格安SIMは数多くありますが、ドコモ回線を使っているところがほとんどで、auやソフトバンクから乗り換えをする場合、端末がそのままでは使えなかったり、少々面倒な場合があります。

BIGLOBEモバイルも、もともとドコモ回線のみでしたが、2017年10月からau回線の提供をスタートしました。

今回は、BIGLOBEモバイルのau回線について、その特徴や気になる通信速度について調べてみました。

BIGLOBEモバイルau回線とドコモ回線の違いは?

まず、BIGLOBEモバイルのプランを、ドコモ回線とau回線で比較してみました。

BIGLOBEモバイルでは、ドコモ回線をタイプD、au回線をタイプAと呼んでいます。

タイプDとタイプAは、料金プランなどをはじめ、ほとんどの項目であまり違いはありません。

ただ、利用できる端末などには多少違いがありますので、注意事項も含めて確認してみました。

 

スポンサードリンク




 

料金プランは?

下の表を見ていただくとわかるとおり、BIGLOBEモバイルのタイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)の料金にはほとんど違いはありません。

データSIM SMS機能付きデータSIM 音声通話SIM
タイプA タイプD タイプA タイプD タイプA タイプD
音声通話スタートプラン(1GB) なし なし なし 1,400円
3GBプラン なし 900円 1,020円 1,600円
6GBプラン なし 1,450円 1,570円 2,150円
12GBプラン なし 2,700円 2,820円 3,400円
20GBプラン なし 4,500円 4,620円 5,200円
30GBプラン なし 6,750円 6,870円 7,450円

唯一の違いは、タイプAには、データSIMプランがないことです。

2台持ちの場合は、1台はデータSIMのしたいという方もいるかもしれませんが、最近はSMSで認証をするアプリやサービスも多いので、SMS付のデータSIMの方が使い勝手はよいでしょう。

利用できる端末は?

タイプA(au回線)は、BIGLOBEで扱っている端末のすべてに対応していません。そのため、BIGLOBEで端末とセットで申し込みをする場合は注意が必要です。

【BIGLOBEモバイル取り扱い端末】(2017年12月5日現在)

タイプA(au回線) タイプD(ドコモ回線)
AQUOS sense lite

Zen Fone 4

Zen Fone 4 Selfie Pro

Moto G5s Plus

arrows M04

HUAWEI nova lite

HUAWEI P10 lite

Zen Fone Live

VAIO Phone A

Zen Fone 3

Zen Fone 3 Max

AQUOS SH-M04

Alcatel PIXI 4

BIGLOBEモバイルで取り扱っているすべての端末

タイプAは、auで購入した端末やSIMフリー端末の利用も可能です。

ただ、SIMロック解除が必要など制約もありますから、今使っている端末が利用可能かは、

BIGLOBEモバイルのHPで事前に確認することをおススメします。

 

⇒BIGLOBEモバイルの公式サイトで対応端末を確認する

 

利用エリアや通信速度は?

タイプA(au回線)、タイプD(ドコモ回線)で利用可能なエリアは、それぞれauとドコモのエリアと同じです。

また、技術規格上の通信速度は下表のとおりで、タイプA・タイプDとそれほど違いはありません。

タイプA(au回線) タイプD(ドコモ回線)
利用可能エリア 4G LTEエリア Xiエリア+FOMAエリア
技術規格上の通信速度 受信時最大 708Mbps

送信時最大 80Mbps

受信時最大 788Mbps

送信時最大 80Mbps

ドコモの利用可能エリア

auの利用可能エリア

実際の通信速度は?

BIGLOBEモバイルの実際の通信速度はどのくらい出るのでしょうか?

タイプD(ドコモ回線)の速度は次のような実測結果が出ています。

【タイプD(ドコモ回線)通信速度】

下り(Mbps) 上り(Mbps)
朝(8時台~9時台) 23.66 7.93
昼(12時台) 5.59 9.45
夕方(18時台) 7.28 8.42
夜(20時台) 7.29 10.78
深夜(22時台) 5.41 9.6

【タイプA(au回線)の通信速度】

タイプA(au回線)は提供が始まったばかりで、実測結果の報告がありません。

タイプAの通信速度は少し心配?

KDDIのサブブランドはUQモバイルで、サブブランドとしてKDDIの支援を受けているため、UQモバイルは1日を通して快適な通信速度を保つことで知られています。

BIGLOBEモバイルは、KDDIのサブブランドではなく、言ってみれば帯域を間借りしている感じになるため、通信の混み合う時間帯は通信速度が落ちる可能性も考えられます。

 

スポンサードリンク




 

オプションサービス、キャッシュバックサービスなどは全て適用

BIGLOBEモバイルでは、さまざまなオプションサービスや、キャッシュバックサービスを提供していますが、タイプD(ドコモ回線)、タイプA(au回線)どちらも同じようにサービスを適用することが可能です。

主なサービスやオプション

・エンタメフリーオプション

・シェアSIM

・BIGLOBEメールなど

現在(2017年12月5日現在)提供中のキャンペーンは

・音声SIMと3GBで12000円キャッシュバック

・スマホとセットで3GB以上のプラン申し込みで15,600円キャッシュバック

・「BIGLOBEモバイル」エンタメフリー・オプション同時申込特典

 

