照して下さい

 

⇒IIJmioの公式サイト

 

IIJmioのAPNの内容は以下の通りです。

APN:iijmio.jp
ID(ユーザー名):設定不要です。
パスワード:設定不要です。
認証タイプ:PAPまたはCHAP

お得なキャンペーンなど

IIJmioでは、200万回線の突破を記念して豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施しています。

IIJmioの利用者がキャンペーン対象となりますので、新規申し込みが済んだら公式サイトの応募フォームから応募してみましょう。

 

⇒IIJmioの公式サイトはこちら

 

11/29~12/12

A賞 ロボット掃除機 ルンバ690 アイロボット(10名様)

B賞 IIJmioクーポンカード/デジタル 1GB(5,000名様)

12/13~12/26

A賞 BOCCOユカイ工学(10名様)

B賞  IIJmioクーポンカード/デジタル 1GB(5,000名様)

 

期間によってA賞の商品が変わりますが、2回とも応募することもできるのでぜひチャレンジしてみて下さいね。

まとめ

IIJmioは、格安SIMサービスの中でも老舗で、お客様満足度・通信速度ともにNo.1を受賞しているトップクラスのブランドです。

信頼と実績があるので、他社から初めて格安スマホに乗り換える場合でも安心ですね。

 

ファミリーシェアプランでは、最大10回線までSIMカードを使用できるので家族間はもちろん、家族4人でスマホ+実家でタブレット1台といった組みあわせも選択することができます。

お得に格安SIMを使うなら、IIJmioは断然オススメですよ!