AQUOS SH-M04は2016年12月に発売されたSIMフリースマホで、防水構造など日本人向けの機能を多数兼ね備えた国産のスマホでありながら価格が3万円台とコストパフォーマンスに優れるのが特徴です。

一方で、デメリットや不満の声もいくつか上がっています。

このスマホを買った後で「やめとけばよかった」と後悔しないよう、デメリットや注意点を中心にまとめてみましたので、購入前に是非とも参考にしてください。

 

Q官鳥Q官鳥

防水構造を持つ3万円代の国産端末と評判ですが、実際はどうなのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク




 

AQUOS SH-M04の悪い評判・注意点

AQUOS SH-M04のデメリットと注意点を調査してみました。

買ってから後悔しないよう一度目を通しておくとよいでしょう。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)ではない

最近のSIMフリースマホでは、一般的になってきたSIMを二枚同時に使用できるデュアルスタンバイ(SDSD)ですが、AQUOS SH-M04には対応していません。

指紋認証センサ・ワンセグ・赤外線が使えない

指紋認証センサ・ワンセグ・赤外線といった機能は国産スマホのほとんどに搭載されていますが、AQUOS SH-M04には搭載されていません。

ストレージ容量が小さい

ストレージ容量が16GBしかないので、メインスマホとして使うには厳しいと思われます。

スピーカーの出力が弱い

AQUOS SH-M04のスピーカーの音がかなり小さく、最大音量にして普通くらいの大きさといった報告がありました。

通話の際は問題はありませんが、音楽をイアホン無しで聞きたい場合には物足りなさそうです。

 

UさぎUさぎ

AQUOSなので、指紋認証なしは覚悟していましたが、ワンセグと赤外線が使えないのは痛いですね・・

 

スポンサードリンク




 

 

AQUOS SH-M04の評価

AQUOS SH-M04には以上のような問題点がありますが、扱いやすい作りとサイズであったり、上位機種と同様に惜しまず盛り込まれた機能、この価格帯のSIMフリースマホでは珍しい癖のないUI、そして防水防塵やおサイフケータイを抑えている点で多くの人に支持されているようです。

 

Q官鳥Q官鳥

この価格帯で防水加工がついているのはやはりお得感があります。16GBということもあり、フルで機能を使うのは難しいですが、普通に使う分には全く問題がないレベルではないかと思います。

 

スポンサードリンク




 

AQUOS SH-M04のスペック

さきほどあがったように、ストレージ容量が小さいことがネックですが、AQUOS SH-M04のCPUはSnapdragon430でこれは同じ日本メーカーのFUJITSUが2016年に発売したarrows M03に搭載さされているCPUと同じであり、また様々な機能が盛り込まれてこの値段であるので、まだ頑張っている方だと思います。

 

メーカー ASUS
価格 19800円(税抜き)
CPU MediaTek MT6737M 1.25GHz  4コア
OS Android 6.0
RAM 2GB
ROM 16GB
バッテリー 4,100mAh
充填時間 4.2時間
連続待受 3G/720時間
カメラ画質 背面:1300万画素
前面:500万画素
通信(LTE) FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)
TD-LTE (B38/B41)
W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)
GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
対応回線 ドコモ、ソフトバンク
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth v4.0
デザリング
入出力端子 micro USB type B
micro SD スロット
SIMカード micro SIM×1,  nano SIM×1
(同時使用不可)
サイズ 149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
画面サイズ 5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
5点マルチタッチスクリーン
重量 160g
本体カラー シルバー,ゴールド,グレー

 

スポンサードリンク




 

AQUOS SH-M04はIIJmioで購入するとお得!

AQUOS SH-M04は色々なMVNOで取り扱っていますが、特にIIJmioで申し込むとお得です。

端末セットで申し込むと最大1万円以上のキャッシュバックキャンペーンを展開しているので、一度ご検討いただければと思います。

 

UさぎUさぎ

特に家族間で通話をよくする人などはIIJmioをおすすめします。

 

⇒IIJmioの申し込みはこちら

 

IIJmioの申し込み方法

格安simの例にもれず、IIJmioもWeb申し込みがお得です。

ここでは、申し込み方法を紹介します。

 

必要書類を準備しておきましょう

IIJmioに申し込むには、以下の書類が必要です。

あらかじめ手元に用意しておけば、慌てることはありませんので、チェックしてみて下さい。

本人名義のクレジットカード

支払いに使うクレジットカードは、本人名義のものになります。

本人確認書類

 

・運転免許証

・個人番号(マイナンバー)カード

・パスポート

・被保険者証

などが良いでしょう。

・特別永住者証明書

・在留カードまたは外国人登録証明書

・住民基本台帳カード

・運転経歴証明書

・身体障がい者手帳

・精神しょう害福祉手帳

・療育手帳

・外務省の発行する「身分証明票」

も本人確認書類として有効です。

 

