BIGLOBE SIMは、有名なインターネットプロバイダーのBIGLOBEが運営している格安SIMです。

データ通信の品質と安定性が評価され、2017年3月の国内MVNO利用状況調査で総合満足度No.1を獲得しました。

今回は、そんなBIGLOBE SIMの特徴やデメリットを料金・速度・サービスなどの面から解説しましょう。

 

⇒BIGLOBE SIMの公式サイトはコチラ

 

BIGLOBE SIMのメリット

 

まずは、BIGLOBE SIMのメリットについて紹介します。

 BIGLOBE SIMのメリット1.利用開始月の料金が無料

BIGLOBE SIMは利用開始月の利用料が無料になります。

全プランが対象なので、例えば、音声通話対応SIM6Bを月初めに契約した場合は、月額2,150円が0円になります。

 BIGLOBE SIMのメリット2.1GBから30GBまでプランが選びやすい

BIGLOBE SIMには、1GB、3GB、6GB、12GB、20GB、20GBの6プランがあります。

プランをもっと細分化している格安SIMや3つほどしかプランがない格安SIMもある中、1GBから20GBまで6プランという分け方は、データ容量はそれほど必要ない方から最初から大容量欲しいという方まで、自分にあったプランを選びやすい設定です。

 BIGLOBE SIMのメリット3.通話オプションが選べる

BIGLOBE SIMでは、専用アプリ「BIGLOBEでんわ」を利用すると、通常30秒20円の電話料金が半額の30秒10円になります。

さらに、そのアプリを利用した次の2つの通話オプションがあります。

・BIGLOBEでんわ3分かけ放題

月額650円で1回の通話につき3分以内の国内電話が回数無制限で利用できます。

長電話はしないけれど通話回数が多い方には便利です。

・BIGLOBEでんわ通話パック60

同じく月額650円で、1カ月60分まで通話が可能です。通常料金の場合、60分かけると通話料金は1,200円になりますから、かなりお得。通話時間が長い方にはありがたいプランです。

 

BIGLOBE SIMのメリット4.「シェアSIM」で複数人数でお得に使える

6GB、12GB、20GB、30GBプランを契約するとシェアSIMを利用して、プランの通信容量を家族などで分け合うことができます

例えば、6GBプランを家族3人で分け合う場合(音声通話SIM)

主SIM 6GBプラン2,150円+シェアSIM900円2枚1,800円=3,950円/月

音声通話SIMを3人別々に3GBを1枚、1GBを2枚で契約すると

1,600円+1,400円×2枚=4,400円/月

ですから、シェアSIMを利用した方がお得。

さらに、データ容量をシェアできるので家族の中でデータ容量の使い方に差がある場合は便利です。

 

BIGLOBE SIMのメリット5.BIGLOBE Wi-Fiが無料で利用可能

BIGLOBE Wi-Fiは、全国のスタバやマックなどのカフェやコンビニ、主要駅、空港などで利用できるインターネットサービスです。アクセスポイントは全国で8万6000か所。

通常は月額250円(初月無料)のオプションサービスですが、6GB以上のプラン利用者は無料となります。

外出先で無料のWi-Fiが使えるとデータ容量の節約になってありがたいですね。

BIGLOBE SIMのメリット6.エンタメフリーオプションがある

「エンタメフリーオプション」とは、音声通話SIMの場合は480円/月、データSIMの場合は980円/で、YouTube、Google Play Music、Apple Music、Abema TV、Spotify、AWAの利用にかかるデータ通信がカウントされないサービスです。

外出先で動画や音楽を視聴したら、あっという間に容量を使ってしまいますから、通信容量が激しく減る原因が主にYouTubeやAWAなどの視聴にあるという方は、プランの変更よりもこのオプションの方が割安になるかもしれません。

ただ、このオプションへの加入は6GB以上のプランの方のみ。各サービスの有料コンテンツやプランの料金は別途かかりますのでご注意ください。

 