⇒BIGLOBEモバイルを申し込む

 

まとめ

BIGLOBEモバイルは、エンタメフリーオプションなど独自のサービスを展開していますから、普段から動画の視聴や音楽サービスをよく利用している方にとっては、ドコモ回線、au回線両方が利用可能になったのは嬉しい情報ではないでしょうか。

ただ、利用可能な端末に制限があったり、au回線での実測報告が挙がっていないのは気になるところです。

BIGLOBEモバイルのau回線を利用したい方は、もう少し情報が出てくるまで様子をみた方がいいかもしれません。

 

スポンサードリンク




 

 

Q官鳥Q官鳥

音楽や動画を見るのが好きな人にもってこいなBIGLOBEモバイルですが、申し込みも非常に簡単ですよ!

 

申し込みから利用開始までの大まかな流れ

BIGLOBEモバイルには3種類のSIMカードのタイプがあり、お申込みからご利用までの流れの詳細についてはタイプによって若干異なります。

 

◼︎音声通話SIM(MNP利用無し)の場合

 

◼︎音声通話SIM(MNP利用あり)の場合

 

◼︎データ通信専用SIMの場合

 

必要な書類等をあらかじめ用意しておきましょう

 

スムーズに手続きを行なう為にも、下記3点をあらかじめ用意しておくと手続きがスムーズです。

 

本人確認書類

有効期限内のものである事を確認の上、

記載内容がはっきりと読み取れるように画像をアップロードします。

※ファイル形式はJPEGまたはPDF、ファイル一枚につき3GB以内

 

本人確認書類は以下のとおりです。

・運転免許証

・運転経歴証明書

・日本国パスポート+補助書類

・在留カード

・特別永住者証明書

・住民基本台帳カード

・健康保険証+補助書類

・身体障害者手帳

・療育手帳

・精神障がい者保健福祉手帳

・特定疾患医療受給証+補助書類

・特定疾患医療登録者証+補助書類

補助書類の条件

※発行から3ヶ月以内のもの、申込者本人の氏名・住所が記載されているものに限ります(家族の氏名が記載されているものは不可)

※個人番号(マイナンバー)の記載のある住民票は、補助書類として利用不可

・公共料金領収証(電気、都市ガス、水道)

・住民票(マイナンバーの記載がないもの)

・戸籍謄本

 

クレジットカード

※デビットカードやプリペイド式のカード、海外で発行されたクレジットカード は使用不可

 

既にBIGLOBEのサービスを利用されている方は、現在登録されているお支払い方法で申し込む事ができます。

 

MNP予約番号

他キャリアからの乗り換えで、今の携帯電話番号をそのまま使いたい場合は、契約中のキャリアのコールセンターまたは店頭にてMNP予約番号を申し込む必要があります。

MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間ですが、BIGLOBEモバイルでは予約番号の有効期限が12日以上残っている事が必要です。

 

対応端末:

BIGLOBEの対応端末は公式サイトから見ることが可能です。対応していない場合は一緒に新しい端末を購入するのもよいかと思います。

 

⇒公式サイトにBIGLOBEモバイルの対応端末を見に行く

 

BIGLOBEモバイル Web申し込みの方法

まず、公式サイトにアクセスします。

⇒BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル Webサイト内の「申し込む」をタップする

 

SIMのプランを選ぶ」をタップする

 

回線のタイプを選ぶ(ここでは「タイプD」を選択)

 

SIMカードのサイズを選ぶ(ここではnano SIMを選択)

 

SIMの種別を選ぶ(ここでは「音声通話」を選択)

 

契約形態を選ぶ(ここではMNPを選択)

 

プランを選ぶ

 

オプションサービスを選ぶ

 

全ての項目を選択したら、画面一番下の「次へ」をタップする

 

登録情報の入力画面に進む

 

画面下の「お客様情報の登録」にて必要な情報を入力後、画面一番下の「登録情報の確認へ」をタップする

 

登録情報の内容を確認し、申し込み手続きを完了させる

 

初期設定を行なう

申し込み手続きが完了すると、後日SIMカード等が同梱されたセットが送付されます。SIMカードの挿入方法については、BIGLOBEモバイル ホームページ内の「SIM替え道場」というページに動画付きで紹介されていますので、こちらをご参照ください。

また初めて利用する際は、端末にSIMカードを挿入後、APN(接続先)の設定が必要となります。APNの内容は、以下の通りです。

 

APN:biglobe.jp
ID(ユーザー名):user
パスワード:0000
認証方式:PAPまたはCHAP
PDP Type:IP(PPPは対応していません)

またiPhoneでは、事前にプロファイルをインストールする必要があります。

1.Wi-Fiにて接続し、ブラウザの「Safari」を起動する

2.下記のURLにアクセスし、構成プロファイルをダウンロードする

http://0962.jp/apn/


3.プロファイルのインストール画面が表示されるので、右上の「インストール」をタップする

4.iPhoneにパスコード設定をしている場合は、パスコードを入力する

5.インストールが完了し