HUAWEI P9 lite PREMIUMは2016年11月に発売されたsimフリー端末です。

SIMフリー端末界隈で存在感を増しているHuaweiから出ている端末ということもあり、高い注目度を誇っていますが、その一方で悪い評判や注意点も聞こえてきています。

デメリットをどう捉えるかはその人次第ですが、少なくともそれを知った上で購入をして欲しいと考え、今回はとくに悪い評判や注意点を中心にまとめましたので、紹介します。

 

Q官鳥Q官鳥

UQモバイル専用のお手頃端末ですが、使っている人はどう考えているのでしょうか

 

 

スポンサードリンク




 

HUAWEI P9 lite PREMIUMの悪い評判・注意点

HUAWEI P9 lite PREMIUMの悪い評判と注意点をまとめました。

いずれも格安simフリー端末故のデメリットとなりますが、購入時に「こんなはずじゃなかった」と思う前に確認しておくとよいでしょう。

 auSIM専用

HUAWEI P9 lite PREMIUMはUQ mobile専用の端末です。多くの格安SIMがdocomoの回線を使っているのに対し、UQ mobileはauの回線を利用しており、使っている周波数に違いがあります。

HUAWEI P9 lite PREMIUMはau回線が使える様に通常のHUAWEI P9 liteをカスタマイズしたモデルです。

UQ mobileなどau回線のSIMを使う場合は良いのですが、docomoの回線を使うSIMでは十分電波が入らない可能性が高いです。

すでにdocomo系格安SIMの利用者が、HUAWEI P9 lite PREMIUMに買い替えるのは、かなりのリスクです。

 SIMスロットが一つだけに

通常のHUAWEI P9 liteは DSDS (デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に非対応だったもののSIMスロットが二つあり、一台で二つの電話番号を使い分けることができました。しかし、HUAWEI P9 lite PREMIUMではSIMスロットが一つしかありません。

一台で仕事用とプライベート用の電話番号を使い分けたい場合は、他の端末を検討することをおすすめします。

 バッテリー持ちが悪い

HUAWEI P9 lite PREMIUMのバッテリーは3000mAhと最近のスマホの中では標準的か少し大容量と言える仕様です。しかし、WiMAX2+やキャリアアグリゲーション(2つの周波数が異なる電波を同時利用することで、より高速な通信を実現する技術)といった機能を利用すると電力消費が激しくなります。

ポケモンGOなどを日常的に長時間する人にはあまりおすすめできないと言えます。

 

 通常のHUAWEI P9 liteより性能の低いCPU

通常のHUAWEI P9 liteのCPUは「Huawei Kirin650」ですがHUAWEI P9 lite PREMIUMは「Snapdragon 617 MSM8952」です。

どちらも同じオクタコアですが、性能はHUAWEI P9 lite PREMIUMに採用されている「Snapdragon 617 MSM8952」の方が低いです。

代表的なベンチマークソフトである、AnTuTuで比較するとHUAWEI P9 lite PREMIUMの方が10000近く下回ります。今どきの新機種だと中の下~下の上くらいの性能でしょうか。

グラフィックの綺麗なゲームなど負荷のかかるアプリを使いたい場合は、上位機種の検討をおすすめします。

電源ボタンと音量ボタンを押し間違えやすい

HUAWEI P9 lite PREMIUMはHUAWEI P9 liteと同様、側面に電源ボタンと音量ボタンがありますが、位置が近く押し間違えやすいです。

音量を下げようとしたら外面が暗くなってびっくりすることがあります。

これは慣れないと仕方がないですが、購入前に実機を確認できるのであれば確認した方が良いでしょう。

 入手手段が限られる

HUAWEI P9 lite PREMIUMはUQ mobile専用の端末のため、新品はUQ mobileでしか原則買えません。

Amazonなどで買えるのは中古品です。メーカー保障も受けられません。

HUAWEI P9 lite PREMIUMは保証面、信頼性から考えてUQ mobileで格安simとセットで購入するほうがよいです。

 

UさぎUさぎ

SIMスロットが1個しかないのは地味に痛いですね・・・

 

スポンサードリンク




 

 

HUAWEI P9 lite PREMIUMの評価

以上のような悪い評判や注意点はあるものの、HUAWEI P9 lite PREMIUMは非常に魅力的な端末だと評価できます。

性能的には高性能とは言えませんが、電話、メール、動画、Webサイトの閲覧、SNSといった日常作業には十分な性能ですし、反応速度の速い指紋認証センサーや多彩なカメラモードといったHUAWEI P9 liteゆずりの高い完成度を誇ります。

更にWiMAX2+やキャリアアグリゲーションといった、他のフリーSIM端末には搭載されていない、au系SIM向けの特別な機能があり、UQ mobileなどのau系格安SIMユーザーであればチェック必須といえるSIMフリー端末です。