BIGLOBE SIMのメリット7.余った高速通信容量を翌月に繰り越せる

BIGLOBE SIMでは、使い切らなかった月間データ通信量が翌月末まで繰り越すことができます 

BIGLOBE SIMのメリット8.自分でMNPができる

一般的な格安SIMは、MNPの切替えをしてからSIMカードが届くまで数日かかり、その期間は電話を使うことができません。

しかし、BIGLOBE SIMは、SIMカードが届いた時点で自分で開通手続きを行うことができるので、電話がつながらない時間が短くてすみ、快適に乗り換えをすることができます。

BIGLOBE SIMのメリット9.口座振替で支払いが可能

ほとんどの格安SIMでは、クレジットカードがないと契約ができませんが、BIGLOBE SIMは、データ通信専用SIM契約のみの場合は、「銀行の口座振替」または「ゆうちょ銀行の自動払込」での支払いが可能です。

ただし、音声通話SIMまたは、SIMとスマホのセットの場合は、支払いは本人名義のクレジットカードのみとなるのでご注意ください。

BIGLOBE SIMのメリット10.Gポイントがたまる

Gポイントは、格安SIMを含むBIGLOBEの接続サービスを利用することでは毎月たまるポイントです。

貯まったポイントは、利用料金の支払いをはじめ、航空マイル・電子マネーへの交換などに利用することができます。

BIGLOBE SIMのデメリット

次はBIGLOBE SIMのデメリットについてです。

 

BIGLOBE SIMのデメリット1.高速と低速の切り替えができない

月末近くなって、データ容量の節約をしたくなった時、高速と低速の速度を切り替えができると便利ですが、BIGLOBE SIMではその切り替えができません

最近はこの機能がある格安SIMが増えていますので、BIGLOBE SIMでも、導入を期待したいところです。

BIGLOBE SIMのデメリット2.口座振替時に手数料がかかる

毎月の使用料を口座振替してくれる格安SIMは少ないので、BIGLOBE SIMの支払い方法に口座振替があるのはありがたいことです。

ただ、BIGLOBE利用料金を、「銀行の口座振替」または「ゆうちょ銀行の自動払込」で支払う場合、口座振替・自動払込手数料が200円かかります。

毎月200円の手数料もばかになりませんから、可能であればやはりクレジットカードでの支払いがおススメです。

BIGLOBE SIMのデメリット3.スマホ端末の一括払いができない

BIGLOBE SIMでは扱っている端末の種類の多く、SIMとセットで契約することが出来ますが、スマホ端末の代金の一括払いが出来ません

端末代金は一括で支払って、月々の支払い額を抑えたい方には不便です。

BIGLOBE SIMの評判まとめ

 

BIGLOBE SIMの特徴はプランの選びやすさでしょう。

データ容量プランが1GBから30GBまで6プラン、多すぎず少なすぎず、容量はそれほど必要ない方から最初から大容量を必要としている方まで、幅広く対応が可能です。

また、通話オプションも3分かけ放題と通話パック60の2種類で、通話の仕方にあわせて選べるので、通話料金の節約にもつながります。

インターネットプロバイダーとしての実績もあるので信頼性も高く、「データ通信の品質と安定性部門で顧客満足度1位」を獲得したのも納得です。

BIGLOBE SIMの料金プランなど

次にBIGLOBE SIMの料金プランなどを紹介いたします。

 BIGLOBE SIMの料金プラン

BIGLOBE SIMの主な料金プランは以下のようになっています。

プラン種別

データ通信のみ データ通信SMS付き 音声通話(データ+SMS+音声通話)

1GB
音声通話スタートプラン

1,400円

3GB
3ギガプラン(旧エントリープラン)

900円 1,020円 1,600円
6GB
6ギガプラン(旧ライトSプラン)
1,450円 1,570円 2,150円
12GB
12ギガプラン
2,700円 2,820円 3,400円
20GB
20ギガプラン
4,500円 4,620円 5,200円
30GB
30ギガプラン
6,750円 6,870円 7,450円

