毎年恒例のAppleの製品発表イベントで、iPhone7の後継機種「iPhone8」とiPhone発売10周年のプレミアムモデル「iPhone X」が発表され、iPhone8は9月22日から販売がスタートしました。

新しいiPhoneをDMMモバイルで使うにはどうしらいいのでしょう?気になりますよね。

今回は、iPhone8やiPhone XをDMMモバイルで使いこなす方法についてご説明しましょう。

iPhone 8やiPhone XをDMMモバイルで使うには

iPhone 8やiPhone XをDMMモバイルで使うにはどうしたらよいのでしょう?

Apple Storeで直接購入

DMMモバイルでは、iPhoneを販売していません。

そのため、DMMモバイルでiPhone8、iPhone Xを使うためには、Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを直接購入する必要があります。

Apple Storeは、実店舗もありますが、日本では7店舗のみですから、Appleオンラインストアを利用するのが便利です。

 

スポンサードリンク




 

「Appleオンラインストア」でのiPhone 8、iPhone Xの購入

iPhone8とiPhone8 Plusは9月22日に発売されました。

また、iPhone Xは2017年10月27日から予約がスタートし、発売されるのは2017年11月3日です。

Appleのオンラインストアで、iPhone8を選択すると、右上に「予約注文」のボタンが表示されるので、予約したい場合はこのボタンを押して、モデルの選択、容量の選択をして予約を行います。

iPhone Xの予約がスタートすると同様の方法で予約が可能と予測されます。

DMMモバイルではiPhone8の動作確認済み!

iPhone8の発売と同時に、DMMモバイルでは動作確認の情報がHP上に掲載されました。

DMMモバイルでは、iPhone8 Plus、iPhone8のSIMフリー版、ドコモ版の動作確認が行われています。

なお、iPhone Xは、現時点ではどのMVNOからも動作確認の情報が出てきていません。

 

⇒公式サイトにDMMモバイルの動作確認済み端末一覧を見に行く

 

 iPhone8をDMMモバイルで使う流れは?

DMMモバイルでiPhoneを使うには、iPhoneの購入と平行してDMMにSIMの申し込みをし、SIMカードが届いたら、iPhoneの設定をするだけで使い始めることができます。

申込みから早くて1日、遅くても数日中にsimカードが手元に届きます。

 

⇒DMMモバイルの申し込みはこちら

 

iPhone8やiPhone XをDMMモバイルで2年使うとauより安い!?

iPhone8やiPhone Xを使うにあたって、やはり気になるのは料金です。

そこで、機種代金を分割払いすると、スマホの利用料金はどうなるのかauとDMMモバイルの料金を比較してみました。

iPhone8をauで使った場合の料金は?

【条件1】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:auピタットプラン+スーパーカケホ

項目 金額
機種代金 分割支払い額 3,810円×24カ月
(91,440円)
機種代金計① 3,810円/月(税込み)
利用料金 auピタットプラン(~1GB)・スーパーカケホ 3,480円
auスマートバリュー -500円(永年)
ビッグニュースキャンペーン -1,000円(1年間)
158円
利用料金合計② 2,138円
合計(①+②) 5,948円

(2年目以降6,948円)

2年間の支払合計(端末+利用料金) 5,948円+6,948円×23=

165,752円

※auピタットプランは、毎月データ容量を使った分だけ支払うプランです。

※スーパーカケホは、24時間1回5分以内の通話がかけ放題になるプランです。

※auスマートバリューは、iPhoneとauひかりなど対象の固定通信サービスの加入でご利用料金が割引になります。

【条件2】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:24回(支払い期間26カ月)

プラン:スーパーカケホ+データ定額3

項目 金額
機種
代金
分割支払金 3,810円×24カ月
(91,440円)
毎月割月額
(最大2年間総額)
-2,670円×24カ月
(-64,080円)
機種代金計① 1,140円×24カ月
(27,360円)
利用料金 スーパーカケホ 1,700円
データ定額3(3GB) 4,200円
LTE NET 300円
auスマートバリュー -934円
421円
利用料金計② 5,687円
合計(①+②) 6,827円/月
2年間の支払合計(端末+利用料金) 6,827円×24=

163,848円

※毎月割は、新規契約・機種変更 (端末増設) 時に対象機種購入と同時に、指定のデータ (パケット) 定額サービスに加入すると、利用料金から最大24カ月間 (購入の翌月から) 割引になるサービスです。