 

Q官鳥Q官鳥

この価格帯で指紋認証ができるのはうれしいですね。

 

HUAWEI P9 lite PREMIUMのスペック

CPUについては前述のとおり最新のハイエンド端末と比較するとワンランク落ちますが、RAMについてはハイエンド端末同様3GBあるという面白い特徴があります。

価格についてはUQ mobile専売ということもあり値動きがあまりないですが、時期によってはキャンベーンなどでもう少し安い価格で購入できるかもしれません。

 

メーカー HUAWEI
価格 31212円(税込み)
CPU MSM8952 オクタコア(4 x 1.5GHz+4 x 1.2GHz)
OS Android 6.0
RAM 3GB
ROM 16GB
バッテリー 3000mAh
連続待受 4G LTE:約606時間 / WiMAX 2+:約544時間
カメラ画像 背面:1300万画素

前面:800万画素

通信(LTE) au対応バンド?
対応回線 au
Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth v 4.1
テザリング
入出力端子  micro USB
micro SDスロット
SIMカード nano SIM x 1
サイズ 146.8mm × 72.6mm × 7.5mm
画面サイズ 5.2インチ  1920×1080ドット(FHD) IPS
重量 147g
本体カラ― ホワイト、ゴールド、ブラック
販売店 UQ mobile

 

スポンサードリンク




 

まとめ

HUAWEI P9 lite PREMIUMはau系格安SIM向けの改造を行ったHUAWEI P9 liteの特別モデルと言える端末です。

単純な端末性能はオリジナルのHUAWEI P9 liteより下回っているところもありますが、au系格安SIMを利用中、あるいは利用を考えている方には、是非チェックして欲しい端末です。

UQ mobileなどのau系格安SIMユーザーならば、チェック必須といえるSIMフリー端末です。

 

HUAWEI P9 lite PREMIUMをUQモバイルで申し込む

HUAWEI P9 lite PREMIUMはUQモバイルでは取り扱っていません。

一方で、端末セットで申し込むと最大1万円以上のキャッシュバックキャンペーンを展開しているので、一度ご検討いただければと思います。

 

UさぎUさぎ

特に三大キャリアからの乗り換えを検討している方には通信速度や他の機能でも遜色のないUQモバイルをおすすめします。

 

UQモバイルを申し込む

Q官鳥Q官鳥

三大キャリアなどは格安スマホはネット申し込みが難しいと言ってますが、驚くほど簡単に申し込みができるんですよ!

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

UQモバイルをWEBから申し込んで、実際に使い始めるまでの大まかな流れは次のようになっています。

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

スムーズに手続きを進めるために、申し込みに必要な書類等はあらかじめ用意しておくことをおススメします。

連絡が取れるメールアドレス

キャリアから格安SIMに乗り換えると、これまで使っていたドコモやau、ソフトバンクのメールアドレスは利用できなくなります。

そのため、申し込みには、YahooやGmailなど乗り換え後も利用可能なメールアドレスを作っておく必要があります。

本人名義のクレジットカード

UQモバイルの申し込みには、申込者本人名義のクレジットカードが必要です。

利用できるクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、DINERSで、デビットカードは利用できませんのでご注意ください。

本人確認書類

本人確認書類は以下のとおりです。

・運転免許証

・パスポート(日本国旅券) (有効期限内のもので、現住所が記載されているもの)

・身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳  住所の記載のあるもの

・特別永住者証明書(有効期限内のもの)

・在留カード

・健康保険証+補助書類(補助書類は、住民票や公共料金領収証などです)

MNP予約番号

今の携帯電話番号をそのまま使いたい場合は、契約中の携帯会社の窓口、または受付店でMNP予約を申し込み、MNP予約番号を受け取る必要があります。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間ですが、WEB申し込みする場合は、MNP予約番号の取得日から2日以内に手続きが必要です。

 

契約中の携帯電話会社 Webから ケータイ/一般電話から
NTTドコモ iモード

i-menu→お客様サポート→お申し込み・お手続き→各種お申し込み・お手続き

PCサイト

MyDoCoMo( http://www.mydocomo.com ) →ログイン

受付時間:24時間

システムメンテナンス時間などは除く

ケータイから
151
一般電話から
0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ソフトバンク Yahoo!ケータイ

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
*5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
ディズニーモバイル Disney Web

TOP→My Softbank→各種変更手続き→MNP予約関連手続き

受付時間:9:00~21:30

ケータイから
*5533
一般電話から
0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00
au
沖縄セルラー
EZweb