  BIGLOBE SIMの通話料

BIGLOBE SIMの国内通話料金は、通常 20円/30秒ですが、下記のようなオプションサービスがあります。

★BIGLOBEでんわ3分かけ放題

「BIGLOBEでんわ」というアプリを利用すると、月額650円で1回の通話につき3分以内の国内電話が回数無制限で利用できます。

長電話はしないけれど通話回数が多い方には便利です。

★BIGLOBEでんわ通話パック60

同じく月額650円で、1カ月60分まで通話が可能です。通常料金の場合、60分かけると通話料金は1,200円になりますから、かなりお得。

通話時間が長い方にはありがたいプランです。

 

BIGLOBE SIMの取り扱い端末

BIGLOBE SIMが取り扱う機種一覧です(2017年4月19日現在)。

価格
ZenFone 3 Max(ZC553KL) 1,150円×24カ月=27,600円
VAIO Phone A 1,040円×24カ月=24,960円
Moto G5 970円×24カ月=23,280円
Alcatel PIXI4 420円×24カ月=10,080円
HUAWEI nova lite 870円×24カ月=20,880円
Moto G5 Plus 1,490円×24カ月35,760円
HUAWEI nova 1,570円×24カ月=37,680円
ZenFone 3 Max(ZC520TL) 820円×24カ月=19,680円
AQUOS SH-M04 1,380円×24カ月=33,120円
ZenFone 3Laser(ZC551KL) 1,150円×24カ月=27,600円
ZenFone 3(ZE520KL) 1,650円×24カ月=39,600円
Moto X Play 1,840円×24カ月=44,160円
タブレット HUAWEI Media Pad T2 1,040×24カ月=24,960円

 BIGLOBE SIMのキャンペーン情報 

BIGLOBE SIMで現在(2017年4月18日)やっているキャンペーンは以下のとおりです。

 

★キャッシュバックキャンペーン

BIGLOBE SIMで、キャンペーン期間中に3GB以上のプランを申し込むと5,000円キャッシュバックになります。

また、スマホ+3GB以上のプランを申し込むと10,000円のキャッシュバックに加え、対象のスマホ購入に使える3,000円のクーポンが貰えますから、使いたいスマホが対象になっていたら、13,000円分お得ということになります。

キャンペーン期間:2017年4月3日~2017年6月4日

★友達紹介プログラム

友だちを紹介し、紹介された方が音声通話SIMを申し込むと、紹介した人も紹介された人も、プラン月額料金が1か月無料になります。

一度に3人紹介し、3人が同じ月に申し込みを行うと、紹介者は3カ月間無料。紹介回数に制限はありませんから、対象期間内なら紹介された方が申し込むたびに紹介者のプラン月額料金は何度でも無料になりますから、紹介して入会した友人の人数分 無料期間が続くことになります。

キャンペーン期間:2017年4月3日~2017年7月2日

その他BIGLOBE SIMに関する情報

その他、BIGLOBE SIMに関する情報です。

データ容量の翌月繰越 あり
高速低速通信のON/OFF なし
店舗での申し込み あり
初期費用 3,394円(SIM発行手数料含む)
MNP即日切替 あり
回線 ドコモ
最低利用期間 (音声通話付き)

1年違約金8,000円

 BIGLOBE SIMの通信速度

 

Web閲覧に必要な「下り」の通信速度とメールやSNS利用時に発生する「上り」の通信速度を朝(9時台)、昼(12時台)、夕方(17時台)に分けて測定しております。

上り(Mbps) 下り(Mbps)
11以上 11以上
4~5 1
4 4~5

BIGLOBE SIMは、1日を通してまずますのスピードをキープしています。

昼の下りをのぞいては、ほとんどの時間帯ほぼ5Mbps以上ですから、ストレスなく使うことができるでしょう。

3月にはネットワーク帯域の増強をしたようなので、さらなる安定感やスピードも期待できそうです。

 

⇒BIGLOBE SIMの公式サイトはコチラ