arrows M04は2017年7月20日に発売された国産SIMフリースマホです。

「日本のマチガイないSIMフリースマホ」のキャッチコピーで発売されていますが…本当に「マチガイない」のでしょうか?

ネットでの評判を調べてみました。

arrows M04の悪い点・評判

CPUが古い

どのサイトでも真っ先に書かれていたことが、「CPUが古い」ということです。

本機ではCPUにSnapdragon 410 1.2GHz クアッドコアを採用していますが、これは1年前に販売された旧モデルのM03と同じものです。それどころか、2年4ヶ月前に発売されたシリーズ初代のM01から全モデルでこのCPUが使われています。

スマホのCPUは日進月歩で性能向上しており、このCPUは数世代前のものです。CPUはスマホの頭脳であり最も重要なパーツです。2年以上の間、4つのモデルに渡って同じCPUを使っているということは、完全に性能は二の次三の次としているシリーズと言えます。実際に「もっさりしている」「レスポンスが悪い」といったコメントは多く見かけました。

また、本シリーズはCPUに限らず他の基本スペックもほとんど向上していません。

 

M04 M03 M02 M01
発売日 2017/7/20 2016/7/28 2015/10/29 2015/3/21
初期Androidバージョン 7.1 6.0 5.1 4.4
CPU Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア
RAM 2GB 1GB
ROM 16GB 8GB

進化がない

上に書いたCPUとも重複しますが、基本スペック以外においても前モデルのM03とほとんど違いがありません。

変わったのは、耐衝撃性能などの基準であるMIL規格が14項目準拠から23項目準拠になったこと、ハンドソープで洗えるようになったことくらいです。

これらに魅力を感じないのであれば、より安価なM03を買ったほうが良いでしょう。

指紋認証がない、USB Type-Cがない

国産機であるためおサイフケータイ、ワンセグ、防水防塵といったガラパゴス機能には対応していますが、標準的な機能である指紋認証には対応していません。

また、USBもMicro USBが採用されており、最新のType-Cには非対応です。

Type-Cについては手元のUSBケーブルが使えなくなるため否定的な人もいると思いますが、指紋認証もType-Cも活用すれば非常に便利なものです。これら最新の技術に対応していないのは大きなマイナスポイントです。

価格が高い

本機はMVNO各社からは3万円台(税抜き)で発売されています。

旧世代のCPUを搭載して指紋認証やType-Cも使えないのでは、ガラパゴス機能が使えることを差し引いても他の格安スマホと比較すると高いと言わざるを得ません。

 

スポンサードリンク




 

arrows M04の評価

SIMフリー機は海外メーカーが大半を占め、ガラパゴス機能が備わっていないものが多いため、これらを揃えている点は大きなメリットでしょう。

変わりダネですがハンドソープで洗えることも大きな差別要因です。きれい好きな人であればこの1点だけでも購入候補に挙がるでしょう。MIL規格23項目準拠しており頑強であることも保証されていますので、スマホを雑に扱ったり汚したりしがちな人には向いていると思います。

また、国内メーカーですので海外メーカーと比較するとサポート面でも安心できます。

  arrows M04のスペック

 

外形寸法(H×W×D) 約144mm×71mm×8.0mm
質量 約148g
OS Android™ 7.1
CPU Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア
メモリ ROM16GB/RAM2GB
外部ストレージ microSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)
バッテリー容量 2580mAh
連続待受時間 LTE:約640時間/3G:約780時間
連続通話時間 LTE:約530分/3G:約660分
ディスプレイ  約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
カメラ アウト:約1310万画素 CMOS/イン:約500万画素 CMOS
通信 LTE:Band1/3/8/19/26

3G:Band1/5/6/8/19

GSM:850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz

Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n
テザリング
GPS
NFC/FeliCa ○/○
Bluetooth ○(4.1)
ワンセグ/フルセグ ○/-
SIM nano SIM
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、

ゴールド(楽天モバイル限定)、

デニムブルー(ビックカメラ、IIJなど限定)、

グリーン(mineo限定)

防水防塵 IPX5/IPX8
その他 MIL規格23項目準拠
価格 42,984円(税込み)※富士通直販での価格

 

>>arrows M04の購入はこちら

 

まとめ

性能不足の点を許容できるのか、頑強さやガラパゴス機能など本機の特徴を自分自身のメリットと感じられるか、それらを踏まえた上で適切な価格と思えるかが購入の判断ポイントになると思います。

また、ネットを調べて1つ気づいた点があります。どのサイトでも前述した性能についての悪評はありますが、それ以外には目立った悪評や口コミは見かけませんでした。単に売れていないだけ…なのかも知れませんが、性能を許容できるのであれば他の点においては品質の良いモデルなのかもしれません。

UQモバイルからRAM:1GB/ROM:32GBにスペックアップした「arrows M04 PREMIUM」も発売されています。価格もあまり差がないため、本機に興味を持った方は合わせて検討されてみてはいかがでしょうか?コチラの記事にて紹介していますので合わせてご覧ください。

 

スポンサードリンク




 

当サイトおすすめの格安simは?

 

UさぎUさぎ

当サイトでおすすめしている格安simはこちらになります。

 

    1. UQモバイル

      1位はUQモバイルです。格安simの一番の問題点は通信速度ですが、UQモバイルはau、ドコモ、ソフトバンク並みの通信速度でストレスなく使用可能です。

      TVコマーシャルを展開するなど、企業としての母体がしっかりしていて、安心感があるのも魅力の一つですね。

      まずは検討してみる価値があるMVNOではないでしょうか。

      >>UQモバイルの申し込みはこちら

      ⇒UQモバイルのことをもっと詳しく知りたい

    2. BIGLOBEモバイル

      2位はBIGLOBEモバイルです。エンタメフリープランはかなり使い勝手が良く、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotifyの利用にかかるデータ通信がカウントされません。

      動画視聴は特に通信容量を消費するので、エンタメフリープランを駆使すれば定額、低容量のプランでも十分に対応できます。

      母体はあのBIGLOBEですし、安定感も魅力の1つではないでしょうか。

      >>BIGLOBEモバイルを見に行く

      ⇒BIGLOBEモバイルをもっと詳しく知りたい

    3. LINEモバイル

      3位はLINEモバイルです。

      コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、InstagramのSNSやLINE MUSICで使用した通信量がその月にカウントされないので、SNSをする人にはピッタリです。

      また、その名の通り、LINE関連の使い勝手が良いというのも人気の1つになっています。LINEユーザーにはお勧めのMVNOとなっています。

      >>LINEモバイルを見に行く

      ⇒LINEモバイルをもっと詳しく知りたい

    4. U-mobile

      テザリングや動画視聴などで月に大量のデータ通信を行う人にはU-mobileがおすすめです。

      高速通信使い放題のデータ通信無制限プランは月額料金も2980円と安いですし、毎月最新の映画が1本無料で見られるサービスもあります

      >>U-mobileを見に行く

      ⇒U-mobileをもっと詳しく知りたい