TOP→auお客さまサポート→申し込む/変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

受付時間:9:00~21:30

ケータイ・一般電話から
0077-75470
受付時間:9:00~20:00

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

  UQモバイル WEB申し込みの方法

必要な書類等が準備できたら、UQモバイルのHPから申し込みの手続きをしましょう。

希望の商品を選択する

UQモバイルのHPを開き、「端末とSIMカードをセットで申し込む場合」は、希望の端末の横または下にある緑の「新規お申し込みはこちら」のボタンをクリックします。

「SIMカードのみ」(スマートフォンは自分で用意)の阿合は、対応するSIMの横または下の緑のボタン「新規お申し込みはこちら」のボタンをクリックします。

申し込み内容を選択します

次の画面で、契約方法(新規orのりかえ)、料金プランを選択します。

携帯番号をそのまま使う場合は、「のりかえ」になります。

また、料金プランはこの時までに決めておくことをおススメします。

オプション等を選択します

さらに、オプション契約について、年齢の確認、契約先を選択します。

契約先は沖縄県以外の方はUQを選択してください。

端末補償サービスなど、購入時のみしか加入できないオプションサービスもありますので、内容を確認したい場合は、チャットを利用するとよいでしょう。

申し込み内容を確認

申し込み内容を確認して、「ご購入手続きへ」をクリックします。

約款等の確認

約款等の確認画面が出ますので、確認をし、チェックを入れて、次に進みます。

 

 申し込み情報の入力と確認

ここで、事前に準備したMNP予約番号の入力が必要になります。

その他、氏名など必要な情報を入力し、次へ進みます。

次の画面では、クレジットカード情報などを入力し、申し込み内容を確認して、申し込み完了となります。

記入する住所が本人確認書類(免許証など)と違っていたりすると、その後の手続が面倒になりますのでご注意ください。

また、ここで決める暗証番号は、今後の設定などでも使用しますので忘れないようにしましょう。

 

本人確認書類のアップロード

申し込み完了後、登録したメールアドレスあてにメールが届くので、案内に従ってスマートフォンなどで撮影した本人確認書類のデジタルデータを、次の手順でアップロードします。

①本人確認書類のタブから本人確認書類の種類を選択

②「ファイルを選択」ボタンをクリックし、あらかじめ保存しておいた書類画像を選択

③「運転免許証」「日本国パスポート」「健康保険証」いずれかをアップロードする場合は、「本人確認書類番号」欄に本人確認書類の番号を入力します
④「全て登録」ボタンをクリック

⑤アップロード完了画面が表示されたら完了です

発送と受け取り

申し込み手続きと本人確認が完了すると、登録した住所へ商品が発送されます。

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら

 

初期設定をします

商品が届いたら、使い始めるために初期設定をする必要があります。

商品の確認

届いた商品の中身と契約内容に間違いがないか確認しましょう。

・契約の内容

・申込書原本

・重要事項説明書類

・SIMカード台紙

・端末本体、説明書(端末同時購入の場合)

SIMカードを台紙から取り外します

SIMカードの種類を確認した上で、SIMカードを台紙から取り外します。

SIMカードを取り付けます

台紙から取り外したSIMカードを取り付けます。

取り付けの際は、SIMカードを端末の電源をOFFにし、充電ケーブルなどすべてのケーブルを外して行ってください!

 

ネットワーク設定(ANP)が必要な場合もあります

端末の機種によっては、ネットワーク設定が必要な場合があります。

ANPが必要な機種かどうかは、UQモバイルのHPから確認することができます。

動作確認端末一覧

設定が必要な場合は、次の手順で行います。

①【設定】→無線とネットワークの【その他設定】 → 【モバイルネットワーク】→> 【高度な設定】→【APN】もしくは【CPA設定】を選択

(設定の場所や設定項目は、製品により異なるため、詳細は使用する製品の取扱説明書を確認してください)

 

代表的な設定項目名 設定値
APN名、アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN、APN設定 uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password、パスワード uq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default, mms, supl, hipri, dun

 

②【設定】→無線とネットワークの【その他設定】→ 【モバイルネットワーク】→ 【高度な設定】→ 【CPA接続】等を選択してください。

(製品によっては、①で指定したアクセスポイント名が表示される場合があります。アクセスポイント名が表示された場合は、作成したアクセスポイントを選択してください。)

③インターネットに接続が可能か確認します。

これで設定が終了です。

 

Web申し込みはお得で簡単!

Web申し込みをすると、Web限定のキャンペーンや特典を受けることができます。

この記事でご紹介してきたとおり、UQモバイルのWeb申し込みは、とても分かりやすく、初期設定についてもガイドもついてきますから、端末の操作に慣れていない方でも大丈夫!

万が一、困ったときには電話サポートもあります。

UQモバイルにしよう!と決めたら、簡単でお得なWeb申し込みをおススメします。

 

>>UQモバイルの申し込みはこちら