※データ定額3は、「スーパーカケホ」「カケホ」とセットで利用するデータ定額サービスです。月間データ容量の3GBを超えた場合は、当月末までの通信速度が送受信時最大128kbpsになります。

※LTE NETは、iPhoneでウェブやメールを利用するためのインターネット接続サービスです。

【iPhone Xの場合】

iPhone Xのauでの販売価格は、まだ発表されていませんが、次の価格が予想されています。

au一括の場合 新規の場合 MNPの場合
iPhone X 64GB 128,160円 実質64,080円

(64,080円割引)

実質54,600円

(73,560円割引)

iPhone X 256GB 146,520円 実質82,400円

(64,080円割引)

実質72,960円

(73,560円割引)

 

スポンサードリンク




 

 iPhone8をDMMモバイルで使った場合の料金は

iPhone8をApple Storeで購入し、DMMモバイルと契約した場合の料金を調べてみました。

【条件1】

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:(Apple Storeで12回分割払い)

プラン:シングルコース・通話対応SIMプラン1GB+5分かけ放題(2017年10月1日から10分かけ放題)

項目 金額
機種
代金
分割支払金 (1カ月目)8,104円

(2カ月~12カ月)7,000円×11回
(85,104円)

機種代金計① (1回目)8,104円

(2回目以降)7,000円×11回
(85,104円)

利用料金 通話対応SIMプラン1GB 1,260円
5分かけ放題 850円
168円
利用料金計② 2,278円
合計(①+②) (1カ月目)10,382円

(2カ月目~12カ月目)9,278円

(13カ月目~24カ月目)

(端末支払い終了)2,278円

2年間の支払合計 10,382円+9,278×11カ月+2,278円×12=139,776円

※通話対応SIMプランは、インターネットと音声通話の両方が使えるプランです。

※5分かけ放題は、2017年10月1日から料金はそのままで10分かけ放題になります。

【条件2

機種:iPhone 8  64GB

支払回数:(Apple Storeで12回分割払い)

プラン:シングルコース・通話対応SIMプラン3GB+5分かけ放題(2017年10月1日から10分かけ放題)

項目 金額
機種
代金
分割支払金 (1カ月目)8,104円

(2カ月~12カ月)7,000円×11回
(85,104円)

機種代金計① (1回目)8,104円

(2回目以降)7,000円×11回
(85,104円)

利用料金 通話対応SIMプラン3GB 1,500円
5分かけ放題 850円
188円
利用料金計② 2,538円
合計(①+②) (1カ月目)10,642円

(2カ月目~12カ月目)9,538円

(13カ月目~24カ月目)

(端末支払い終了)2,538円

2年間の支払合計 10,642円+9,538×11カ月+2,538円×12=146,016円

【iPhone Xの場合】

Apple StoreでのiPhone Xの販売価格は、64GBは112,800円(税抜)、256GBは129,800円(税抜)と発表されています。

12回の分割払いを利用すると、1回の支払い額は次のようになると予想されます。

Apple Store(一括) 分割払い12回
iPhone X 64GB 112,800円

(税込121,824円)

10,152円/回(税込)
iPhone X 256GB 129,800円

(税込140,184円)

11,682円/回(税込)

 

SIMフリーのiPhone8をApple Storeで購入してDMMモバイルを利用すると、1年目こそauよりも支払い金額が高くなりますが、2年目には端末に支払いがなくなるため、料金がぐっと安くなります。

2年間のトータル支払額を比べると、au(3GB)は163,848円、DMMモバイルは146,016円と、DMMモバイルの方が18,000円ちかく安くなります。

そして、2年以上使い続けると、その差はさらに広がります。

さらに、DMMモバイルでは、2017年10月1日から「5分かけ放題」が「10分かけ放題」になります。料金はそのままですから、通話が多い方には嬉しい情報ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク




 

まとめ

iPhone8は、auなどのキャリアで購入&契約した方が楽ですし、割引が受けられてお得!と思うかもしれません。

でも、2年間の支払い合計を比較するとDMMモバイルの方や安いですし、Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入することで、万が一DMMモバイルから別の格安SIMに乗り換える必要が出てきたときも、SIMロック解除などの手間がなくて便利です。

iPhoneの買い替えを検討している方は、買い替えと同時にDMMモバイルへの乗り換えも検討してみたらいかがでしょう?