メールアドレス

今までのスマホで使用していたキャリアのメールアドレスは使えなくなるので、GメールやYahoo!メールなどのフリーアドレスを用意しましょう。

MNP予約番号

他社からみおふぉんに乗り換える場合、電話番号が変わらないようにするためにMNPを予約しておきましょう。

各社のMNP受付番号を紹介します。

NTTドコモ

携帯電話      151

一般電話        0120-800-000

au

携帯電話  ・一般電話 0077-75470

ソフトバンク

携帯電話・一般電話 0800-100-5533

 

MNP予約番号には有効期限があります。

予約日を含めて15日が有効期限ですが、IIJmioを申し込むときに有効期限が7日間残っている必要があります。

申し込み直前にMNP番号を予約するのがベストでしょう。

 

 

IIJmio Web申し込みの方法

初めてIIJmioを申し込む場合は、mio会員になる必要があります。

公式サイトの上部に「ご購入・お申込みのボタン」があるので、ここから会員登録を行います。

 

⇒IIJmioの公式サイトはこちら

 

 

すでにmioの会員になっている人は、IDとパスワードを入力して「ログイン」しましょう。

 

申し込み方法を選択する

パッケージの有無を選択します。

事前に店頭でパッケージを購入している人は右をクリックして下さい。

今回は左の「パッケージをお持ちでない方」をクリックします。

 

端末を選ぶ

今回は「端末を同時購入」にチェックを入れます。

ズラリと端末が表示されますので、お好みの端末をクリックしましょう。

画像がポップアップされるので

・カラー

・アクセサリーの申し込みの有無

・端末通信オプションの申し込みの有無

・支払方法

を選択して下さい。

 

 

回線を選ぶ

タイプD、Aいずれかを選択します。

SIMカードの機能を選ぶ

今回は音声通話機能付きSIMを選択します。

通話定額オプションを選ぶ

今回は半額通話を選択します。

音声通話機能付きSIMカードについて、新規申し込みかMNPか選択する

他社からの乗り換える場合は、MNP転入を選択します。

SIMカードのサイズを選ぶ

自分が選んだ端末に合ったSIMカードのサイズを選びます。

合わないサイズのSIMカードを選ぶとチェックできない仕組みになっているので安心です。

プランを選ぶ

 

大容量オプション

「プランを選ぶ」で選んだプランに追加して大容量の通信料を毎月追加するかどうか選びます。

 

追加オプションを選ぶ

18種類のオプションパックから、必要なものを選択します。

 

お客様情報を入力する

・契約者名

・mioパスワードの設定

・クレジットカード情報

・登録メールアドレス

・認証コード

・IIJからのお知らせの受信設定

を入力したら、「次へ」をクリックして確認画面に移ります。

登録情報の内容を確認し、申し込み手続きを完了させる

 

初期設定を行う

APNを設定しよう

スマホはAPNという接続情報を入力しないと通信できません。

スマートフォンの電源を切ってからSIMカードを差し込んでAPN設定を行います。

 

端末によって設定の仕方が違うので、IIjmio公式サイトの初期設定を参照して下さい

 

⇒IIJmioの公式サイト

 

IIJmioのAPNの内容は以下の通りです。

APN:iijmio.jp
ID(ユーザー名):設定不要です。
パスワード:設定不要です。
認証タイプ:PAPまたはCHAP

お得なキャンペーンなど

IIJmioでは、200万回線の突破を記念して豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施しています。

IIJmioの利用者がキャンペーン対象となりますので、新規申し込みが済んだら公式サイトの応募フォームから応募してみましょう。

 

⇒IIJmioの公式サイトはこちら

 

11/29~12/12

A賞 ロボット掃除機 ルンバ690 アイロボット(10名様)

B賞 IIJmioクーポンカード/デジタル 1GB(5,000名様)

12/13~12/26

A賞 BOCCOユカイ工学(10名様)

B賞  IIJmioクーポンカード/デジタル 1GB(5,000名様)

 

期間によってA賞の商品が変わりますが、2回とも応募することもできるのでぜひチャレンジしてみて下さいね。

まとめ

IIJmioは、格安SIMサービスの中でも老舗で、お客様満足度・通信速度ともにNo.1を受賞しているトップクラスのブランドです。

信頼と実績があるので、他社から初めて格安スマホに乗り換える場合でも安心ですね。

 

ファミリーシェアプランでは、最大10回線までSIMカードを使用できるので家族間はもちろん、家族4人でスマホ+実家でタブレット1台といった組みあわせも選択することができます。

お得に格安SIMを使うなら、IIJmioは断然オススメですよ!