LINEモバイルとBIGLOBEモバイルは、どちらも格安SIMの中でも比較的、安い格安SIMに分類されます。

しかも、コミュニケーションツールとして、すっかり欠かせない存在になったLINEに、インターネット回線のBIGLOBE光と、すでに両社のサービスを使っている人が多い、という共通項もあります。

そこで、今回はBIGLOBEモバイルVS.LINEモバイル三番勝負として、どちらが優れているのか、比較してみたいと思います。

高速通信の安さ勝負

スマートフォンの基本はインターネットに繋がることです。

ということで、まずは高速通信の値段について、比較したいと思います。

LINEモバイル

LINEモバイルですが、料金は以下の通りになっています。

LINEモバイルと言えば、カウントフリーで大きな話題を集めましたが、1GBはLINEフリープラン、つまりLINE分はカウントフリーとなります。

そして、3GB以上はSNSカウントフリーとなり、LINE、Twitter、Facebook、そして話題のインスタグラムがカウントフリーとなります。

ですので、3GBと言いつつ、実際は3GB+カウントフリー分になる、というのがLINEモバイルの特徴です。

容量   データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

 

特記事項は最大容量プランが10GBということでしょうか。

大手携帯会社はもちろん、多くの格安SIM会社が、それより多い容量プランを用意していることを思うと、見劣りします。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルについて、まず一つお伝えしておくことがあります。

BIGLOBEモバイルはdocomo回線とau回線どちらかを選べます(データ専用SIMはdocomo回線のみ)。

すでにauを持っている方は、au回線で契約すると、通信バンドの心配せずに使えるため、大変におすすめです。

そして肝心のデータプランごとの料金は以下の通りです。

容量 データSIM(SMSなし) データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB音声通話
スタートプラン
× × 1400円
6GB 900円 1020円 1600円
3GB 1450円 1570円 2150円
12GB 2700円 2820円 3400円
20GB 4500円 4620円 5200円
30GB 6750円 6870円 7450円

微妙にLINEモバイルとBIGLOBEモバイルでは容量が違いますが、同じ容量の場合、BIGLOBEモバイルの方が安いです。

また、BIGLOBEモバイルにはシェアプランがあります

シェアプランとは、1つの契約で複数のSIMカードを発行してもらうオプションです。

具体的に言えば12GBの契約に対して、家族4枚分のSIMを発行してもうら形です。

結果だけ見れば、3GBの契約×4と同じ意味を持つように見えますが、実際はまったく違います。

個別契約だと、お父さんの余った容量が無駄になる一方で、息子さんは容量不足で月末に低速になっていたのが、シェアプランであれば、お父さんの余った分を息子さんが使うことができるなど、個別契約より利便性が向上します。

勝者はBIGLOBEモバイル

LINEモバイルにはカウントフリーがあるといえども、容量当たりの単価、プランの幅、そそしてシェアプランの存在を考えると、高速通信料金についてはBIGLOBEモバイルの勝利と言い切って問題ないでしょう。

 

⇒BIGLOBEモバイルを見に行く

 

電話料金勝負

続いては、電話料金勝負です。

最近、家に電話を置かない人も増えているので、結構、気になる方も多いのではないでしょうか。

LINEモバイル

LINEモバイルの通話料金は、21.6円/30秒です。

といっても、実際はこの料金で払っている人はいないでしょう。

なぜならば、通話アプリ「いつでも電話」を使っているはずだからです。

このアプリで電話をすれば、10円/30秒になります。

また、月額880円で「10分電話かけ放題オプション」というのもあります。

このオプションは、定額制で、10分以内の電話であれば 0円、10分を超えた分は、10円/30秒となります。

BIGLOBEモバイル

一方のBIGLOBEモバイルの通話料金は、21.6円/30秒です。

といっても、やっぱり通話アプリ「BIGLOBEでんわ」を使って10円/30秒で通話している人が多いでしょう。

BIGLOBEモバイルの電話オプションは二種類あり、一つは3分以内の電話であれば 0円、3分を超えた分は、10円/30秒となる「BIGLOBEでんわ 3分かけ放題」、もう一つは、月60分の電話料金(1200円相当)が電話料金の請求から外される「BIGLOBEでんわ 通話パック60」です。

どちらのオプションも650円という安価さが売りです。

勝者はLINEモバイル?

額面だけ見れば、BIGLOBEモバイルの方が安いですが、200円しか差がないのに、かけ放題の時間が3倍違うのはやっぱり大きいと思うので微妙ではありますが、LINEモバイルの方がお得感があるように思います。

 

⇒LINEモバイルを見に行く

 

目玉ポイント勝負

最後は目玉ポイント勝負です。

それぞれのセールスポイントを一つ挙げて比較してみたいと思います。

LINEモバイル

LINEモバイルの目玉はなんといっても、LINEとの相性です。

最安プランであっても、LINEはカウントフリーですし、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが付与されます。

このLINEポイントでLINEスタンプを購入することができます。

また、格安SIMでは通常不可能なLINEアカウントの年齢確認も、LINEモバイルに関してだけは年齢確認ができます。

逆に言えば、万に一つ、今のLINEアカウントが乗っ取られるなどして、再度アカウントを作成することになった際、LINEモバイル以外の格安SIMを使っていると、年齢確認のできていない制限付きのLINEアカウントになってしまいます。

 

⇒LINEモバイルを見に行く

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの目玉は、エンタメフリー・オプションです。

エンタメフリー・オプションは月額480円(データ専用SIMだと980円)のオプションです。

このオプションはカウントフリーの亜種で、エンタメ系サービスを使った場合の高速通信がカウントされないというものです。

「エンタメフリー・オプションのおかげで、一日10GB分のYouTubeを使っても、高速通信を使いきれない」など評判も上々です。

なお、2017年12月現在、以下の10サービスがエンタメフリー・オプションの対象です。

YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids

 

⇒BIGLOBEモバイルを見に行く

 

勝者は人それぞれ

どっちの方が良いかは、人それぞれとしか言い様がないです。

LINEを良く使う人はLINEモバイルの方が魅力的だと感じると思いますし、YouTubeで動画を見たり、Apple Musicで音楽を聴いたりするのが好きな人にはBIGLOBEモバイルの方が優れたものに感じるでしょう。

自分のスマホの使い方から、より良い方を選んでもらうと良いかと思います。

まとめ

今回は、LIENモバイルとBIGLOBEモバイルを比較しました。

どちらも格安SIMの中でも特に料金が安いグループに分類できる上に、エンタメ系SIMと呼べ、他の格安SIMと差別化されているのも特徴です。

見てきた通り、それぞれに得意・苦手がありますので、自分の使い方を考えて、合う方を選びましょう。

 

スポンサードリンク