 

⇒DMMモバイルのWeb申し込み

 

申込から利用開始までの大まかな流れ

  1. WebページよりDMMモバイルのプラン内容の選択や、お客様情報の入力をする
  2. 本人確認証を提出する
  3. SIMカードが自宅に届く
  4. Webマイページにログインして、「電話番号切り替え」を申し込む
  5. 電話番号の切り替え後、SIMカードを端末に挿入
  6. 初期設定を行って利用開始

 

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

クレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要です。月々の利用料金はクレジットカード払いとなります。

本人確認証

通話SIMカードをご契約の場合は、本人確認証の提出が必要です。

運転免許証、健康保険被保険者証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード、個人番号カードの中から1点。

MNP予約番号

現在使っている電話番号を引き続き使いたい場合はMNP予約番号が必要です。現在契約中の事業者で発行してもらってください。

なお、予約番号の有効期限が10日以上あることがお申し込みの必須条件になりますので、ご確認ください。

もし予約番号の有効期限が10日を切っている場合は、再発行してもらってください。

端末が対応しているか確認する

SIMカードだけ契約して、端末は今お使いのSIMフリー端末を使う場合は対応しているかどうか調べる必要があります。

 

⇒公式サイトにDMMモバイルの動作確認端末一覧を見に行く

 

 

 

DMMモバイル Web申し込みの方法

ここではWebからDMMモバイルに申し込む方法を順を追ってお伝えしたいと思います。

 

まずは公式サイトにアクセスし、「お申し込み」をクリックします。

 

⇒DMMモバイルの公式サイトはこちら

 

「通常申込」の方をクリックして申込内容に合った選択をしていきます。

SIMカードのみの購入なのか、端末とSIMカードをセットで購入するのかいずれかを選択します。

 

SIMカードの種類の選択

通話もできるSIMカードにするのか、データ通信のみのSIMカードにするのかを決めます。

 

データ使用量の選択

データ使用量によって月額利用料金も変わってきますので、ご自身の利用量に合ったコースを選択します。

実際に使ってみてからコースを変更することも可能です。(変更手数料は無料)

オプション追加なども、こちらの画面上で選択します。

 

SIMカードのサイズを選択

使う端末によってSIMカードのサイズが異なりますので、間違えないように選択します。

 

住所やクレジットカード情報などの個人情報を登録

最後に本人確認書類を提出すれば、申し込みは完了です。

しばらくするとSIMカードが郵送されてきますので、設定が完了すれば利用開始となります。

 

初期設定の方法

基本的には端末にSIMカードを挿入するだけです。

SIMカードを装着後、APN接続設定が必要になるので、その方法をお伝えしたいと思います。

詳しくはこちら

Wi-fi等でインターネットに接続後、APN構成プロファイルをダウンロードします。

その後プロファイルをインストールします。

「完了」が表示されれば成功です。

それから設定画面で「モバイルデータ通信」をONにすれば設定完了です。

 

お得なキャンペーンなど

現在行われているキャンペーンが2つありますので、ご紹介しますね。お得なこのチャンスにぜひDMMモバイルをご検討くださいね。

間もなくキャンペーンが終了しますので、お急ぎくださいね。

 

SNSフリー サービス開始記念先行利用キャンペーン

キャンペーン期間 2017年12月31日(日)まで
キャンペーン内容 キャンペーン期間中は2017年12月ご利用分まで、SNSフリーのオプション料金が無料。(通常月額税別250円)
対象条件 キャンペーン期間内に、データ容量オプションのSNSフリーを申し込み完了した方

HUAWEI P10シリーズ大特価キャンペーン

キャンペーン期間 2017年12月20日(水)まで
キャンペーン内容 対象端末をキャンペーン価格で購入可能
対象条件

・HUAWEI P10 定価65,800円→ キャンペーン価格55,800円

・HUAWEI P10 Plus 定価72,800円キャンペーン価格62,800円

・HUAWEI P10 lite 定価29,980円キャンペーン価格26,800円

 

まとめ

業界最安値の利用料金でサービスが受けられるわけは、徹底的にコストを削減しているから。その一例は、店舗を持っていないことです。店舗を持つと正直、人件費などがかなりかかるからでしょうね。

でも、365日年中無休のコールセンターがあるのでいざという時にも安心です。

「利用料金が安い=質が悪い」というわけでなないので安心してくださいね。DMMモバイルはNTTドコモの回線を利用しているので安定した通信状態と通信エリアの広さはダントツです。

「よし!DMMモバイルに乗り換えよう」と思われた方はこちらのサイトを参考にしてくださいね。

 

⇒DMMモバイルの公式サイトはこちら